AIが発達してもシンギュラリティをおそれる必要なんてない

幸福な女性のシルエットのイメージ

AIが発達していくとシンギュラリティが起きると言われています。シンギュラリティとは「技術的特異点」と言われており、物理学や数学の世界では「他と同じようなルールを適用することができない点」を表しており、AIが人類の知能を超える日が来ることです。

シンギュラリティは2045年にはAIが人類よりも優れた知能を持つと言われていますが。AIが人類が超えることによってAIが人類を超越してしまうことがあるかもしれないです。そうしたら世の中がどうなるのか不安になりますよね。しかしAIが発達してシンギュラリティが起きても恐れる必要はないのです。今回はAIにシンギュラリティが起きたら、世の中がどうなっていくのか、どう影響してくるのかお伝えしていきます。

そもそもAIにシンギュラリティが起きるのか?

2進数のイメージ
現在、多くの研究者や経済学者が2045年に起こると言われています。2045年は一つの説で2029年にシンギュラリティが起きるとも言われています。今後、人間の技術が進歩して「知性」を持つAIができるブレイクスルーと、そのAIが新たなAIを作り出すブレイクスルーがあれば、人間の想像力が及ばない超越的な世界が訪れる可能性は十分にあります。

人間がAIより優れている点は?

現時点のAIは「知識」はありますが、「知恵」や「知性」はありません。アハ体験で有名な茂木健一郎さんは、「論理的思考や知識量は人工知能には絶対に勝つことができませんが、「Emotion(感情)」だけは人間が人工知能に優っている」と語っています。

また、堀江貴文さんと共著した「10年後の仕事図鑑」の著者である落合陽一さんはこれからはAIに解けない問題を脳で解いたり、AIにできない運動を人間の手で行ったり、頭と体を重点的にフル活用して行かないといけないと予想してます。
そのためには、脳と同じくらい体も鍛えておくべきと落合陽一さんは語っています。テクノロジーの時代になっても「体が資本」であり、脳の働きを良くし、AIの脅威に脅かされるよりも、AIを知り、人間特有の感情や感性でAIを上手に使い、人生を楽しく過ごせるといいですよね。

AIがシンギュラリティが起きた後の働き方

AIにシンギュラリティが起きたら、働き方にどんな変化が起こってくるのか興味ありますよね。人生の大半を仕事に費やしているからこそ正しく理解をしていく必要があります。今後、AIが人になり代わっていく仕事は「単純作業」や「弁理士」「税理士」など知識偏重の特殊技能のデスク系が多いと言われております。反復作業や、フォーマットを覚えることで仕事ができる仕事はAIへ移行していく可能性が高いです。

逆にAIが人の代理になることが難しい仕事は「警察官」や「弁護士」「クリエイター」など高度な人間関係が必要となる仕事はAIにはできないのです。

スペシャリストになるべき?

AIにシンギュラリティが起きた場合、AIに代替されないためには、その分野でのスペシャリストになることが必要になります。さらには、専門性があるスペシャリストと、バランスよく知識を持つジェネラリストの部分を持ち合わせることが重要です。

そのためには、あらゆるものに手をかけながら専門性を磨いていく必要があります。落合陽一さんは、フックをかける機会として意外にも受験勉強がよい機会と言っています。社会人の方であれば資格を取るために勉強することが受験勉強に当たります。今まで資格を取ったりしたことがない方はこの機会にぜひトライしてみるのもよいかもしれません。

スキルと成長目標のイメージ

AIにシンギュラリティが起こる可能性はあるかもしれませんが、ここまでお伝えしたきた中で、人間がAIに対して、正しく理解し、柔軟に対応できるかが大事になりますよね。間違えた理解の仕方、間違った運用をすればAIは間違った方向に進み、正しく理解し、正しく運用していけば、良い方向にAIは運用していけます。

また、正しく活用するには人間がAIを理解できるようにならなくてはいけません。そしてその人間を育てることができる人間が必要となりますよね。要は人間が変わることが重要なことなのです。

AIにシンギュラリティが起きない場合でも、今後はAIが進歩していくことは間違いありません。それでもAIを正しく理解し上手に活用できれば、AIのシンギュラリティを恐れることは決してありません。これから新しく目の前に広がるであろう世界をしっかり理解し、恐れるのではなく胸をおどらせながら待ち、それぞれの働き方や生活ビジョンを深めながら、自分の生き方をあらためて考える時がきているのかもしれませんよね。

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

タケル
AIZINE編集部のタケルです!

僕は、AIの記事の読んで収集するのが趣味なんです!AI、IoTなどなど現在の最先端の人工知能に関する面白そうな記事をたくさんたくさんご紹介していきます!

「AIなんて苦手!」という方でも楽しんでいただける記事ですので、読んでもらえたら嬉しいです!