「歩く負債」、「130万人中130万位の新人」とまで呼ばれていた僕は、AIエンジニアを目指してAI開発企業に転職した矢先、スキル不足で左遷を命じられた。個性的すぎる仲間に戸惑いながら、AIエンジニアを目指すライター職の日常を綴ったノンフィクションです。

みんなのAI(人工知能)用語集
登場人物紹介
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました