次はあなたがマイクロチップ人間に!気になる値段・痛み・副作用

次はあなたがマイクロチップ人間に!気になる値段・痛み・副作用

マイクロチップを人間の体に埋め込み、それが社員証や定期券になったりしてカードレスで管理する時代になると言われていますが、異物を体に埋め込むのってちょっと怖いですよね。

また、マイクロチップを入れた人間はどこにいてもGPSで突き止められるとか、遠隔操作されるとか、体への影響だけではなく、嘘か本当かわからないそんな管理のされ方もやっぱり怖い!

それが主流になると言われても、恐怖心を拭い去れない原因は、きっとマイクロチップがどんな形で、何でできていて、どんな風に埋め込み、何の役に立つのかなど、な〜んにも知らないからだと考えました。人間誰しも知らないことには不安を感じるものですよね。

そこで今回は、まずこの記事を読んでから他のマイクロチップの記事を読んでいただければ100倍スっとわかっちゃうような、基礎的な事や、値段、痛み、副作用などなど、マイクロチップを人間に埋め込む時の基本の「き」をお伝えします。

そもそもマイクロチップとは何かを簡単に説明してみた

そもそもマイクロチップとは何か。初期型コンピューターの画像

by www.cl.cam.ac.uk

マイクロチップとは、いわゆるICのことで、「ICチップ」などよく耳にしますよね。では、ICとは何かと言うと集積回路のことです。その、集積回路を思いっきり簡単に説明すると「電気回路の部品をいくつか合体させて、1つの部品にしたもの」なんです!いくつか合体と書きましたが、何千個とか何万個のレベルなので、それだけでものすご〜く複雑なものって伝わりますよね。

もともと、ICチップが発明される前のコンピューターは1万本以上の真空管が必要で、約100㎡のスペースを占めていたそうですが、もっと小さく!もっと情報を持たせたい!と考えた2人の電気技師、ロバート・ノイスとジャック・キルビーの真摯な努力から1959年にマイクロチップは誕生したのです。

つまり、「マイクロチップ=ICチップ=集積回路=ものすごい数の電気回路がギュッと小さく収まったもの」ということになります。
マイクロチップはコンピューター、携帯電話、衛星、家電製品、飛行機、電子レンジ、洗濯機、iPod、自動車、インターネット、補聴器など様々な電子機器の中核を担い、人間に埋め込むまでに目まぐるしい発展を遂げてきました。

まずはマイクロチップの見た目を知りたい!

マイクロチップ人間用の画像マイクロチップの大きさは直径2mm、全長約12mmの円筒形でサイズ感としてはお米2粒程度で、まぁ・・・「何とかぎりぎり埋め込みOK出せるくらいの異物サイズ」というところでしょうか。

表面は生体適合ガラス(体が異物と認識して排除しようとしない、鉛を含まないガラス)で覆われていて、両端は丸く処理されていて完全密封され、さらに体内を移動しないように、細かいデコボコをつけるという工夫まで施されている場合もあるそう。ガラス製と聞くと、破損事故など起こりそうで不安になりますが、現在の所そのような報告はありませんでした。

マイクロチップを人間のどこに埋め込むの?やっぱり痛いの?

マイクロチップを人間に埋め込む場所マイクロチップを人間に埋め込むときは、専用の使い捨て注射器のような挿入器で、手の親指と人差指の間に埋め込むのが一般的です。

お米2粒サイズのマイクロチップの埋め込みなので、通常の注射器の針に比べると、ちょっと針が太く躊躇しますが「一瞬で注入できるので大丈夫!痛くない!」の精神で行けるレベルとのこと。もちろん注射のような痛みがあり、1日〜数日は腫れるそうですが、いずれ傷跡も薄くなりなじんでいくので、そんなにハードルの高い手術ではないと言えます。

ちなみにうちの社長も「人工知能の会社だから社長としてこれくらいやらないと!」とマイクロチップを入れたのですが、言われないとわからないくらいの小さな傷跡で、親指の付け根あたりをさわるとコリコリとして不思議な感じです。。。そんな社長のリアルなマイクロチップ体験談はこちら。

実際にマイクロチップを人間に埋め込んで出来ることとは

実際にマイクロチップを人間に埋め込んで出来ることとはのイメージ国と企業が率先して大規模にマイクロチップを人間に埋込み、様々な機能と連携させている国といえば、お金の電子化先進国である北欧スウェーデンです。

例えば、オフィスの入退室時の鍵やコピー機の利用、飲み物の購入など、カードキーが使われそうな様々なシーンでマイクロチップが使用されていたり、電車では車内検札時にマイクロチップをスキャンし乗車料金を徴収できる、Suicaのような役割も担っているそうです。

現金決済率が日本は60%の中、スウェーデンは2%とすでに現金お断りのお店も多く、「財布」と「鍵」を持ち歩く必要がない未来がすぐそこまで迫っています。

日本でも電子マネー化が進んでいるので、マイクロチップによる「カードレスライフ」に魅力を感じた方も多いかもしれませんが、早まってはいけません!こんなにマイクロチップを利用したサービスが普及しているのは、スウェーデンのお話で日本ではありません。

現在、日本でマイクロチップ埋め込みによる恩恵はごくごく僅かで、パスワードを記録するなど悲しいくらいに機能は少なく、 GPSを搭載も不可能なので追跡される心配もありません。カードレス化を実現させるような、企業とコラボしたサービス対応が増えるのもまだまだ先になりそう。

二度目の登場になります、せっかくマイクロチップを入れたのに、どれくらい出来ることが少ないか解説している、ちょと切ないうちの社長のインタビュー記事がこちら。

マイクロチップの耐用年数はどれくらい?

マイクロチップの耐用年数はどれくらいのイメージ日々の生活を便利にしてくれるマイクロチップですが、電池はどうなっているのか、一定期間で交換が必要なのか気になるところですよね。

マイクロチップは、情報を読み取る機械から発信された電波から、電磁誘導でマイクロチップ内に電力を発生させて、マイクロチップ内のデータを発信しています。つまり、受信することで電力が発生するので、マイクロチップ本体には電池が不要で、半永久的に使うことが出来るってことなんです。

少なくとも約30年程度は耐えられる設計なので、電池交換で何度も手術ということはなさそう。でも30年も使うより前に、新しいマイクロチップが出たら新機能に魅力を感じ、スマホのように度々アップグレードする予感がしますよね。

マイクロチップを人間に埋め込むことによる副作用

マイクロチップを人間に埋め込む副作用そして本当にマイクロチップを埋め込む日が来るのなら、絶対に気になるのが副作用ですよね。副作用について色々調べてみましたが、人間への大きな副作用は報告されていませんでした。

また、ペットへのマイクロチップ埋め込みに範囲を広げて調べると、1%の確率で癌が発生するとありましたが、関連性もハッキリせず噂の域を出ないので、今のところマイクロチップの人間への埋め込みの副作用は特になしと言えます。

長期間マイクロチップを入れることのトラブルより、まずは傷口が悪化しないかに注意をして、クリアできれば一安心と言えるでしょう。しかも、やっぱり取り出したい!と思ったらいつでもすぐに取り出すことが可能です。

でもお高いんでしょう?気になるマイクロチップを人間に埋め込む値段

マイクロチップを人間に埋め込む値段
率直に申します!ずばり2万円程度です。意外とお手頃価格と言うか、すぐにでもチャレンジできそうなお値段ですよね。

しかしこれまた残念ながら、現在日本では公式にマイクロチップの埋め込みをしているという機関の情報は、ほぼ見つかりませんでした。つまり自分で海外から輸入し、ボディピアス用のニードルなどで埋め込むか、そのようなお店を探すしかなさそう。

しかし、今後日本国内でもマイクロチップの人間への埋め込みに対応できるお店は、マイクロチップのサービス拡大と共にどんどん増えていくでしょう。

結局のところ、マイクロチップを人間に埋め込むのが日本に浸透するのはいつなのか

マイクロチップを人間に埋め込むのが日本に浸透するのはいつ日本で行われているマイナンバー制度は、いずれマイクロチップの埋め込みを義務化するための布石という噂もありますが、浸透するのはまだ先になるでしょう。

「両親にもらった体を傷つけるのは悪」という考え方が根強い日本では、ピアスさえためらう人もいるほどです。また美容整形や刺青をするが少ないのも日本人の特徴で、自然に生きることを美とする人種に受け入れられるには、もう少し時間がかかりそうです。

まとめ

いつかマイクロチップ人間になるかもしれない皆様、今回はマイクロチップが一体何なのか「基本のき」をお伝えしました。

  • マイクロチップとは=ICチップ=集積回路
  • マイクロチップの見た目は米2粒サイズのガラス筒
  • マイクロチップは手の親指と人差指の間に埋め込む
  • マイクロチップを人間に埋め込んで出来ること、日本では少ない
  • マイクロチップは電池いらずで半永久的
  • マイクロチップを人間に埋め込むことによる副作用はないと言える
  • マイクロチップを人間に埋め込む値段は意外と安かった
  • マイクロチップを人間に埋め込むのが日本に浸透するのはまだ先のお話

マイクロチップの全体像がわかり、遠隔操作だ!GPSで管理する!なんてことはまだまだ起こりえないとわかり、ちょっと安心できましたよね。でも、いつかマイクロチップを埋め込むか拒否するか、選択を迫られる日は必ずやって来ます。きちんと迷わず決断するためにも、マイクロチップの正しい知識や情報を増やしていきましょう。

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

タルミホ
これからの時代で生き残っていくには、AI(人工知能)を理解していないとマズイ。そんなのわかってる!でもどこから?何から勉強したらいいの?ってか、そもそもAIって何!?なAIライト級な方から、AI詳しいです。むしろ開発してますなAIヘビー級の方まで。
みなさまに「AIZINEが1番読みやすくて面白い。毎日チェックしてる」と言っていただける記事を提供すべく、日々更新に励むAI系☆女子です。