AIで秒速HP(ホームページ)ができる!?Wix ADIで訪れる未来とは

AIで秒速HP(ホームページ)ができるWix ADIのイメージ

ニュースや調べ物、お店の予約、暇つぶしの動画にSNSやチャット・・・現在の暮らしではインターネットに触れない日はありません。その中には、毎日のように見たり使ったりするお気に入りのHP(ホームページ)もありますよね。そういった素敵なHPを「自分でもつくってみたいな・・・!」と思ったこともあるでしょう。

「難しい技術を習得したり知識がないとできない」と構えてしまったり、「テンプレートから選べるものもあるけど、似たり寄ったりでオリジナリティがでない・・・」と諦めている方!見つけてしまいました!AIの技術で簡単にHPを作れちゃう素敵なサービスを!

「Wix ADI」というサービスなのですが、簡単な情報を入力するだけで、自動的にその情報にもとづいたデザインやイメージ写真が組み合わされたHPが作成されます。あとは自分の文章を入れればそのまま公開までできちゃいます!実際に作ってみて、本当に簡単で面白かったので、みなさんにも体験してもらえるように、「Wix ADI」を使ってのHP作成方法をお伝えします。

AIでHP作成ができる「Wix ADI」とは

「Wix ADI」は、テンプレート選択型のHP作成サービス「Wix」の機能で、AI(人工知能)によって自動でオリジナルHPが作成できるサービスです。2016年より提供されているサービスで、現在は英語版でのみ利用が可能です。

こちらの紹介動画を見ていただくと、AIでHPを作成する流れをイメージしやすくなりますので、ぜひご覧ください。

ホントに秒速!?早速使ってみましょう!

結論からいいますと、公開するだけなら秒速です!HPの用途や好みのデザインの質問やロゴ画像のアップロードなど、数ステップをクリアするとあら不思議、AIによってそれっぽいHPが作成されます。ダミーでそれっぽい文章も入っているので、ここで公開するなら秒速でHP作成完了!看板に偽りなしです(笑)

秒速で作ったデモサイトはこちら

もちろんそこから「それっぽいHP」を自分の好みにアレンジしていきます。写真の変更やレイアウトやカラーの調整など、ブラウザ上で編集が可能です。それでは、実際の使い方を見ていきましょう。

まずはお約束、ユーザー登録

Wixのwebサイトイメージ
https://ja.wix.com/

まずは「Wix」にユーザー登録をしましょう。メールアドレスとパスワード設定のみで利用開始できます。面倒な個人情報の入力は不要なのでとても簡単です。

つまづきポイント!言語設定を「English」に変更

「Wix ADI」は現在英語版のみのサービスとなります。アカウント設定から英語版に変更しましょう。

言語設定を「English」に変更する画像説明

サイトを新規追加、Wix ADIで作成へ進む

英語版の状態で、画面右上の「+」ボタンより、新規作成に進みます。新規作成するHPのジャンルを選択すると、「Wix ADI」で作成するか、「Wix Editor」で作成するかの選択に進みます。左側の「Wix ADI」をクリックしてください。

Wix ADIで作成を選択するイメージ
HPのジャンルによっては「Wix ADI」で作成できないものもあります。
Wix ADIからWix Editorに切り替えることが可能ですが、Wix EditorからWix ADI に切り替えることはできません。

HP作成に必要な質問に答えていく

どういう種類のHPにするのか、必要な機能や名前などの質問に答えていきます。

Wix ADIの質問に答えていくイメージ

ひとしきり質問に答えると、「ハロー。私がADIだ・・・」といったスタート画面に。スタートボタンを押して、デザインに関する質問に答えた後、作成実行へ。ローディングが始まります。

スタート画面

めっちゃワクワクする・・・・!

AIによって作成されたHPとの対面!

Wix ADIで作成したデモ画面

できた!おお!それっぽい!色味もロゴから抽出していたり、サイトのジャンルに関連するイメージ写真が入っていたりと、パット見「できてるやん・・・!」といったレベルのものでした。

そこから多少レイアウトを変更したり(これまた直感的で簡単)、写真をもう少しイメージに近いものに変更したりします。

AIで秒速HP(ホームページ)ができるWix ADIのイメージ

秒速で作ったデモサイトはこちら

パララックス(背景がスクロールとずれて動く視差効果)になっていますね。スマートフォンにも対応しています!

AIでHP(ホームページ)制作が可能になる未来

今回は「Wix ADI」についてお伝えしましたが、その他にもAIを活用してHPを制作するツールはいくつか存在しています。用意したコンテンツや画像から判断して、最適なレイアウトを行うものや、デザインを解析してそれをコーディングで再現する学習プログラムも開発が進んでおり、ここまで自動化されているのには驚きを隠せません。

デザインはロジカルな要素が大きく、紐解いていくと「なぜそういうデザインになったのか」を説明することができます。最適な色、フォント、レイアウト全てに、目的を達成するための理由があります。

もちろん、さまざまな知見や経験則が必要で複雑に絡み合っているので、すぐすぐ全自動になることは考えにくいですが、現在のAI技術の進歩を考えるとそんなに遠くない未来でしょう。

 

さて、このようにどんなにツールが発達したとしても、その名の通り道具(tool)です。上手に使って効率化したいですよね。コンセプトだけ考えて、それをAIが実行してくれる。ビジネスを創造するのは人間にしかできないことです。

「OK、Google。シェーバー売りたいんだけど、20〜30代の男性向けのECサイト作って」って言ってガチャガチャ組み上がったらちょっと怖いですよね(笑)

参照元 Wixも参戦!動き始めた『AIによる自動Webデザイン&コーディング』を可能にするツール達
AIがデザインする時代が到来!デザイナーはこれから何をデザインすればいい?

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

おまつ
AIZINE編集部のおまつです。web制作会社に勤務する、中肉中背の男です。 AI、ブロックチェーン、仮想通貨、フィンテック・・・日々人工知能に関するトピックスが生まれています。大きく時代が動いている気配・・・! 時代の波に乗り遅れないように理解を深め、読者の皆さまに少しでも役に立てる記事を書いていきます!じっちゃんの名にかけて!