ハッカーvs AIのバトルが勃発? これからあるべきセキュリティの形とは

次世代のセキュリティイメージ

インターネットには様々な危険が溢れていますが、そんな中で人間並みの知性を持ち、不眠不休のAI(人工知能)がセキュリティを担ってくれたら、こんな安心なことはありませんよね。今やインターネットは私たちの生活に欠くことの出来ないインフラとなりました。私たちはインターネットに大切な個人情報を入力することも多々あります。

けれども、そうした私たちの大切な個人情報は、常にインターネット上で不正に盗み取られる危険にさらされています。インターネット上でなければ、私たちは個人情報を守るために、物理的に見られないように気を遣えばよいのでした。では、インターネット上ではどのような防御方法があるのでしょうか。

これまでインターネット上では、様々なセキュリティソフトが開発されてきました。しかしハッカーなど不正な情報取得者は、そのセキュリティの網の目をくぐり、侵入してきたことも事実です。そうした中で近年、AI(人工知能)を活用したセキュリティが注目を集めています。今日はそうした、これからあるべきセキュリティの形として、AI(人工知能)のセキュリティ活用についてお話いたしましょう。

AI(人工知能)によるマルウェアの検出

セキュリティのイメージ

まず、AI(人工知能)がセキュリティのために活用される例として、AI(人工知能)マルウェアの検出という機能を挙げましょう。マルウェアとは、不正かつ有害に動作させる意図で作成された悪意のあるソフトウェアの総称のことを言います。つまり、AI(人工知能)はそのマルウェアの発見に貢献するということです。

AI(人工知能)は、人間の知性をコンピュータ上で実現する技術のことを指します。ここで人間の知性といいましたが、AI(人工知能)の特徴は、一人の人間が扱いきれない大量のデータをミス無く処理できるという点にあります。

だからセキュリティのために、AI(人工知能)がマルウェアのパターンを大量に分析しておけば、人間よりも正確に、現在接続しているソフトウェアなどがマルウェアであるかどうか、特定することが出来るというわけです。

更にこのセキュリティのためのAI(人工知能)の活用は、既存のパターンを改変した未知のマルウェアの検出にも応用することが出来る点でも、優れたものでありました。

AI(人工知能)によるログの監視・解析

ログの監視イメージ

次のAI(人工知能)をセキュリティに活用した例は、AI(人工知能)ログの監視と解析です。このログとはデータログのことを指し、コンピュータが自動的に障害時の対策のために記録している時系列のデータを意味します。

そこでAI(人工知能)はセキュリティ対策のために大量のデータログを解析し、正常時の特徴と、攻撃を受けた時の特徴を学習します。こうした学習をもとにしてAI(人工知能)は現在のインターネット接続を分析し、数分間のログデータがどちらの特徴に近いか判定するのです。

このようなログの監視や解析は、これまで人力で行っていました。熟練したオペレータが手作業で怪しいログを検知し、ハッカーからの攻撃かどうかを判断します。けれども、そうした熟練したオペレータの数が足りないという現状がありました。そこでセキュリティに特化したAI(人工知能)が代替え出来れば、オペレータの人手不足も解決することになるでしょう。

AI(人工知能)による継続的な認証

安全な認証のイメージ

更なるAI(人工知能)をセキュリティに活用した事例として、AI(人工知能)による継続的な認証についてお話ししましょう。インターネット上の認証とは、皆さんにとって、ログイン時のユーザー認証が身近ではないでしょうか。

その認証はログイン時に要求されますが、それに一度成功すればそれ以後、何回も認証が求められることはありません。しかし、知っていましたでしょうか、初回の認証から五分も過ぎれば、既にハッカーなどの不正なアクセスに晒されているのです。

それに対して十分おきにでもIDやパスワードの入力を繰り返し求めることで、そうした不正なアクセスを防ぐことも出来るでしょう。けれども、十分おきに面倒なユーザー確認をしなければならないサービスなんて、あまり使う気がしませんよね。

そこでAI(人工知能)の出番です。AI(人工知能)は継続的な認証に、これまでのようにIDやパスワードではなく、別のユーザー情報を使用します。その別のユーザー情報とは、アクセス時刻や場所の変化だけではなく、マウスの軌道やタイピング速度などの個人的な情報も含んでいるのです。

AI(人工知能)はこうした細かい情報を瞬間毎に記録し、その集積した大量のデータを解析して、使用者が正しいユーザーかどうかを判断します。このような多量のデータ処理を瞬間的にこなすことは、とても人間には不可能であり、AI(人工知能)の面目躍如といえるでしょう。

AI(人工知能)のセキュリティイメージ

これまで、これからあるべきセキュリティの形として、AI(人工知能)のセキュリティ活用についてお話しいたしました。AI(人工知能)は大量の事例を学習して、マルウェアの検出や、不正なログなどを発見してくれます。

またユーザー情報に関しても、人間が及びつかないほど細かく把握し、継続的な認証の負担を軽減してくれました。こうしたAI(人工知能)を活用したセキュリティは、人間が達成しようと思っても出来なかったセキュリティの一つの理想といえるでしょう。

わたしたちは日々、大量の情報に晒されており、その中には不正なアクセスを狙ってくるハッカーがいるかもしれません。けれどもAI(人工知能)は大量の情報を学習したお蔭で、私たちが気づくより前に、そうした不正なアクセスを防御してくれるでしょう。

まさにAI(人工知能)がハッカーの考えを先取りして追い込んでいるようですね。こうしたAI(人工知能)の技術はこれからも進歩していくに違いありません。そしてどんどんハッカーを追い詰めれば、ハッカーvs AIのバトルも終わりを迎え、私たちがAI(人工知能)と共に勝利を手にする日も近いでしょう。

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

そねあす
AIZINE編集部のそねあすです。記事の編集を担当しています!

もともとデザインやHTML、CSSと仲良くしていたつもりがあれよあれよと編集の世界に。AI(人工知能)は作れないけど興味深々なんでまずはSiriを使いこなしてみようと模索中です。

編集初心者が、自動運転やAI家電、AI(人工知能)を使った未来まで 日々変化していくAI(人工知能)のニュースをお届けします!