金融革命!気になるAI(人工知能)株価予測の実力とは

金融革命!気になるAI(人工知能)株価予測の実力とは

皆さんは、AI(人工知能)は世界のビジネスにおいて様々な場所で活用が進んでいることをご存知ですよね。今や多くの場面での活用が期待されていますが、その特徴を利用して株価を予測するAI(人工知能)が注目されています。一体どのようにして株価予測にAI(人工知能)が使われるのか、ちょっと気になってきませんか。

最近ではAI(人工知能)を生活の中で実用的に使える機会が増えてきており、スマートスピーカーやスマートハウスなど、身近な場面での利用が増えてきているイメージがあるでしょう。また、将棋や囲碁、医療分野など様々なところで活躍が期待されているようなニュースを目にすることもあるでしょう。

しかし実は、AI家電など身近な生活の中だけでなく、世界中のビジネスにおいてもAI(人工知能)が活躍しており、特にAI(人工知能)を用いて株価を予測するということが注目を浴びています。これまでの株価予測とAI(人工知能)による株価予測ではどこが違うのだろうと思われるかもしれませんが、従来よりも効果があるとすればどのようなものなのかちょっと知りたくなってきたのではないでしょうか。

そこで今回は、AI(人工知能)を使った株価予測について、従来の株価予測との違いやその実力、またどうして注目されているかということについて、さっそくその中身をこれからお伝えしていきます。

AIによる株価予測はこれまでのものよりも有効な予測が可能

個人投資家でもAIによって株価予測を行うようになってきている

従来の統計的な株価予測の手法よりも、AI(人工知能)を用いた株価予測はより高い精度を実現することが可能になるというのです。金融業界全体でもAI(人工知能)を活用して未来を予測することにより、得られた予測結果をビジネスに活かしていこうという試みが行われていますが、その中でも株価予測には非常に力が入れられているようなのです、いったいどういうことなのでしょう。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券で試みられている日経平均株価の騰落予測では、1か月後に株価が上昇するか下落するかという2つの選択肢の中でAI(人工知能)に予測させた結果、2015年では90%の確率で的中したという精度を発揮しているというのです、これは非常に驚く数字だといえます。

では、AI(人工知能)はどのような流れで未来の株価を予測しているかというと、まず、

過去の株価指数や為替レートなどの膨大なデータから「決定木分析」という統計手法を用いて相関関係を導き出していき、どのような相関があるのかを分析しくことから始まります。ここからさらに、株価決定要因を細分化して景気の状態や産業の生産指数などの選択肢によって枝分かれしたモデルというものに落とし込んでいきます。

少し複雑でしょうか。

何はともあれこうして、膨大な分析や計算をAI(人工知能)が繰り返してくれることによって、より精度の高い株価予測が可能になるというのです、何だかとても驚いてしまいます。こうしてできた予測結果は、従来の方法よりも精度が高いので、これからの株価予測には有効な手段となるということにも納得できますよね。

大和証券でも、AI(人工知能)を用いた株価予測モデルを用いた銘柄情報の提供が2017年より行われています。この大和証券では、

予測モデルの概要として緩やかに上昇する銘柄の予測、各銘柄の財務情報を利用して分析を行うこと、決算パターンごとの発表後の値動きを学習することによって、上昇銘柄の予測が可能であるという3つのポイント

を挙げています。

もちろん予測ですから、すべてAI(人工知能)の予測したような結果が得られるというわけではありません。しかし、AI(人工知能)を活用することによって従来よりも効率的にかつ精度が高い株価予測を可能にするということで、各証券会社では、すでにAI(人工知能)を用いた株価予測が続々と行われているのです。

個人投資家でもAIによって株価予測を行うようになってきている

個人投資家でもAIによって株価予測を行うようになってきている

ここまでで、AI(人工知能)による株価予測はこれまでのものよりも高い精度で効率的に予測を行うことができ、大手証券会社などもすでに活用や研究を行っているということがお分かりいただけましたよね。大手の会社だけでなく、AI(人工知能)による株価予測は個人投資家にとっても非常に有効な投資方法となるのです。AI(人工知能)がどのようにして未来の株価予測を行うかは、先ほど説明したように、過去の膨大なデータの中から必要なデータを抽出・分析することによって予測モデルを作り出すという流れで行われていました。

このように、大手証券会社がAI(人工知能)を用いて精度の高い株価予測を行っていくのに対し、個人の投資家にとっては何も情報が入ってこないとなると非常に苦しいものとなっていくのでは、と思われた方もたくさんいらっしゃるでしょう。確かに、個人投資家の人たちも、それぞれがAI(人工知能)による株価予測を活用していくことが求められていく状況にあるといえます。

その場合、個人投資家の人がAI(人工知能)を活用した株価の予測を行いたいといった場合には、2つの方法があります。

1つは人工知能による株価予測を行っている投資信託を使って株の投資を行うことです。これまで紹介してきたように、すでに大手企業ではAI(人工知能)を用いた株価予測が行われており、これからもどんどん継続して規模が拡大されていくことでしょう。そこで、AI(人工知能)に株の予測を託して運用してみるという方法がまず一つの有効な手段だといえます。

もう1つは、AI(人工知能)と自分の株に関する知識をもとに株価の予測を行っていくことです。AI(人工知能)の株価予測といっても万能ではない部分もありそうですよね。確かに、現時点ではまだ展開が始まったばかりという面があり、確実な予測ができていて、精度が安定しているという場合がすべてとは言えないでしょう。そのため、これまでの自分の株に関する経験も合わせて株価の予測を行っていき、自分なりに投資をしていくことも考えることができるといえます。それもAIを効果的に利用している一つの方法といえるでしょう。

しかし、こうしている間にもAI(人工知能)は蓄積され続けている膨大なデータから、さらに高い精度の株価予測を行うために、日々学習を続けていますよね。いずれは単なる株価指数だけでなく、それから人がどう株の取り引きを行うかという人の動きまでも予測できるようなAI(人工知能)が現れてくるとも考えられています。そういったことを考えると、これからはもっとAI(人工知能)を活用した株価予測が一般的で精度の高いものになっていく、そうなる気がしてこないでしょうか。

 

金融革命!気になるAI(人工知能)株価予測の実力とはまとめ

このように、AI(人工知能)の学習と予測の特徴を用いて株価予測を行うことにより、近年高い精度の株価予測が可能になってきていることと、それに合わせて株価予測というもいのが注目を浴びているということがお分かりいただけましたよね。

AIは最近になって色々なところでの活躍が期待されており、私たちの身近な生活にも浸透し始めている技術です。また、ビジネス全体でAI(人工知能)の活躍が期待されており、中でも膨大な過去の統計データを分析して得られる結果で経済の動きを読み解いていこうとする金融業界では、AI(人工知能)を用いた株価予測がとても大きな注目を浴びているといえます。すでにAI(人工知能)が行った株価予測を用いる企業も存在するなど、今後さらに高い精度での予測が可能になることが期待されていることがお分かりいただけましたよね。

AI(人工知能)の存在によって、これまでの株価予測とはまた違った予測が可能となるため、今後どのように進化していくのか注目していくと同時に、さらに株価予測をうまく行えるようになっていくといいですよね。

参照元 FX取引を人口知能(AI)が判断するアプリが登場
AI外貨予測 じぶん銀行

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

そねあす
AIZINE編集部のそねあすです。記事の編集を担当しています!

もともとデザインやHTML、CSSと仲良くしていたつもりがあれよあれよと編集の世界に。AI(人工知能)は作れないけど興味深々なんでまずはSiriを使いこなしてみようと模索中です。

編集初心者が、自動運転やAI家電、AI(人工知能)を使った未来まで 日々変化していくAI(人工知能)のニュースをお届けします!