成功者は実践中!AI(人工知能)でFX予測をするコツ

成功者になった未来のイメージ

いままで、投資をしても失敗ばかり、なかなか夢のような独立した生き方ができない。自動売買ツールも購入してみたが今一つ結果が出ない。こんな経験みなさんもありますよね。

AI(人工知能)などで楽してお金を稼ぎたい。早く資産家になって時間を切り売りする労働から解放されたい。FXなどで稼いでいやな上司とともに生産性の低い仕事はしたくない、それにしても自分のしたいことを実現するにはお金が必要と予測できるし…。

銀行金利では牛丼程度しか購入できない、そんな現代社会だからこそ「投資」という賢いお金の運用方法が法律でも認められています。現在成功している方が収益を上げる方法の一つが「AI(人工知能)を用いたFX予測」です。

それでは、投資の最先端であるAI(人工知能)を用いたFX予測についてお話しします。

勝っている人のFX予測

FXのイメージ

FX市場での勝ち方は一つです。

「他人より大量の情報を分析し、そこから勝利パターンを見つけ出し、機械的に処理する」

これだけです。

さて先ほどでは1行程度で済ませましたがこの1行が具体的にどういうことなのかを解説しましょう。

大量の情報を分析する

まずFXを予測するにあたって重要なのは情報を分析すること。基本的にどのFX市場に参入するかによりますが、ここでは「JPY/USD」市場を想定して行います。

ここで重要なのは市場に影響を与える要因です。

  • 紙幣供給量
  • 消費行動指数
  • 物価指数
  • 労働市場指数
  • 戦争など有無
  • 貿易状況
  • 国民性
  • 群集心理
  • その他いろいろ

上げたらキリがないんですよね。そこで、それぞれの情報が市場にどれほどの影響を与えたのかの過去のデータを集めることからスタートします。

分析した情報から勝利パターンを導き出す

ここでは分析したパターンを見極めることが必要でしょう。

限られた情報から勝てる情報を導き出します。ここは独自に計算していく必要がありますよね。なぜなら勝てる計算式を他人に情報を与える人はいません。いたとしたらそれは詐欺師の類ですので、この記事を読んでいる皆さんだまされないように。

ここでの勝利パターンのことを「アルゴリズム」といいます。この用語はAI(人工知能)を使用する上でとても重要なので覚えておいてください。

機械的に処理する

この機械的に処理するということが、人間がトレードする上で一番重要です。

人間の感情が一番厄介なのはデータ上では勝てる通算だが「疑い」という部分が判断を鈍らせます。これを心理バイアスとも言いますが、要するに人間の判断は勝率よりその日の気分であったり、その日の感情が左右するということでしょう。

ここまでの話をまとめるとFXで勝つには

「他人・他社」より圧倒的に情報を集めて、「他人・他社」より圧倒的に分析を行い、勝利アルゴリズムを生成して、「他人・他社」より圧倒的に機械的に処理する。
ということが重要です。ここで最初に「他人より」と記載しましたが、疑問に持たれた方もおられるかと、その理由を説明します。

市場とは他人との経済戦争

基本的に市場は他人との殺し合いです。他人の金を奪い合うのが市場というのはわかりやすい考え方ですよね。そこでFXの市場では絶対に勝てる方法は

他人より圧倒的に情報を集めて、他人より圧倒的金を集めて、市場を独自でコントロールできる影響力を集めること
が勝つ方法でしょう。

だからアメリカの投資会社は優秀な人間を雇い、情報を集め、分析する能力を高めて、顧客から集めた圧倒的資金を元手にFX市場、株式市場、仮想通貨市場と参入するわけです。もちろん賢い人たちですからなにかあった時のリスクヘッジの方法までしっかりと組み込むという賢さも織り込んでいます。FX市場とはいわば金の殺し合いの市場とでも考えてください。

さてこの文章を読んだ方だと勝つのは無理だよ、そう思う方もおられるでしょう。ですが個人投資家で成功している方はこの方法をいままで実践してきており、だからこそ多額の資産を築くことができているのです。

とても大変ですなのでこれから説明するAI(人工知能)を用いたFXを予測するということがこの方法においてどれだけ楽になるのかということを説明したいのですがもうしばらくお待ちください。その前提条件としてAI(人工知能)がどういう仕組みなのかを解説します。

FXで使うAI(人工知能)とはどういった機能なのかをご紹介

AIのイメージ

AI(人工知能)この記事を読んでいる方はそもそもAI(人工知能)について興味があり事前に調べている方もいますが、ここでの定義をはっきりさせておきましょう。

AI(人工知能)は知能です。そもそも知能とはいったい何なのか?そこを考えていくとここからの話が理解しやすいでしょう。

知能とは過去の経験や学習したことを基準に社会の情報を用いて判断する。という『動物の機能』と覚えてください。
この動物の機能を人工的に作り上げることが人工知能です。

AI(人工知能)は人間の脳をモデルにして作られています。車いすが人間の足をモデルにして作られていますよね。

ここで人間の脳の機能で重要になるのが、『記憶』と『予測』と『判断』という3つの機能です。この機能をモチーフにしてAI(人工知能)は作られています。記憶はハイスペックのPCを用いてビックデータを記憶する。予測はその情報とその後の状況のデータから分析する。学習機能のプログラムを用いた判断と失敗の繰り返して、これをPC(高性能計算機)が起動している間常に繰り返しているわけです。

情報を集め、情報を分析し、判断を下しその結果をさらに考察する。この機能を機械が行っているということですよね。

ではAI(人工知能)によるFX予測を実践してみましょう

AI(人工知能)によるFX予測を実践するイメージ

では実際にAIを用いたFXの予測とはどういうことなのか見ていきます。難しいと思いますがすることは今まで勝ってきた人間が何をしてきたのか?それを機械が代わりに行うということだけを覚えておいてください。

ビックデータを取得する

まずはビックデータを取得しましょう。機械学習には基本的にPythonというプログラム言語をよく使用します。このPythonで作成したプログラムにほしい情報を呼び込みます。

日本貿易振興会JETROと呼ばれるサイトから各国の統計情報を読み込むことができます。まずはこの情報をpythonで作成した機械学習ソフトに覚えさせます。

そのほかにもプログラミング上必要な情報を取得できるようにプログラムを組み込みます。

  • 紙幣供給量
  • 消費行動指数
  • 物価指数
  • 労働市場指数
  • 戦争など有無
  • 貿易状況
  • 国民性
  • 群集心理
  • その他いろいろ

先ほど挙げたリストですがこの項目をGoogleで検索すれば公開されている情報なのですぐに取得することができます。大事なのはその市場に効果がありそうと判断できる情報が必要です。

データを用いて分析する

ここではデータを用いた分析についてお話ししましょう。分析は基本的に因果関係の推計ということです。その方法は重回帰分析と呼ばれます。

単純に先ほどリストアップした項目をJPY/USD市場にどの程度影響を与えるのか?ということを推計するのが目的です。

この計算式は人間の手で行うのが非常に大変です。以前の証券会社や金融業界は計算に強い人間をたくさん採用していきました。なぜならその人間が投資市場で最も強く会社に利益をもたらすことができるからです。

ですが現在は超高性能の計算機があります。そう「パソコン」。データと価格の変動を重回帰分析にかけるだけで分析ができ、一昔前では何万人という人間が行っていた計算を今では一つのPCで可能になるということです。これがAI(人工知能)を用いた分析となります。

未来を予測する

先ほどの『記憶したデータ』から『重回帰分析を行った分析結果』がだせますよね。そこから未来を予測してその結果をさらに分析、それをサイクルで繰り返すことで勝率を上げていくこの仕組み自体が機械学習と呼びます。そしてこれがAI(人工知能)というわけです。

つまりAI(人工知能)を用いたFXの予測とは、先ほどのデータ収集、分析、試行錯誤を自動でプログラミングされたことになります。

 

AI(人工知能)を利用したFXで成功するイメージ

いかがだったでしょうか。いままでの情報を読めばある程度のことを理解しましたよね。そもそもFXの予測というのは企業がたくさんのお金を用いて行ってきたことであり、なかなか新規参入が難しい世界でしたが、テクノロジーの進化によりその新規参入のハードルがかなり下がりました。市場予測において重要なことは「圧倒的情報量」「正確な分析力」「試行錯誤の回数」であり、その3つを可能にしたのがAI(人工知能)です。

個人で難しいと思われた方もおられるかと、そういった方向けに企業も個人もツールを提供している方もおられます。難しいワードをたくさん使いましたがFXでの勝利の方程式を覚えて、そのプログラムを作成して、未来はゆとりある人生になることでしょう。

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

そねあす
AIZINE編集部のそねあすです。記事の編集を担当しています!

もともとデザインやHTML、CSSと仲良くしていたつもりがあれよあれよと編集の世界に。AI(人工知能)は作れないけど興味深々なんでまずはSiriを使いこなしてみようと模索中です。

編集初心者が、自動運転やAI家電、AI(人工知能)を使った未来まで 日々変化していくAI(人工知能)のニュースをお届けします!