教育

プログラミングを身につけるとできることが増える!そのメリットを解説

プログラミングを身につけるとできることが増える!そのメリットを解説

近年、学校教育にプログラミングを取り入れるなどの政策が話題になっています。それに伴ってプログラミングスクールがたくさん開校されているなど、プログラミングの需要が高まってきていることが目に見えますよね。

一概にプログラミングと言いますが、プログラミングには様々な種類のものがあります。このサイトももちろん、ショッピングサイトや身の回りの機械製品、アプリゲームなど、実に多様な種類のプログラミング技術でできることがあなたの身の回りでたくさんあります。これを知っておくと、プログラミングがぐっと身近なものに感じるでしょう。

そこで今回は、プログラミング初心者の方にも分かりやすいように、プログラミングとは何なのか、できることは何かをお伝えします。これを理解するだけで、身の回りの科学が楽しくなること間違いありません。

そもそもプログラミングとは、どんな仕組みなのか

プログラミングのイメージ

早速、プログラミングの世界に足を踏み入れましょう。実は意外とプログラムの仕組みは簡単です。

例えば、右腕を上げるという動作をロボットにさせたいとします。ロボットへその動きを組み込むために使う指示書を作るのがプログラミングです。どういうことかというと、「右腕を上げてください」という指示をコンピュータがわかる言語に直しプログラミングすることにより、作成したプログラムの指示通りにロボットが動きます。

パソコンや機械などにつまれているCPUは2進数のみを理解できるように設計されていますが、人間には2進数のプログラムを理解できません。この、人間とCPUの中継の役割を果たすのがプログラミングです。

つまりコンピュータが、動作の指示を簡単に理解できるように2進数に置き直してくれるのがプログラムで、そのプログラムを作ることがプログラミングになります。脳で指示された内容でしか我々の身体は動かないように、プログラミングで作ったプログラムの内容でしか動きは実行されません。

プログラミング言語の種類

言語のイメージ

プログラミング言語は、現在、700種類以上のものがあります。もちろん、700種類以上のプログラミング言語が平等に均等に使われているわけではありません。そこで今回は、主要なプログラミング言語をご紹介していきます。

  • スマホアプリケーション:Swift、Java、Objecttive-C、C#
  • ゲーム:C#、C++、JavaScript
  • AI(人工知能):Python
  • Webサイト:Ruby、PHP、Perl、Python、Java、JavaScript

まず、プログラミング言語には、大まかな役割があり、ゲームを作るときはこれ、ロボットを作るときはこれ、Webに関するものはこれと決まっているのです。

スマホアプリを作るときに使われる大半の言語は、Javaという言語。Javaはgoogle三大言語のひとつで、応用力が高いことが特徴です。ほとんどのコンピュータで使える汎用的なプログラミング言語で、主に業務システムやアプリケーション開発、ゲームなどを作る役割を果たしています。

アプリケーションを作るプログラミング言語といえば、最近AppleがSwiftというプログラミング言語をリリースしました。こちらはApple製品上で開発できるappアプリ特化のプログラミング言語になります。

Webサイトを作るときには、PHPやRuby、JavaScriptなどのプログラミング言語の使用が多いです。先ほど紹介したJavaと、このJavaScriptという言語は全く別のものとなりますので混同しないように気をつけましょう。

PHPは環境構築が簡単で初心者でもプログラミングを始めやすいことで有名です。主にWebアプリケーションやWebサービスのプログラミングに長けており、ショッピングサイトなどを作るときにも多く用いられます。

Webに特化したPHPに対して、RubyはWeb以外にも汎用的に使えます。PHPでは作れないような大規模なWEBサイトの構築も可能です。書きやすく読みやすいことを理念としたプログラミング言語で、こちらも初心者に向いているでしょう。

JavaScriptもWebページの構築によく使われ、ページに躍動感を出すために用いられることが一般的です。「画像をクリックしたら次の画像を表示する動作」「バナー広告を出し入れする動作」など、ユーザーが手を加えて動くプログラミングはほとんどがJavaScriptになります。ブラウザさえあれば誰でも始められることから、初心者にも学びやすいことが特徴です。

その他、Windows向けのアプリのプログラミング言語としてはC#があります。C#はMicrosoft社が開発しており、プログラミングを更に効率的にするためのアップデートが次々とされていることが特徴です。ゲーム制作に長けていますが、WEBサイトの構築にも使えます。有名なものだと、検索エンジンbingがC#でプログラミングされたサイトです。

似たような名前のプログラミング言語にC言語がありますが、C#とは全く異なるプログラミング言語です。C言語がロボット系やソフトウェアの開発に長けていることに対し、C#はWEBシステムやゲーム制作、業務システムに長けています。また、C言語よりもC#の方が、プログラムコードが単純です。

近年話題のAI(人工知能)は、Pythonという言語がつかわれており、多く使われ始めるようになりました。Pythonは、他のプログラミング言語とは一風変わっており、AI(人工知能)に特化したプログラミング言語です。他のプログラミング言語に比べてコードが単純という特徴もありますが、中でも特筆すべきは「統計処理や計算処理に使えるライブラリが豊富であること」になります。他の分野でも使えるプログラミング言語ですが、AI(人工知能)などの深層学習の分野で特に高い評価を得ていまるプログラミング言語です。

このように、プログラミング言語にはそれぞれの役割があり、それぞれできることが違います。もちろん、Javaでサイトを作ることも可能ですし、使い方は無限大です。

プログラミングでできること

Webサイトのイメージでは、プログラミングでは実際どのようなことができるのかをご紹介します。

例えば、PHPを使ってショッピングサイトを作れますし、サイトに動きをつけたいときはJavaScriptを使えばより躍動感のあるサイトを作れます。物流のシステム開発もできますし、ATMも作れます。また、POSシステムや金融機関の入出金システムなどの難しいものもプログラミングでできることなのです。

最近話題のビットコインなどの仮想通貨に使用されている、ブロックチェーンの技術は大きなインパクトを与えました。このブロックチェーン技術もJavaScriptを中心にPythonなどのプログラミング言語で実装することができます。

※こちらにもわかりやすく紹介されています

このように、プログラミングでできることは山ほどあるのです。やろうと思えばなんでもやってしまえるがプログラミング。プログラミングはシステムの脆弱性と戦う必要がありますが、利便性の高いものを実現できるでしょう。

プログラミングを身につけるメリット

論理的思考のイメージ

プログラミングを身につけるメリットはたくさんあります。最初に思いつくメリットは、就職に関することですよね。

Webサイトやアプリケーションを作成したなどの実績があれば就職にも有利です実績があれば全くプログラミングができない未経験者に比べて年収も上がりやすいですし、採用もされやすくなるかもしれません。

また、プログラミングでの起業や独立もしやすいので、企業を興したい、フリーランスとして働きたい方にはこれ以上ないメリットです。プログラミング言語はグローバルなので、世界と繋がる一歩にもなり得ることでしょう。

その他、論理的思考が培われるのもメリット。プログラミングは、論理的思考の繰り返しなので「この処理を行った後にこの処理をすると、こういう結果になる」「こういった結果を出すためにはどのようにコードを書くべきか」「ここのコードはこうだから、こう書き換えると省略できる」と日々試行錯誤をすることにより、「筋道を立てて考える思考」が伸びるのです。

また、プログラムの試行錯誤を繰り返すことにより問題解決能力がアップするだけでなく、創造性も上がるので視野が広くなるでしょう。そうして、不思議と以前よりも整合性が身につき、他の仕事ではなかなか味わえない自身のレベルアップを体感できるようになるのです。

プログラミングを身につけるときに気を付けたいこと

手を動かすイメージ

プログラミングを学ぶにあたり、まずはプログラミング教室なのか独学なのかをしっかり決めましょう。企業で教えることもありますが、中には独学から入り、勉強方法に戸惑う人もいますよね。現在開校されているプログラミングスクールは様々で、中には良質なスクールもありますが、お金ばかりかかってしまって実力も手に入らず徒労に終わってしまう人もいます。このため、自分自身がどこに投資するかをしっかりと見極める必要があるでしょう。

また、まずは実際に手を動かすことが大切。自分自身で何かしらのアプリケーションをつくり、公開することにより、自身のプログラミング技術の証明となります。とにもかくにも創造してみないことには何も始まりません。

プログラミング技術を生かせる職場は様々。どういったタイプのエンジニアになりたいのか、アプリを作りたいかにより学ぶプログラミング言語は変わります。そのため、就職を重視しているのなら、就職の場で需要が一番多くあるプログラミング言語を学ぶという手段も有効です。ぜひ、目的をしっかりともち、プログラム学習に励みましょう。

まとめ

さて、今回はプログラミングとは何なのか、できることは何かについてお伝えしました。プログラミング言語は、我々の身の回りにたくさん転がっています。

今日の日本ではプログラミングの需要は高まってきています。また、プログラミング言語によりできることはそれぞれ違います。Apple App開発ならSwift、ゲーム開発ならJavaやC#、AI(人工知能)ならPython、WebサイトやサービスならRuby、PHP、JavaScriptなど、それぞれに特化したプログラミング言語があります。

プログラミングでできることといえば、Webサイトやアプリやゲームの開発。そして将来、エンジニアになりたいと考えている方、転職を考えている方は自分自身が何を作りたいか、自分が何をできることにしたいかによって学ぶプログラミングを決めましょう。

プログラミングでできることは無限大です。自分が何故プログラミングを学びたいのかを明確にして、自分自身に合ったプログラムを楽しく学びましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました