AI(人工知能)用語集

最近ニュース記事でよく見る第四次産業革命ってなに?

第四次産業革命

世間ではIoTやビッグデータ、AI(人工知能)などの単語が日々飛び交っていますよね。「第四次産業革命」という言葉も出てきましたが、産業革命と聞くとかつてイギリスで起こった蒸気機関を用いた動力の機械化を思い出す人も多いことでしょう。

新しい言葉がどんどん出て来るこのご時世ですから、注意して言葉の意味を理解していかなければ曖昧なまま流れていくものです。「第四次産業革命」という単語もその一つに入るでしょう。

そこで今回は、今世間で頻繁に言われる「第四次産業革命」とは何?についてお伝えしていきましょう。

一言で言うと「第四次産業革命」とは・・・

色んなモノがインターネットに繋がりそれらをAI(人工知能)が制御できるようになることで産業をガラリと変えることを意味します。

第四次産業革命がこれまでの産業の常識を変える

第四次産業革命の前に、かつて起こった産業革命を見てみましょう。

  • 18世紀後半に機械が導入された第一次産業革命、
  • 化学/電気/石油/鉄鋼を使って大量生産を可能にした第二次産業革命
  • コンピュータによって作業の自動化が進んだ第三次産業革命。

続いて現在起こりつつある「第四次産業革命」とは、従来人間が管理していた機会をAI(人工知能)が自動制御するようになると言われています。「第四次産業革命」が実現する背景には、まずIoT(アイオーティー)が強く影響しています。

つっちー
つっちー

IoTとは、Internet of Things(インターネット・オブ・シングス)の略称で、「モノのインターネット」と日本語に訳されます。

モノにセンサーなどを搭載することで、いろんなモノがネットワークに繋がり、モノの状態を即時的に把握、制御できるようにする仕組みがIoTです。

たくさんのモノがネットワークにつながれば、膨大な情報が収集されていきこうして蓄積された大量のデータはビッグデータと呼ばれます。

このビッグデータを解析して例えば機械が故障するタイミングを予測したり、より効率的な作業方法を把握するために活用されているのがAI(人工知能)です。

つっちー
つっちー

IoTやビッグデータ、AI(人工知能)についてさらに詳しく知りたい方はコチラ↓

「第四次産業革命」によってどのように産業が変わるのかといえば、例えば近い将来、あらゆる機械が感知する温度や音量、明るさ、衝撃などのデータが活用され、「つくるモノに合わせて生産ラインが自動的に構成を変更してモノづくりを行う」なんていう現場も実現するでしょう。

このように、「第四次産業革命」による驚くべき新しい産業の姿はもう目の前に迫っているのです。

まとめ

つまり、第四次産業革命とは

IoTによって蓄積されたビッグデータをAI(人工知能)が解析することで、あらゆるモノをAI(人工知能)が制御し、従来の産業をガラリと変えてしまうことを意味します。

<参考>

つっちー
つっちー

AI(人工知能)って「なにそれ美味しいの?」ってレベルだった僕が、AIエンジニアを目指してステップを踏んだり踏まれたりしている記事を書いてます。よかったら読んでみてください(ほぼ実話)。

「歩く負債」と言われた僕がゼロからAIエンジニアになる為のステップを実践してみた!
みんなのAI(人工知能)用語集

コメントをどうぞ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました