AIが仮想通貨のアドバイザーに!おすすめAIツール4選

AIが仮想通貨のアドバイザーに!おすすめAIツール4選

2017年は将棋ソフトなどでAI(人工知能)が脚光を浴び、仮想通貨もバブル期到来とまで言われていましたよね。軒並み仮想通貨銘柄が高騰し、投資家たちの話をさらっていました。しかし、2018年以降は落ち着きのある発展が見込まれるのではないでしょうか。各国の金融当局の規制も厳しくなり、仮想通貨全体の勢いが弱まっているように見えます。

とは言っても仮想通貨市場の動きは、なかなか予想しにくい面があります。いつどうなるかは不透明で、各国の金融当局の対応の変化などもあり、不確定要素が多数あります。飛び交う情報をいかに的確に分析し、将来を予測するかは至難の業となるかもしれません。

そこで登場するのが、AI(人工知能)が情報を分析し、仮想通貨の値動きを予想するAIツールで、投資家たちの間ではすでに導入している人や企業が多数います。それでは、この仮想通貨のアドバイザーとなるおすすめのAIツールについて説明していきます。

よく耳にする「Webbot(ウェブボット)」とは

AIが仮想通貨のアドバイザーに!おすすめAIツール「Webbot(ウェブボット)」

「Webbot(ウェブボット)」ってあまり耳にしないかもしれません。AI(人工知能)を活用して仮想通貨の値動きを予測するのが「Webbot(ウェブボット)」です。予測に必要な情報は投資関連のSNSやWebメディアなどから集め、それらを元にAI(人工知能)が仮想通貨の銘柄別に将来の価格を予測します。

ビットコインが2017年11月以降に注目されると予測し、11月、12月と値を上げています。過去における予測の的中率が高めなので、信頼性があるようです。

しかしビットコインが2018年2月頃に1,500,000円程度になると予測し、2018年1月1日には1,700,000を超えたのですが、いろいろな問題があり2018年2月には1,000,000円になったこともあります。Web上の情報や心理に基づいて予測しているので、ある程度の正確さは維持していますが、まだ改善の余地はありそうです。

ビッグデータ閲覧可能な「SIGNAL(シグナル)」とは

AIが仮想通貨のアドバイザーに!おすすめAIツールAIが仮想通貨のアドバイザーに!おすすめAIツール「SIGNAL」

「SIGNAL(シグナル)」と言われてもよくわかりませんよね。これは仮想通貨市場の分析AIプラットフォームとして知られていますが、AI(人工知能)が最新の話題を24時間監視し、収集・分析した仮想通貨のビッグデータを最適な形で閲覧することができ、仮想通貨の大きな値動きを予測します。AI(人工知能)がもたらす仮想通貨の情報はLINEでリアルタイムに通知され、事前に暴騰暴落の可能性を知ることができ、売りや買いのチャンスを逃すことがなくなります。

このAI(人工知能)は東京大学の研究所が開発しています。SIGNALは仮想通貨の基幹技術であるブロックチェーンの発展度や将来性、Web上のセンチメントという感情を読み取って仮想通貨の流れを分析され、iOSアプリやAndroidアプリがあるので、いつでも情報が入手できます。また仮想通貨の専門家やアナリストによる独自の情報も提供します。

BitFlyerと相性が良い「HoneyBee(ハニービー)」とは

AIが仮想通貨のアドバイザーに!おすすめAIツール「HoneyBee(ハニービー)」

HoneyBeeは、国内の仮想通貨取引所・BitFlyerと連動しているAI(人工知能)を搭載した、ビットコインFXの完全自動売買システムとして知られているんですよ。BitFlyerのユーザー・アカウントを用いてトレード・システムに接続し、24時間自動売買を行い、売買の好タイミングを逃しません。クラウド型システムなので、パソコンの電源が入っていなくても自動稼働しています。

AI(人工知能)が仮想通貨の市場相場を日々学習しているので、精度が高くなっていきます。証拠金の維持率が90%を切ると自動的に損切りをしますが、マイナスを出さずに過去のビットコイン暴落を何度も乗り切っているようです。実例としては2017年12月12日頃に最高値247万円から150万円台へと大暴落しましたが、この際も利益を確定させています。ローリスク・ローリターンとなるので、コツコツと着実に資産を増やす人向けと言え、HoneyBeeは、LINEを導入しているので、各種サポートに対応しています。

期待度が高い「Trading Studio」とは

AIが仮想通貨のアドバイザーに!おすすめAIツール「Trading Studio」

Trading Studioは、株式会社メタップスが設置すると発表した仮想通貨のAI(人工知能)によって取引を行うシステムなんです。仮想通貨市場の取引データを解析し、売買アルゴリズムを構築し、仮想通貨の投資を促進させることを目的としています。

今後、仮想通貨の投資は効率的な取引の需要が高まると予想され、様々な提携などの動きがあります。仮想通貨の日々蓄積される膨大な取引データを解析して変動パターンを導き出すとされ、運用テストを繰り返して精度を高めていくようです。

まだ運用されていませんが、金融業界や仮想通貨取引所、投資家から期待されているAIツールと言えます。

賛否が分かれる「BIT OASIS」「Goemon The Cyber」とは

AIが仮想通貨のアドバイザーに!おすすめAIツールAIが仮想通貨のアドバイザーに!おすすめAIツール「BIT OASIS」「Goemon The Cyber」

BIT OASISは仮想通貨AI自動売買システムとして知られています。最新型のAI(人工知能)が搭載され、仮想通貨の過去のチャートパターンを網羅しているとされています。12ヶ月連続黒字で黒字を出し、年利400%の仮想通貨売買システムという触れこみになっています。

こちらは、ツイッターなどで検索すると否定する声が多く、お勧めできないものの一つかもしれません。

一方のGoemon The Cyberは、AI自動売買ツールとして知られおり、このツールはbitFlyerのLightningFXというビットコインFXのシステムに連動させて取引を行うものです。クラウド型のシステムなので、パソコンのスペックやネット環境に影響されず自動取引ができ、Goemon The Cyberの価格帯が高めに設定されているので、個人よりも法人向けではないかとも言われています。

このツールの実績は、2017年の仮想通貨市場が高騰していることが背景にあり、実績と認められないという見方もありますが、いずれにしましても、あまりお薦めではないかもしれません。

まとめ

AIが仮想通貨のアドバイザーに!おすすめAIツール4選まとめ

さて、今回お薦めとして挙げたものは、AI(人工知能)を活用したツールとして形を整え、ある程度の信頼性のあるものとなっていますよね。一方、賛否の声があり、広告宣伝に走っているようなものとに分かれている状況です。まだ仮想通貨のAIツールは草創期にあると言えるのではないでしょうか。各方面が注目しているAIツールもまもなく世に出るので、今後のAIツールの動きに注目していきましょう。

  • <「Webbot(ウェブボット)」>
    ある程度の信頼と実績があり、今後も進化しそうなAIツールです。
  • 「SIGNAL(シグナル)」
    仮想通貨の基幹技術であるブロックチェーンの発展度や将来性、Web上の情報を読み取り分析するAIツールです。
  • 「HoneyBee(ハニービー)」
    BitFlyerと連動してビットコインFXの自動売買ができ、売買の好タイミングを逃さないクラウド型のAIツールです。
  • 「Trading Studio」
    仮想通貨投資の効率的な取引ニーズが高まることを想定して開発されているAIツールです。
  • 「BIT OASIS」「Goemon The Cyber」
    今後の動静を冷静に見極めたいAIツールです。

いずれにしましても、方向性としては、AI(人工知能)による仮想通貨取引に向かっていると言えるでしょう。

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

タルミホ@編集部
AIZINE編集部のタルミホです。

実は私、AIの記事の読んで収集するのがひそかな趣味なんです!
AI、IoTなどなど現在の最先端の人工知能に関する面白そうな記事をたくさんたくさんご紹介していきます!

「AIなんて苦手!」という方でも楽しんでいただける記事ですので、読んでもらえたら嬉しいです!