AI(人工知能)と健康管理

体の歪みはAI(人工知能)で診断できる!その驚きの性能について徹底分析

体の歪みはAI(人工知能)で診断できる!その驚きの性能について徹底分析

普通に生活していても何となくだるい、目が疲れるなど体に不調が表れることがありますよね。その原因は体の歪みかもしれませんが、どこがどのように歪んでいるのかは目視ではわかりづらいもの。そんな時、頼りになるのが体の歪みを診断するAI(人工知能)です。

たとえば、体の歪みを診断するAI(人工知能)なら人の全身写真から、「上半身が右に3°傾いています」「左右の膝の高さが1㎝ずれています」など、自分では意識していない体の状態を数値化して診断します。さらに、「今の歪みのままだと未来は猫背体型になります」など、ちょっと怖い予測もしてくれるので、早めのリハビリやトレーニングで予防もできます。

こうした体の歪みを診断するAI(人工知能)は、近年ますます精度が高まり、整体院やスポーツジムで利用されるだけでなく、健康寿命の延伸にも貢献しているのだとか。

この記事では、AI(人工知能)がどうやって体の歪みを診断するのか、そして、どんな場所で多く使われているのかも含めてお伝えするので、今後のヘルスケアに役立つに違いありません。

そんなわけで、今回は体の歪みを診断するAI(人工知能)について掘り下げて解説しましょう。

体の歪みを診断するAIとは

骨のイメージ

体の歪みを診断するAI(人工知能)では、AI(人工知能)が体の歪みを直接診断するのではなく、骨格の状態を検知します。それは、背骨が曲がっていたり骨盤がねじれたり、骨格のズレがそのまま体の歪みにつながるからです。

そして、骨格の状態を検知するのに使われるのが、AI(人工知能)の画像認識技術です。これにより、見た目ではわからない人の骨格のズレを分析します。

また、体の歪みを診断するAI(人工知能)の利用方法はいたって簡単。タブレット端末などで全身の写真を撮るだけです。その画像から頭、肩、背骨、骨盤、膝などの各パーツが、正常な骨格位置に比べてどのくらいズレているかをAI(人工知能)が分析して数値化します。測定されたデータは図やグラフで表示されるので、姿勢に詳しくない人でも自分の体の歪みが一目でわかります。さらに、分析結果に基づいて一人ひとりに合わせた改善プログラムも提示します。これなら、患者さんも納得感を持ってトレーニングできますよね。

こうした骨格を分析するAI(人工知能)のシステムは、次々に登場していて、それぞれ得意とする機能も異なります。

たとえば、当メディア(AIZINE)の運営会社のグループ会社であるPosen株式会社が開発した「Posen」は、AI(人工知能)が1分で骨格を分析することが可能です。分析した利用者情報は電子カルテサービスで管理できます。なので、過去の診断結果と比較でき、施術・トレーニング後の効果も把握しやすいのが特徴です。

また、「ゆがみーる」(株式会社ジースポート)は、体の歪みから生じる筋肉の張りや緩みも測定し、部位が一目でわかるよう色分け表示します。さらに、Zoomなどのチャットアプリを使用して、オンラインでの姿勢測定や姿勢改善指導も可能なので、自宅にいながらにして最適なトレーニングを行えます。

他にも、体の歪みを診断するAI(人工知能)「シセイカルテ」(株式会社Sapeet)は、体の歪みを改善しなければ、未来はどんな体型になるかを3Dアバターで可視化し、そうならないためのアドバイスやプログラムも提示します。

このように、様々な機能を持つ体の歪みを診断するAI(人工知能)は、姿勢改善への第一歩として近年注目されていますが、その人気のわけを次で見ていきましょう。

なぜ、体の歪みを診断するAIが必要とされているのか

デジタルのイメージ

従来は、体に痛みや違和感があると、整体院などに通い人の手で診断・施術してもらのが一般的でした。それに対して、最近では以下のような理由で、体の歪みを診断するAI (人工知能)を導入するケースが増えています。

診断結果の可視化により治療へのモチベーションを高めるから

体の歪みの原因は目に見えにくく、整体院で施術をお願いしても診断に時間や手間がかかることがあります。しかも、診断結果を口頭で患者さんに説明するだけでは、うまく伝わらず今後の治療に結びつかないこともありますよね。

一方、AI(人工知能)で分析すれば、体のどの部分が、どれくらいどちらに傾いているかがすぐに可視化されます。自分の体の状態が視覚的に確認できれば、患者さんも自分ごととして受け入れやすくなり、リハビリへの意欲も高まるでしょう。

簡単な操作と公平性ある診断で治療効率が上がるから

整体院での施術は、実際に患者さんの体に触れて行うので、経験値によって施術効果が異なることも。なので、経験の浅い整体師はなかなか第一線で活躍できないという課題がありました。

しかし、AI(人工知能)による診断なら、誰が行っても同じ結果が出るので、たとえ若手の整体師でも骨格や関節のズレを見落とす心配はありません。しかも、タブレット端末さえあれば操作も簡単で、撮影した写真からAI(人工知能)が瞬時に歪みを診断します。これで、患者さんの待ち時間も少なくなり顧客満足度もアップするでしょう。

他社との差別化を図り集客につながるから

近年は、パソコン作業など長時間のデスクワークで体調不良になり、治療に通う人も多いですが、それにともないジムや整体院・接骨院の数も増えています。こうした中、集客力を上げるには他店との差別化が必須になります。

たとえば、他店との違いとして体の歪みを診断するAI(人工知能)を導入すれば、症状に合わせたトレーニングメニューも自動で作成してくれます。これは自分だけのオリジナルメニューとしてユーザーを引き付け、トレーニングの継続を促します。それに、体の歪みが改善しても、「体の変化をデータとして確認したい」など来院の目的意識が高まり、継続性ある集客が期待できるでしょう。

ここまで、体の歪みを診断するAI(人工知能)の優れた機能や必要とされる理由をお話しましたが、ここからは、AI(人工知能)が体の歪みをチェックする仕組みについてお伝えします。

どうやって体の歪みをAIが診断するのか

虫眼鏡のイメージ

AI(人工知能)が体の歪みを診断するには画像認識技術を使いますが、画像認識技術とは、画像に写っているものがどのようなものかを識別する技術です。

この技術を利用して、まずAI(人工知能)に人間が立ったり座ったりいろんな体勢をしたときの正しい骨格の位置を覚えさせます。そのための教材として、正しい骨格座標が入った写真データを使いますが、何パターンもあるその画像からAI(人工知能)が人間の骨格の規則を学び覚えていきます。

こうして得たAI(人工知能)の学習結果は、人間の能力をはるかに超えるほど高い精度を持っています。なので、実際に撮影した人間の写真に、AI(人工知能)が学んだ正しい骨格位置を当てはめて比較すれば、どんなに細かい歪みやズレでも正確に診断できます。

このようなAI(人工知能)による歪みの分析は、カメラ映像や静止画だけでなく、動画でも可能です。たとえば、スクワットの動作では手本と比べて動きが正しい部分、ずれた部分など細かく解析されるので、正しい姿勢でトレーニングを行えます。この機能は、高齢者の運動機能向上のためのリハビリや、スポーツの正しいフォームチェックなどにも役立つでしょう。

続いて、体の歪みを診断するAI(人工知能)は、実際にどんな場所で利用されているのかをご紹介します。

体の歪みを診断するAIが使われている場所

靴のイメージ

体の歪みを診断するAI(人工知能)は、主に整骨院、整体院、スポーツジム、高齢者向け施設などで使われていますが、他にも意外なところで活躍しています。それでは、具体的に見ていきましょう。

たとえば、「Posen」は、株式会社あい・グループ(大阪市)「あい鍼灸院・接骨院」の22院に導入されています。「Posen」なら、患者さんをタブレットで撮影後、1分で骨格を分析し可視化するので、タブレット画面を一緒に見ながら、今後の施術内容やトレーニングをわかりやすく提示できます。

さらに「Posen」は、オーダーメイドインソールと靴の専門店「足道楽」でも使われています。実は、靴と姿勢とは関連性があり、靴のインソールを使用するとインソールなしに比べて8割以上の人に、前傾姿勢やO脚・X脚の改善が見られるとのこと。なので、インソール作成時のカウンセリングに「Posen」を活用して、体のどこがどのくらい歪んでいるかを視覚化することで、症状に合わせたフットケアの提案に役立っています。

また、体の歪みを診断するAI(人工知能)「ゆがみーる」は、横浜市体育協会(公財)が運営する施設やスポーツセンターの定期姿勢測定会でも利用されています。これまで、地域での出張測定会や施設の測定会を催すにあたり、「使いやすさ」「客観性」「モバイル性」に優れたシステムが必要でしたが、それにぴったり当てはまり採用されたのが「ゆがみーる」です。「ゆがみーる」導入で、体の歪みが一目でわかり、市民に改善への明確なアドバイスを行えるようになったので、健康という観点から姿勢への関心も高まっています。

そして、体の歪みを診断するAI(人工知能)「シセイカルテ」は、くろさき歯科(医療法人社団)のような歯科医院でも使われています。ちょっと意外ですが、あごの関節は全身バランスを整える上で重要な役割を果たしているとも言われ、体の歪みは歯の嚙み合わせとも深い関係があるのだとか。なので「シセイカルテ」を使えば、歯科治療を行いながら姿勢改善へのアプローチも行えます。

他にも「シセイカルテ」は、グンゼスポーツが提供する「膝痛」「腰痛」の予防・改善運動プログラム「メディウェルネス」の実証検証の中で、効果測定とモチベーション維持のツールとして活用されています。「シセイカルテ」の診断なら、前回の分析結果と比較でき効果が一目でわかるので、こうした検証にはもってこいですよね。

このように、体の歪みを診断するAI(人工知能)は、ヘルスケア全般で使われ始めていますが、これからどのように進化するのかも考えましょう。

体の歪みを診断するAIの今後

健康のイメージ

体の歪みを診断するAI(人工知能)は、操作が簡単で、短時間で撮影・分析できるので今後もニーズが高まると予想されます。

また最近は、スマホやパソコンの長時間操作により頭痛や肩こり、腰痛などに悩む人が増えていますが、忙しくて整体院やトレーニングジムに通えない人も少なくありません。そんな人のために、これからはオンラインで体の歪みを診断するAI(人工知能)のサービスが、広く普及するに違いありません。自宅で撮影した写真を送るだけで、体の歪みを診断し、改善に向けてのトレーニングメニューも提示されれば、もっと気軽に自分の体のケアができるでしょう。

さらに将来は、セルフで写真が取れる証明写真機のように、体の歪みを診断するAI(人工知能)が街中に設置されるかもしれません。そうなると、通勤途中でも体の歪みを確認でき、自分に合ったトレーニング方法もわかるので、運動やスポーツへのハードルがグッと下がるでしょう。また、学校など子供たちが多く集まる場にも体の歪みを診断するAI(人工知能)が導入されれば、若いうちに自分の体の歪みや治すべき部分に気づき、正しい体づくりができるに違いありません。

まとめ

さて今回は、体の歪みを診断するAI(人工知能)について、その機能や使われている場所についても掘り下げて解説しました。

体の歪みを診断するAI(人工知能)は、AI(人工知能)の認識技術を使って、人の骨格がどうなっているのかを分析して歪みを診断します。その仕組みとしては、まずAI(人工知能)に人の正しい骨格の位置を何パターンも覚えさせます。そして、AI(人工知能)が学習したパターンを人の画像に当てはめれば、首、肩、骨盤など各パーツのズレがつぶさに検出されます。診断結果は数値化され、図やグラフで提示されるので、専門的知識がなくても体の歪みが一目でわかります。

さらに、体の歪みを診断するAI(人工知能)を導入すれば、「診断結果の可視化により治療へのモチベーションを高める」「簡単な操作と公平性ある診断で治療効率が上がる」「他社との差別化を図り集客につながる」などのメリットが得られるため、今や姿勢診断には欠かせないツールになりつつあります。

また、体の歪みを診断するAI(人工知能)が使われているのは、整骨院、整体院、スポーツジム、高齢者向け施設だけではなく、歯科医院やオーダーメイドの靴専門店、スポーツセンターなどの定期姿勢測定会、運動プログラムの実証検証など様々です。意外な場所でも利用されていますが、操作が簡単で結果も一目でわかるので、今後もヘルスケア全般で需要が高まるでしょう。

これから先、誰でもどこでも、もっと気軽に自分の体の状態を診断できるようになれば、不調が表れる前に体の歪みに気づいて、すぐにでもトレーニングを行えますよね。人生100年時代、体の歪みを診断するAI(人工知能)は、健康寿命に関心のある高齢者だけでなく、自分の健康は自分で守るという意識の高い若い世代にも注目されるに違いありません。

そして、記事内にも出ていたPosenについて詳細を知りたい場合はこちらからご覧ください。

Posenのイメージ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました