進むAIとIoTの融合!分野別に事例を紹介

AIとIoTの融合が融合するイメージ

AI(人工知能)はスマホやお掃除ロボット等の身近な商品にも活用されており、すでに私達の生活になくてはならないものになっていますよね。さらに最近は、このAI(人工知能)にIoTを組み合わせるという新たな手法が主流になりつつあります。

例えば、 AI(人工知能)とIoTの役割をザックリ整理すると以下のようになります。

AI(人工知能):データを分析する
IoT:データを収集する

従来より、製造業では工場内に設定された各種センサーで収集した情報を元に人間が課題分析することが行われてきましたが、収集した情報をインターネット経由とすること(IoT)、また従来非常に手間と時間がかかっていた分析作業をAI(人工知能)が行う手法が、製造業だけでなく一般オフィスや家庭においても活用され始めているんです。

そこで今回、新たな課題解決手法として注目を集めているAI(人工知能)とIoTの適用事例を家庭、製造、物流、セキュリティ、働き方および農業といった分野別にお伝えします。

家庭:利用者の嗜好や習慣を追求

IoTレンジ、IoT冷蔵庫のあるキッチン

AIとIoTによって電子レンジが毎日のレシピを自動作成!

最初にお伝えするAI(人工知能)とIoTとの組合せ適用事例は皆さんも日々使用されている電子レンジです。

この電子レンジ、なんと、AI(人工知能)による会話機能およびインターネット接続機能を持っているんです。

AI(人工知能)は天気や季節、さらには今までの調理履歴をもとに、まるで人と会話しているかのような感覚で電子レンジが料理の相談に乗ってくれます。

また、会話を重ねることにより学習した利用者の嗜好に基づき、インターネットよりお薦めレシピを見つけてくれる、なんてことまでやってくれます。

AIとIoTによるスマートホームシステムで快適な居住空間を提案!

アメリカのベンチャー企業BOTによるAI(人工知能)とIoTの組合せ適用事例で、利用者(入居者)の生活習慣を学習することにより快適な住居空間を提供するものです。

利用者のカーテンの開け方/閉め方(開ける時刻/閉める時刻)、照明をつける/消す時刻やタイミングを収集のうえAI(人工知能)が学習分析、利用者が何もしなくても、カーテンの開け閉めや照明の操作をしてくれます。

利用者が何も言わなくても指示しなくても対応してくれるなんて本当に便利ですよね。

製造:品質改善および在庫削減を追求

自動車の製造ラインのイメージ

AIとIoTが製造現場における品質検査の自動化を実現!

日本電気が提供する品質検査ソリューションで、製造現場の検査工程にある製品の撮影データを収集、AI(人工知能)が撮影データより良品/不良品の特徴量を抽出分析し良品か不良品かの判定を行うというものです。

具体的には、AI(人工知能)が撮影データよりキズや汚れ等の不良品の特徴量を自動検出し学習します。この学習結果をもとに良品/不良品を判定するモデルを生成、本モデルに従い製品の良品/不良品の判定を1個あたり数秒程度の速さで行います。更に、大きさや形状が異なる等、個体差のある製品に対しても学習結果を応用することが可能です。

工場における不良品の解析時間がAIとIoTにより1/3に短縮!

東芝によるAI(人工知能)とIoTの組合せ適用事例で、半導体製造工場現場で発生した不良品に関するデータ(どの製造装置で処理されたか等)をAI(人工知能)が分析、不良発生傾向と発生装置候補を提示します。

具体的には、不良製品のパターン(半導体部品のどの位置にどのような欠陥が生じたか)と、不良発生の原因となった工程や装置の関係を、全ての製品と全ての不良製品のパターンについてAI(人工知能)が学習し分類します。この学習結果に基づきAI(人工知能)が提示する不良発生傾向と発生装置候補の情報により、1件の不良品解析に要する時間を従来の約6時間から約2時間に短縮することができました。

AIとIoTを活用した需要予測により在庫45%削減を実現!

NECプラットフォームズ甲府事業所におけるコンピュータ製造の需要予測業務へのAI(人工知能)とIoTの活用により、45%の在庫削減を実現できた事例です。日本電気は今後、本ソリューションの販売も検討しているようです。

具体的には、製造部門で収集した各種ビッグデータよりAI(人工知能)が複数のデータ間の規則性を抽出、次に、分析データ(IAサーバの過去売上実績、マクロ経済指標、社会的イベント情報など)の状況に応じて使用する規則性を自動で切り替えることにより、従来の機械学習よりも高精度な予測が可能となりました。

物流:作業内容の見える化を追求

物流倉庫のイメージ

物流倉庫内における作業内容をAIとIoTが見える化!

東芝が提供するソリューションで、作業者(ヒト)の複雑な作業内容を見える化するソリューションです。

作業者が装着しているリストバンドで測定される(作業者の)腕の動きの加速度データを収集、AI(人工知能)が作業内容を推定することにより作業内容の見える化を実現しました。

見える化できた作業内容データを分析することにより、約15%の生産性改善できたというからスゴイですよね。

AIとIoTが運転中の危険走行の見える化を実現!

NTTコミュニケーションズが提供するソリューションで、トラック等の貨物自動車に取り付けたドライブレコーダーが収集した映像および各種センサーが収集したデータ(車両のスピードや加速度等)を、AI(人工知能)が分析し事故につながりかねない危険な運転状況等を検出し報告するサービスです。

なお、AI(人工知能)の危険度判定能力向上のため、ヒヤリハットデータを事前に学習させる工夫を行ってます。

セキュリティ:顔判定による人物確認の追求

顔認証システムのイメージ

AIとIoTの組合せによる顔認証カメラシステム

大興電子がAI(人工知能)とIoTの組み合わせにより特定人物監視および本人確認を提供する事例で、防犯カメラや監視カメラで収集した顔映像を、AI(人工知能)が事前に登録された顔写真画像と照合分析することにより同一人物かどうかを判断します。

また、照合分析のシステムは世界最高峰の認証精度と認証速度を誇る日本電気製を使用しております。

働き方:従業員の活性化を追求

スマートウォッチを身に着けているイメージ

組織活性化をAIとIoTの組合せにより実現!

近年、働き方改革に取り組む企業が増えてます。本サービスは日立製作所が提供するサービスで、AI(人工知能)IoTと融合により組織の活性化を測定するという事例です。

具体的には、従業員の名刺型ウェアラブルセンサー(加速度センサー、赤外線センサー)で収集した、従業員一人ひとりの無意識の行動データをAI(人工知能)で分析することにより組織の活性度を可視化するものです。

気分が良い時は人は無意識に細かい動きを長く続け、ストレスある場合には長く動き続けることができず単調な動きになる、等の人間の行動特性に基づきAI(人工知能)が判断します。名札型ウエアラブルセンサーは50回/1秒の頻度で体の動きを計測し続け、タイピングや頷きなどの小さな動きも検出可能というから高性能ですよね。

農業:栽培の安定化および効率化の追求

栽培の研究所のイメージ

農業IoTソリューション「e-kakashi」

日立製作所およびPSソリューションズ等が提供する、AI(人工知能)とIoTによる農業IoTソリューションです。

田畑より収集した温湿度、日射量、土壌内の温度や水分量、CO2等の環境情報や生育情報を植物科学に基づいたAI(人工知能)で分析し、農作物の生育ステージごとに重要な生長要因、阻害要因を特定しリスクと対処方法を提案します。また、栽培に関する知見を「ek レシピ」として記録のうえ複数の利用者間で共有することもできます。

さて、昨今注目を集めているAI(人工知能)とIoTの組み合わせの適用事例をお伝えしました。

やはり製造業に関する事例が多いようですが、家庭や農業あるいは一般オフィスにまで展開されているとは驚きですよね。特に一般オフィスにおける組織活性化支援サービスは、まさにAI(人工知能)とIoTとの組み合わせならではの適用事例ではないでしょうか。

従来より企業は社内で収集した大量のデータを分析することにより課題解決を進めてきました。人間の経験や勘に頼っていた大量のデータ分析業務についてAI(人工知能)が果たす役割は極めて大きく、今後、各企業で活用が進んでゆくことでしょう。そうなればきっと、AIとIoTはもっとわたしたちの身近な存在になっていくはずですよね。

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

タケル
AIZINE編集部のタケルです!

僕は、AIの記事の読んで収集するのが趣味なんです!AI、IoTなどなど現在の最先端の人工知能に関する面白そうな記事をたくさんたくさんご紹介していきます!

「AIなんて苦手!」という方でも楽しんでいただける記事ですので、読んでもらえたら嬉しいです!