10年後のAIで伸びる仕事、なくなる仕事。業種別解説

10年後のAIで伸びる仕事、なくなる仕事。業種別解説イメージ

AI(人工知能)は最近よく耳にするようになった言葉ですよね。未来に何かを実現する可能性というよりは、世界を席巻する日が、目の前に訪れようとしています。ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、本当にすごいんです。AI(人工知能)とは、人間の知的能力をコンピュータ上で実現する、つまり人工知能(AI)のことをいいます。

例えば人工知能(AI)によって、世界の最強囲碁棋士を倒したというニュースは見た人もいるのではないでしょうか。最近では、がんを特定する医療技術に応用されたニュースも大きく取り上げられています。もちろん「両方知ってるよ」という人も多くいるかもしれませんが、AI(人工知能)は、ビッグデータをもとにさまざまな答えを導き出します。

その他の例で言えばアンケートなどもそうです。実際に参加した方も多いかもしれません。世界中でインターネットが普及している今、検索サイトは相当な数で行われています。

このように人間の行動や心理はあらゆる角度から分析され、一つの答えへと導き出します。データが膨大であればあるほど、導きだされた答えはより正確性を持ったものとなり、データを蓄積する流れは止まることを知りません。

そう、ビッグデータをもとに、コンピュータ上で実現するAI(人工知能)の技術はまさに革新的なのです。

そこで今回は、AI(人工知能)によって導かれた10年後伸びる仕事及びなくなる仕事を業種別に解説していきます。特に、伸びる仕事は良いですが、なくなる仕事と聞くと、少し不安に感じられますよね。ですので、今日はAI(人工知能)で伸びる仕事、なくなる仕事をお伝えします。

AI(人工知能)でこれから飛躍的に伸びる仕事

AI(人工知能)でこれから飛躍的に伸びる仕事イメージ

医療分野

医療分野では、AI(人工知能)の活用によって目覚ましく発展することは間違いないといえます。特に、がん細胞の特定に成功した件はニュースでも取り上げられていましたよね。AI(人工知能)は、かなりの数の画像データから解析しており、正確性がより増しているため、がんの「早期発見」へと導きます。

現在の医療技術では内視鏡検査で取り逃がしているケースが多いことが実態としてあげられますが、本当に怖い話です。がんに関わらず、早期発見によって助かる病気は数多いです。AI(人工知能)の応用によって重い病気になるリスクが減り、健康で長生きできることは多くの人が望む最大の課題です。

IoT分野

IoTとは「Internet of Things」の頭文字で、簡単にいうと、モノ(物)とインターネットの相互連携によって実現される様々なものです。「それは何なの?」と思われた人もいるかも知れませんね。経済雑誌をよく読まれる方は、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

例えば、自動車の自動運転化は、実現するのは時間の問題といわれていますが、安全性が高まることは、事故件数が減ることにつながります。自動車の自動運転なんて今までは考えたこともなかったですよね。

また、監視カメラなどのセンサーは至るところにありますが、センサーで読み取れる情報は莫大な数になります。監視カメラで犯人検挙の可能性が高まるだけでなく、自動ドアをくぐるだけで、その人の体調を割り出し、危険と感じたら通報なんてことも可能性として考えられます。

インターネットとモノ(物)がつながるだけで、様々なサービスを私達にもたらしてくれる可能性は未知数です。わくわくしますよね。インターネットとモノ(物)がつながることは、世の中を便利にしてくれることは間違いありません。

現在、我が国でも自然災害がとても多く、家族が悲痛な思いをしている悲しい光景は目も当てられません。災害にかかる莫大なコストを考えた場合、未然に災害を予知できるシステムの設置が望まれ、こういったシステムが至る所にできることを願ってやみません。

情報ビジネス分野

今までは、会社が不景気になり仕事がなくなると倒産という現実があります。しかし、AI(人工知能)では2次対応が可能になります。「今度はどういうことなの?」ともうわけが分かりませんよね。AI(人工知能)では、ビッグデータから不景気になると、人間はどう行動するのかというデータを分析することが可能です。

例えば、人間は不景気になると多くの人が節約志向になりますが、こういったケースでは、「何が売れるのか」という情報を割り出し、企業に売り込むことができます。情報を提供することで、新しい仕事を生み出すことがAI(人工知能)によって実現されるのです。

AI(人工知能)の情報を蓄積する流れは止まることを知らず、新しい仕事からまた新たなビジネスが生まれる可能性が出てきます。つまり、情報を提供する経営コンサルタントのような仕事が、情報を整理し有効活用するためにも必要とされます。

AI(人工知能)でなくなる仕事3選

AI(人工知能)でなくなる仕事3選イメージ

製造分野

かなり多くの方が、倉庫や工場の仕事で働いています。AI(人工知能)でなくなる仕事を考えた場合、機械のオートメーション化やロボットの普及によって、製造分野の仕事が大打撃を受けることは間違いありません。

会社にとっては、AI(人工知能)を活用するためのコストの問題もありますが、大企業がAI(人工知能)を活用すると、おのずとその取引業者も導入せざるを得ない状況に追いやられる流れはもっともなことです。もしお金が用意できなければ、倒産という2次的影響も考慮にいれなければいけません。

小売店分野

小売店でのレジ係は、同様に機械やロボットでオートメーション化できます。ロボットは機械のように固定の場所で作業をする必要がないので、売り場の管理も自動的に行うことができます。

自動車のような遠くまで移動できるような乗り物まで自動化できる技術ができようとしているのですから、店舗のような近距離の移動であれば、ロボットで代用できます。さらに、ロボットにビッグデータを活用することによって、売り場の管理も効率よく行うための学習をさせることが可能です。

初期投資を考えればコストは大きくなりますが、ロボットは人のように税金がかかりません。社会保険料に加入する必要はありませんし、所得税で源泉徴収をする必要もありません。税金に苦しんでいる立場からすれば、うらやましいですよね。

冗談は抜きにして、現実問題として会社は人件費の高さにとても悩んでおり、「人件費」って本当に耳に痛い話だと実感できます。ロボットを活用することはコストがかかる反面、コスト削減にも大きく役立てられます。

その他、業界そのものがなくなるわけではないが、人をAI(人工知能)によってロボットや機械で代替できるもの全て

AI(人工知能)によって、今まで人が行っていることを機械やロボットで代替できるものは、全て人の仕事はなくなります。AI(人工知能)でなくなる仕事を少し想像してみてください。かなり多くのなくなる仕事が思い浮かびますよね。

先ほど述べた小売店のレジ係は、銀行の窓口やあらゆる施設のインフォメーションに応用でき、センサー技術にAI(人工知能)を組み込むことによって、警備員や監視員などのような仕事も代替できます。さらに、自動車の自動運転はタクシーや路線バスのような公共機関に応用することができます。

これからAI(人工知能)によってなくなる仕事を現実にあてはめた場合、あまりの多さに他人事ではなくなりますよね。世界一の経済国である米国では、今後10~20年の間に米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いという結論に至っています。

英オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授の論文「雇用の未来」
http://www.oxfordmartin.ox.ac.uk/downloads/academic/The_Future_of_Employment.pdf

10年後のAIで伸びる仕事、なくなる仕事。業種別解説イメージ

今回お伝えしたように、AI(人工知能)で伸びる仕事とAI(人工知能)でなくなる仕事との違いは、AI(人工知能)を未来に向けて活用できるかどうかということです。AI(人工知能)の市場はこれからどんどん大きくなり、飛躍的に伸びることは間違いありません。一方で、AI(人工知能)でなくなる仕事は、AI(人工知能)の画期的技術によって淘汰されていきます。

AI(人工知能)によってなくなる仕事への不安は、新しい仕事を生み出す糧にしなくてはいけません。もちろんAI(人工知能)によって生み出された仕事で、また多くの人材が必要になるケースも考えられます。ですのでAI(人工知能)で伸びる仕事とAI(人工知能)でなくなる仕事との関係をうまくつなぐことが課題と言えるでしょう。

しかしAI(人工知能)の発展に上手く歩調を合わせることで、私達の生活を便利にしてくれることは間違いありませんし、新しいことを創造できる分野は、AI(人工知能)の発展とともに、今後も活路を見い出すことになります。さらに、デザイナーなどの個性を活かす仕事は、いつまでも新しい個性を生み出すので、個が量を駆逐する仕事はいつまでも働き続けられる事でしょう。

とはいえ、悲観的なことばかりではなく新規に生み出された事業に関しては、まだデータの蓄積ができていない分野なので、さらに発展していく可能性が秘められています。ですので10年後に「しまった!!」となってしまわないように、このようなAI(人工知能)動向をこれからしっかり追いかけていきましょう。

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

タケル
AIZINE編集部のタケルです!

僕は、AIの記事の読んで収集するのが趣味なんです!AI、IoTなどなど現在の最先端の人工知能に関する面白そうな記事をたくさんたくさんご紹介していきます!

「AIなんて苦手!」という方でも楽しんでいただける記事ですので、読んでもらえたら嬉しいです!