AIを味方に!営業職で働きやすくなる5つのメリット

イメージAIを味方に!営業職で働きやすくなる5つのメリット

毎日の営業活動、本当にお疲れ様です。顧客の開拓に始まり提案から契約交渉、更には契約後のフォローまで、いやー営業って本当に大変な仕事ですよね。

そんな大変な仕事を担当しているあなたに実は朗報があるんです。

AI(人工知能)を営業活動に適用することにより、あなたの生産性を大きく向上させることができるんです。

従来より、営業支援システム(Sales Force Automation)は営業の負担軽減を主目的に活用されて来ましたが、最近はAI(人工知能)機能の搭載により、今まで精神論と勘に頼っていた営業活動から、データに基づいた客観的かつ合理的な営業活動へ切り替わりつつあります。

今日は、AI(人工知能)機能を活用することにより、営業職で働きやすくなる5つのメリットについてお伝えします。

AIを味方に!営業職で働きやすくなる5つのメリット

イメージAIを味方に!営業職で働きやすくなる5つのメリット

メリット1:顧客リストから受注確度が高い顧客候補を抽出してくれます

営業という仕事って精度の高いデータが重要ですよね。

あなたの会社の商品情報と顧客リストを登録すると、AI(人工知能)が約400万社の日本企業情報のデータベースやインターネットから集めた情報を解析し、受注確度が高い顧客候補リストを提示してくれるんです。

製品としてはNIKITA(株式会社WEIC)、GeAlne(エッジコンサルティング株式会社)、Baseconnect Sales(Baseconnect株式会社)等があります。

メリット2:どの商談から攻めるべきか教えてくれます

株式会社セールスフォース・ドットコムが提供するSales Cloud Einsteinは、候補顧客との過去の会話履歴をもとに、なんとAI(人工知能)が各商談に対し点数をつけてくれます。つまり、どの商談から攻めるべきか優先度を教えてくれるんです!

優先度の高い商談に対しては担当者設定し積極的に攻略を進め、逆に優先度が低い商談に対しては関係維持レベルに留める等、営業活動をより効率的に進めることができますよね。

また、AI(人工知能)がつけた点数の理由(営業活動が頻繁に行われているから高い点数、過去に受注遅延発生しリスクあるため低い点数、等)についても教えてくれます。

メリット3:次に何をすべきかを提案してくれます

AI(人工知能)が過去の営業活動履歴情報より類似事例を解析し、顧客の企業基本情報/ニュース/財務状況等のお役立ち情報を提供してくれるだけでなく、例えば、顧客へメール送信する必要があった場合には、効果的なメール文面や送信タイミング等も教えてくれます。

メール送信の他にも、誰に/いつ/どのような提案を行うべきか等、社内の全営業マンのノウハウをAI(人工知能)が解析のうえ最適なアクションを提案します。

製品としてはSenses(株式会社マツリカ)等があります。

メリット4:チャンスあるいはリスクが発生したタイミングで教えてくれます

ビジネスチャンスあるいはビジネスリスクを早期発見するためには、営業あるいは顧客が何を考えどのような行動をしているのかを正確に把握する必要がありますよね。

AI(人工知能)が営業メンバ間あるいは顧客との会話情報である膨大なテキストデータを解析、今まで見落としていたビジネスチャンスあるいはビジネスリスクをリストアップし教えてくれます。

例えば、1ヶ月前の顧客との会話メールの中に実は商談敗退の予兆があり、原因が「最初に確認した話からズレてきた」「要件が誤解されている」と把握できればリスクの事前フォローが可能になりますよね。

製品としては、KIBIT Knowledge Probe(株式会社 FRONTEO)等があります。

メリット5:名刺管理や議事録作成等の面倒な作業を肩代わりしてくれます

日々の営業活動で発生する面倒な作業もAI(人工知能)があなたを支援してくれますよ。以下は名刺管理および議事録作成サービスの例です。

名刺管理:Sansan(Sansan株式会社)

Sananは、TVコマーシャルでも有名な名刺管理サービスです。AI(人工知能)は営業がスキャンした名刺に記載された情報を、名刺データとして登録蓄積します。登録した名刺データは社内全員で共有することができます。なお、名刺データはPCの他、スマホやタブレットからも活用することができます。

議事録作成:eigyo intelligence(ULTRA株式会社)

eigyo intelligenceは、AI(人工知能)による音声認識で営業商談の議事録を自動作成するサービスです。なお、本製品には顧客との会話履歴より、AI(人工知能)が営業としてのセールストークや、顧客への切り替えしトークの案をテキストで提示する機能もあります。

イメージAIを味方に!営業職で働きやすくなる5つのメリット
以上、今日はAI(人工知能)を営業職で活用することによる5つのメリットについてお伝えしました。

  1. 顧客リストから受注確度が高い顧客候補を抽出してくれます
  2. どの商談から攻めるべきか教えてくれます
  3. 次に何をすべきかを提案してくれます
  4. チャンスあるいはリスクが発生したタイミングで教えてくれます
  5. 名刺管理や議事録作成等の面倒な作業を肩代わりしてくれます

AI(人工知能)は営業職の人々を働きやすくしてくれるだけでなく、営業活動の効率を大きく改善してくれることが期待できます。効率化により浮いた時間を人間にしかできない顧客対応に集中させることにより、更に私達の生産性を向上させることができそうですね。

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

タケル
AIZINE編集部のタケルです!

僕は、AIの記事の読んで収集するのが趣味なんです!AI、IoTなどなど現在の最先端の人工知能に関する面白そうな記事をたくさんたくさんご紹介していきます!

「AIなんて苦手!」という方でも楽しんでいただける記事ですので、読んでもらえたら嬉しいです!