家の賃貸or購入は、お得な方を人工知能(AI)が教えてくれる

家の賃貸or購入は、お得な方を人工知能(AI)が教えてくれる

家は賃貸で一生借り続けるのが良いのか、それとも思い切って購入してしまった方が良いのか、これは多くの人にとって悩ましき問題ですよね。そんなもどかしい家の賃貸vs購入のメリットデメリットのアドバイスを、なんと人工知能(AI)がおこなってくれる時代になりました。

そう、家を買うのか借りるのかを人工知能(AI)が「それいいよ」「やめとけ」と教えてくれるんです、これってすごい事だと思いませんか。今までであれば、まずは信用できる不動産屋さんや、担当を見つけて、そして仲良くなって、より良い情報を引き出して、やっとの事、本音で話ができる。ここまで来ないと、本当にその物件を買って良いのか、借りて良いのか、はちゃんと教えてくれませんでした。

ところが最近は、その面倒な時間と労力を使う事なく、この家はお得なのか、それとも損になってしまうのかを人工知能(AI)が教えてくれる、これはちょっと興味湧いちゃいますよね。

そこで今日は、家を買ったり借りたりする時にアドバイスをくれる人工知能(AI)のサービスや将来性、そしてそれぞれのメリットデメリットなどについてお伝えします。

必ず出てくる「家はどうする?」問題

家はどうする?
ある程度の年齢になったり、収入が安定してくると、同年代の友人や職場の仲間、夫婦の間で必ず出る話題、それが「家はどうする?問題」ですよね。とてもお金に余裕のある人は、買っても借りてもどちらでも、、、なんて考えているかもしれませんが、多くの人にとって、家を借り続けるのか、それとも買うのかは、人生を左右するとても大きな問題です。

そして、大きな問題であるがゆえ、きっと先輩方にアドバイスを求めても、「買う」と決めた人や買ったひとは、当然家を買う事を進めてきますし、「借り続ける」と決めた人は、借りる事を進めてくる事でしょう。

もちろんそれぞれにメリットデメリットはありますが、大切なのは「自分の生き方(ライフスタイル)を明確にする事」と「絶対に破城しない将来設計を行う事」、つまり「今が良ければ」ではなく、5年後10年後の自分の生き方を見据えた上で家を借りるのか、買うのかを判断するのが良い選び方です。

家問題、解決の糸口は人工知能(AI)にあった

人工知能で家問題を解決?
さて、自分の5年後10年後の生き方が見えていたとしても、どうしても気になってしまうので、家を買った時の「資産価値」ですよね。

例えば、今5000万円を出して買った家が、10年後に500万円の価値でしかなくなってしまう。。。なんて、わかっていたら、きっと殆どの人は、「だったら賃貸でいいよ」と思う事でしょう。そして、それとは逆に今5000万円出して買った家が10年後にはなんと1億円の価値になります!なんてわかっていたら、ちょっと無理してでも買ってしまうはずです。

でも、将来の家の価値なんてどうなるかわからない、だからみんな「買うか」「借りるか」迷っているのです。ところが最近は、将来的な家の価値を人工知能(AI)を使って教えてくれるサービスが提供されるようになってきました。

家の賃貸or購入を人工知能(AI)に任せてみる

人工知能で家を購入?
例えば、家の賃貸vs購入を人工知能(AI)の将来価格予想でお部屋単位の比較が可能になるサービスを提供している「カウル」(https://kawlu.com/)では、現在の家の価値(価格)に対して人工知能(AI)が1~35年後の物件価格を正確に予想し、住宅事情における永遠のテーマであった「賃貸と購入どちらが得か」が一目でわかるようになっています。

ざっくりとですが、家を買った時の価値を人工知能(AI)が判断して、部屋単位で将来のその物件の予想価格や購入した場合のコスト、そして同水準のマンションを賃貸で借り続けた場合のコストを比較する事ができるようになっているようです。

このように家の購入や賃貸に関しても誰かの感情感覚ではなく人工知能(AI)が過去のデータや様々な統計を元に個々に答えを出してくれるのであれば、きっと家を買う借りるで悩んだり喧嘩する必要がなくなっていきますよね。

どのように人工知能(AI)で物件価格を予想しているのか

人工知能(AI)を使った価格の予測方法
さて、家の賃貸vs購入問題を人工知能(AI)が解決してくれるとしても、気になるのは「どのようにAIで物件価格を予想しているのか」ですよね。

AIの解析手法としては「時系列データの分析」が存在しています。例えばこの「時系列データの分析」は、株価の様に時間経過によって価値が変わる内容を予測したり、機器の磨耗の予測していつ頃故障に見舞われるかの故障検知予測などに利用されています。

おそらくこの「カウル鑑定」では過去の土地価格やマンション価格を元に未来の物件価格を予想しているのではと推測されます。また、土地価格やマンションの価格だけでは将来の予想価格にズレが発生すると思われますので過去の物価上昇率やその他のデータも基準としているかもしれません。

家を買ったり借りたりには、人工知能(AI)によってプラスαの提案が行われるようになる


前途のように「カウル」では「賃貸で住み続けた時の支払額」と「購入時の支払額」を比べることが出来るそうです。

通常、物件を購入した場合は同じ物件に住み続けるという考えになりますよね。ですが、「カウル鑑定」の「購入時の支払額」には将来「売却した場合」の結果も表示されています。これが面白い所で、将来購入した物件を売却して落ち着いた静かな物件に引っ越す事も新たな選択肢として人工知能(AI)が提案してくれているのです。

そう、この「新たな提案や考え方」を持てる事も人工知能(AI)の良い所で、「時系列データの分析」を行なってくれた結果なのです。つまり私たちが通常考える、この家を買ったら5年後、10年後、いったい幾らの価値になる?価値が残るの?という疑問に、人工知能(AI)は「それはだいたい幾らくらい」という答えだけでなく、「あと、こんな事もできるよ」「こんなパターンはどうですか?」といった、さながらとても優秀なコンシェルジュのような提案をしてくれる、という訳です。

 

さて、これからの日本は少子高齢化が進むと共に、ライフスタイルも今以上にどんどん多様化していくでしょう。ですので、昔のように男なら一家一城の主になるべき、、、とは言えませんし、かといって、一生賃貸の方が気楽だよ、、、とも言い切れません。今は決まったレールの上を歩く事で幸せになれる時代ではないですから、自分がどんな風に生きていきたいのか、そしてそこに家はどうあれば一番幸せなのか?をしっかり考える事がとても大切です。

ですので、より自分らしく生きる為に選択肢を沢山持ちましょう。今回のように家を買ったり借りたりする時にも、自分や友人知人の意見の他に人工知能(AI)のアドバイスを取り入れる事で、より良い未来を選べる可能性がグッと高くなります。そう、人工知能(AI)という最強のコンシェルジュが味方についてくれる、なんて考えたらとても心強い限りですよね。

参照元 日本初!賃貸vs購入をAIの将来価格予想でお部屋単位の比較が可能になる新機能「カウル鑑定」をリリース

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

松島@編集長

楽しいことを仕事にする!一度きりの人生を思い切り楽しむ!をモットーに、ミュージシャン、占い師、モチベーションコーチなど様々な職に携わりながら、ご縁で会社を立ち上げてみたり、役員をやってみたりと、自由気ままに生きてます。

この度はAIZINEの編集長として、変化の大きなこの時代の中で、私たちの未来と切っても切り離せないであろうAI(人工知能)のアレコレを、楽しく分かりやすくお伝えしていけるよう、切磋琢磨していきます☆