それはもはや投資ではない!AIがFXにもたらした革新とは!

AIがFXにもたらした革新のイメージ

最近のAI(人工知能)の進歩は実にすごいですよね。ついこの間までは遠い存在でしたが、今ではSoftbankのPepper君のように身近になりました。実はこのAI(人工知能)の進歩は株やFXなどの投資の世界にも、絶大な影響を与えているんです。

みなさんもご存じのあのゴールドマンサックスでは、2000年には600人のトレーダーによって売買していましたが、2017年にはトレーダーが二人とコンピューターエンジニア200人によって売買されています。つまり、コンピューターがトレーダーに取って代わる存在になったということです。

また、現在ではおよそ三分の一の社員がコンピューターエンジニアになっている状況です。なんといえばいいのかわかりませんが、投資をしているというよりも、まるでコンピューターの会社になっていますよね。

そこで、今回はゴールドマンサックスのような状況に現在なぜなっているのか、そして今AI(人工知能)によってどんな新しい事がFXに起こっているのか、今後のことにもお伝えしていきます。

認知バイアス、ディープラーニングとGPU

ディープラーニングによるFXのイメージ

なぜ、現在AI(人工知能)を株やFXなどの投資で導入しているかというと、上のゴールドマンサックス場合には高額な人件費の削減がありますが、他の理由として二つあります。それは

  • AI(人工知能)を用いた方が株やFXの投資でミスをしないということ
  • コンピューターにディープラーニングをさせる環境の変化

があるでしょう。

まずは人が犯すミス、認知バイアスについて説明しましょう。

株式と比べ、為替においては確実なものというのはなく、個人の投資家もプロであっても直観を重要視します。

しかし、個人とプロでは経験や知識等に大きな隔たりがありますよね。特に個人の投資家においては、認知バイアスというものが影響して大きな損失を生むことがあります。

この認知バイアスというものを簡単に説明すると、結果的に成功したことを自分の実力だと判断してしまうことです。ようは偶然利益が出ただけでしょう。

FXをしていると、上で話したように為替においては確実なことはないので、誤ったテクニカルチャートの見方で、利益を生むこともあります。これを自分の実力と判断するのが、認知バイアスです。

当然このような売買をしていくと大損をして、いずれFXから退場することになるでしょう。しかし、ここで、AI(人工知能)を用いたFXのトレードをすることで、この認知バイアスという心理的な罠にはまらなくなります。

AI(人工知能)を用いたFXのトレードでは、プログラムによって売買がされるので認知バイアスが起こることはありませんよね。

また、過去のデータをGPUという画像認識に特化したものを使って、ディープラーニングをさせることがAI(人工知能)に新しい道を切り開くことになり、FXに大きな影響を与えることになります。それまではクラウドコンピューティングを利用して、沢山のCPUを用いてディープラーニングさせていました。

これは膨大なデータを学習させるのに、一台のPCでは圧倒的に足りないため行われていることでした。しかし、GPUを用いることでこれらが変わることになります。

実はいくつかのGPUを利用すれば、何百ものCPUを代用できることが分かったのです。これはAI(人工知能)にとっては非常に大きなことで、FXに大きな影響を与えることになりました。

なぜなら個人でもこのGPUを使えば、ディープラーニングを容易に行えるようになったからです。

このGPUが知られてから個人でもFXにAI(人工知能)を導入する方が増えてきたのは、ネットで検索してみればわかりますよね。

なぜ、AI(人工知能)がFXで使われるようになったかをまとめると以下のようになります。

  • 人間は認知バイアスを起こすが、機械であるAI(人工知能)を用いたFXのトレードではそれが起こらないから
  • GPUによってディープラーニングが容易にできるようになり、個人でもAI(人工知能)を使ったFXのトレードができるようになったから

AI(人工知能)の進歩は教える側から教えられる側へ

トレードツールのイメージ

前の話ではAI(人工知能)を用いたFXのトレードによって、私たちはミスをなくせるようになりました。そして、AI(人工知能)のディープラーニングが個人でもできると説明しました。

しかし、いま時代はコンピューターにディープラーニングを行うだけではありません。よいFXのトレードを行えるようにコンピューターのAI(人工知能)に教えるだけでなく、人がコンピューターのAI(人工知能)から教えるもらう時代が到来しています。

何かというとそれは、マネックス証券会社が発表したAI(人工知能)技術を用いて作った「トレードカルテFX」のことです。

どのような物かというと、この「トレードカルテFX」はマネックス証券の過去のトレードデータを「HEROZ Kishin」を利用して解析を行い、理想的な五つのトレードを見つけました。

この理想的なデータと利用者が行ってきたトレードを比較して、このようにトレードをした方がいいですよと自動で教えてくれるツールです。まるでお医者さんのようなツールですよね。

また、この「トレードカルテFX」はトレードの内容を見返せるだけでなく、トレードのクセ、得意や不得意なトレードを表示してくれます。シミュレートも行ってくれるので、より良いトレードを行えるように勉強することができます。

もしかするとFXについて人に教わる時代も終わるのかも知れません。恐らく今後もこのようなAI(人工知能)を使ったFXのトレードツールが続々と生まれていくのは想像できますよね。

トレードによる結果のイメージ
最後にAI(人工知能)によってFXトレードはどうなるのか伝えていきます。やはり、トレードが全て完全に自動化することは、ゴールドマンサックスの例をみても、ないのではないでしょうか。

自動化を進めていても、やはり人のアルゴリズムを追っているので、トレードをする人がいなくなくことはないでしょう。しかし、現状をみてみると個人でもAI(人工知能)を用いたFXトレードを容易にできるようになっています。

これをみていると人よりもコンピューターが増えるのは間違いないことですよね。また、感情によることのないAI(人工知能)は素早く、まるでプロのFXトレーダーのような判断ができます。

もちろん知識を得てこれらを利用すべきでしょうが、素人であっても利益を生むチャンスは広がっています。これが投資なのかという疑問もありますが、技術革新の結果でしょう。

さらに、AI(人工知能)を使って自身のFXトレードを改善するなど、人が教えられる側に立つようになるのは間違いないことです。

果たして今後どのような技術的な進歩によって、AI(人工知能)とFXにどのような革新が起こるのかはわかりませんが、もしかすると今の投資とは違ったものになっているのかもしれません。これからは技術の革新を受け入れながら、進んでいくことが大切ですよね。

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

そねあす
AIZINE編集部のそねあすです。記事の編集を担当しています!

もともとデザインやHTML、CSSと仲良くしていたつもりがあれよあれよと編集の世界に。AI(人工知能)は作れないけど興味深々なんでまずはSiriを使いこなしてみようと模索中です。

編集初心者が、自動運転やAI家電、AI(人工知能)を使った未来まで 日々変化していくAI(人工知能)のニュースをお届けします!