AI(人工知能)ニュース

AI(人工知能)の活用ビジネスモデル5選、新たな日本のビジネスの姿

AI(人工知能)の活用ビジネスモデル5選、新たな日本のビジネスの姿

最近、様々な場面でAI(人工知能)について耳にすることが増えましたよね。日々進化しているAI(人工知能)は、私達の未来の仕事にどんな変化をもたらそうとしているのか気になる方も多いことでしょう。

近年、国内でもAI(人工知能)活用ビジネスモデルに注目が集まるようになりました。業種を問わず、企業はAI(人工知能)の活用ビジネスモデルを実現しようと模索しています。なぜなら、AI(人工知能)導入によって、業務の効率化とコスト削減が見込まれたり、中小企業で特に深刻な問題となっている人材不足を解決できる可能性を秘めているからです

近年の第三次AI(人工知能)ブームの火付け役であるDeep Learning(ディープラーニング)は、機械学習の一つです。

機械学習とは、現在のAI(人工知能)の中心をなす技術であり、プログラム自身が学習していく仕組みです。

Deep Learning(ディープラーニング)で訓練されたAI(人工知能)は、特定の領域でもはや人間に備わっている以上の能力を発揮しています。未知の可能性を秘めたAI(人工知能)は、私達の予想以上の収益化を成功させると期待されているのです。

ついに企業が未来のビジネスの在り方について、大きな変革を求められる時期がきているようです。今回は、AI(人工知能)を活用した活用ビジネスモデルと新たな日本のビジネスの姿の一部について、紹介していきましょう。

新しい医療のスタイル確立したAI(人工知能)の活用ビジネスモデル

医療のイメージ

まず、AI(人工知能)による恩恵を、早くも享受したのは、医師や看護師らの医療業界です。医療業界のAI(人工知能)の活用ビジネスモデルが、盛り上がりを見せている点は、AI(人工知能)が病状の診断の指針になっていることです。AI(人工知能)がこれまでの蓄積された医療に関連するデータ(診断画像や健康診断の結果、過去の膨大な論文等)を解析して、早期発見と適切な治療を見つけ提案します

さらに注目すべき点は、Deep Learning(ディープラーニング)によって、内視鏡手術への応用化する動きが始まっていることです。AI(人工知能)に上手な手術の動画を大量に学習させることで、手術の再現を目指します。これが実現するには高性能の自動ロボットとの技術も共に求められていますが、すでに実現化している分野もあります。

しかし現段階では、全ての処置をAI(人工知能)を搭載した自動ロボットが、行うわけではありません。AI(人工知能)の活用は、あくまでも患者の手術の負担を軽減させる目的で、医師の助役といった方が正しいでしょう

今回紹介した技術が完成すれば、全国どこの病院でも高度なベテランの手技を活かした手術を受けられるようになります。このサービスによって手術に伴う費用も下がり、治療による経済負担を強いられる患者の医療費の負担も、抑えられることも期待されています。

すでに実用化されている ⁉︎フィンテック分野でのAI(人工知能)の活用ビジネスモデル

fintechを活用しているイメージ

経済の要であるFinTech(フィンテック)分野と、AI(人工知能)は非常に関係が深く、国内ではAI(人工知能)の活用ビジネスモデルとして、個人向けのレンディングサービスを開始しています

フィンテック(Fin Tech)とは、金融を意味するファイナンス(Finance)と技術を意味するテクノロジー(Technology)の2つを併せた造語で、IT技術を使った新たな金融サービスのことを意味します。身近な例では、スマートフォンなどを使った送金もその一つです。

例えば、みずほ銀行とSoftBankが共同で開始した、「J.Score」(ジェイ・スコア)です。融資の基準となる信用度を数値化できるサービスで、誰でも無料で判定できるのです。利用者は自身の年収や現在ローンがあるかなど、いくつかの質問に答えていきます。それらのデータを基に、AI(人工知能)が、6段階に分けられた信用スコアを算出。この信用スコアは、J.Scoreと提携している企業の優待サービスなどの特典にも利用されます。

すでに普及に向けて、大手メガバンクが融資の審査に、AI(人工知能)を活用しようと動きが始まっていたんです。

実店舗様必見!ディープラーニング(機械学習)を利用したAI(人工知能)の活用ビジネスモデル

食料品店のイメージ

最近では、実店舗を持つ販売業でも、AI(人工知能)の導入を検討しています。例えば生鮮食品を扱う販売店の多くは、品質の安定を重視し、人間の手によって、期限切れの近い商品を新しいものに替え、陳列しています。店舗側でも大量のストックを嫌うため、過去のデータを基に発注をかけなくてはなりません。

近年注目を集めている機械学習の一つ、Deep Learning(ディープラーニング)を利用したAI(人工知能)の活用ビジネスモデルとして、在庫管理について視点を当ててみましょう。例えば、過去に店に訪れた顧客のデータを集めて、AI(人工知能)がそれらのデータを解析し、データに潜むパターンや傾向を見つけます。AI(人工知能)が導き出した結果を踏まえて、天気や曜日によって変わる、商品の発注数を決めることができるでしょう。適切な商品の個数や、提供する時間帯などが正確に解析できれば、収益に関する情報も得ることになるのです。

AI(人工知能)の導入は、効率的に在庫管理を可能にする上に、消費者の手にする商品は常に新鮮であるというメリットもあります

サイバーセキュリティを強固にするAI(人工知能)の活用ビジネスモデル

セキュリティのイメージ

サイバーセキュリティは近年、企業でもどのように対応するか問われる場面が多くなってきました。サイバーセキュリティは、個人情報保護や、社内の機密情報を守るために何をすべきか、企業の存続に関わる重要な課題となっています。AI(人工知能)の活用ビジネスモデルとして、サイバー攻撃に対する防御策が期待されています。

サイバー攻撃は、原因究明までの分析に時間を要し、高度なスキルが必要です。被害が拡大しないように、早期に異常を検知するシステムが求められているのです。

そこでAI(人工知能)に予め、PCやサーバーの平常状態を学習させておき、万が一なんらかの攻撃を受けた場合には、現在のシステムの状態と平常状態を分析します。監視状態から、ほぼリアルタイムでの検知を可能にするのは、まさにAI(人工知能)の為せる業でしょう。

教育関連事業でも力を発揮するAI(人工知能)の活用ビジネスモデル

教育現場のイメージ

AI(人工知能)先生と聞くと、なんとも無味乾燥な教育現場を想像してしまいがちですね。しかし個々の学習レベルに応じた教育のAI 活用ビジネスモデルは、効果的な指導方法でもあります。

例えば、よりスキルを上げるためのオンライン学習サービスは、アプリも含め、年齢問わず人気です。教育の格差をなくす、このような便利なツールは将来的にも増加していくことが予想されます。

教育関連事業でも力を発揮するAI(人工知能)の活用ビジネスモデルして、一例をあげてみましょう。ある学習支援ツールに、AI(人工知能)が搭載されていることを想定します。AI(人工知能)が受講生一人、一人の苦手分野や解答にかかった時間を解析していきます。個々の終了講座の結果データから、一番適した教材を、AI(人工知能)がカスタマイズしてくれるということです

集団で講座を受けた場合と比較しても、AI(人工知能)を導入した学習支援ツールを用いた場合の方が、コストパフォーマンスが優れているといえるでしょう。

まとめ

さて、今回はAI(人工知能)を活用した活用ビジネスモデルと新たな日本のビジネスの姿についてについて紹介してきました。

  • 新しい医療のスタイル確立したAI(人工知能)の活用ビジネスモデル
  • フィンテック分野でのAI(人工知能)の活用ビジネスモデル
  • ディープラーニング(機械学習)を利用したAI(人工知能)の活用ビジネスモデル
  • サイバーセキュリティを強固にするAI(人工知能)の活用ビジネスモデル
  • 教育関連事業でも力を発揮するAI(人工知能)の活用ビジネスモデル

など、新たなビジネスモデルの姿について理解できましたよね。このようにAI(人工知能)の活用ビジネスモデルは、実に多種多様に渡り、普及し始めています。AI(人工知能)は、私達の仕事を奪う存在ではなく、人間が元々持つ能力を一層発揮できる場面をもたらしてくれます。例えば、解析データを的確に処理できることから、顧客に対するサービスの向上の為に活用できます。また、お客様を笑顔にする新たなアイデアを議論できる時間を、私達に与えてくれるでしょう。

しかし素晴らしいAI(人工知能)ツールがあったとしても、受け入れるかどうかは、私達に委ねられます。最終的には人間によって、判断を下さなくてはならないのです。人間がAI(人工知能)に求める能力があるように、AI(人工知能)最大限に活かせる能力が、私達に求められています。必要なシーンでAI 活用ビジネスモデルを活かせるように、引き続き知識を深めていきましょう。

そして、当サイト(AIZINE)を運営している「お多福ラボ(人工知能の開発会社)」では、様々なAIの設計に携わらせて頂いていますので、もし「こんなAI(人工知能)作れます?」といったお話しがあれば是非ご相談ください。

お多福ラボはこんな会社です。
↓  ↓  ↓

AI(人工知能)開発のお多福ラボ

 

参照元 【The machine learning Revolution 】
診断から治療まで、最先端「医療AI」の潜在力
J.Score(ジェイスコア)-日本初のAIスコア・レンディング・始まる
AI(人工知能)を活用した未知のサイバー攻撃対策

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました