AI(人工知能)ニュース

大阪万博で10歳若返る技術が登場⁈AIを使った美容系サービス5つ

大阪万博で10歳若返る技術が登場⁈AIを使った美容系サービス5つのイメージ

2025年に開催される予定の大阪万博、絶対見に行くぞ!って今から張り切っている人もきっと多いですよね。55年ぶりに大阪で開催されることになった、大阪万博のテーマは「健康」「長寿」で、AI(人工知能)や最先端技術を駆使し、10歳若返るような体験型パビリオンもあるとか。

正式には「いのち輝く未来社会のデザイン」がメインテーマで、他にも「多様で心身ともに健康な生き方」や「持続可能な社会・経済システム」というサブテーマの発表がありましたが、要するにどういう感じ?それって面白いの?と感じていた人も、「10歳若返る」と聞くと、どうやって若返るの!?誰でも体験できるものなの!?と、興味湧いちゃいますよね笑

そこで、世界から注目される大阪万博だからこそ、実際にどんなAI(人工知能)技術や、その他の最新技術が立ち並ぶのかを今すぐ知りたい!思いでいっぱいのわたくし(タルミホ)が、本当に若返るパビリオンはできるのか、2025年の美容業界やサービスはどうなっているのか、大阪万博をまるっと予想しながらご紹介します!

不老不死も夢じゃない!AI(人工知能)と医療の発展で老化の速度を超える!

不老不死も夢じゃない!AI(人工知能)と医療の発展で老化の速度を超える!のイメージ

みなさんもご存知の通り日本は有名な長寿国で、平均寿命は男性で約81歳で世界3位、女性で約87歳で世界2位という発表がされています。右肩上がりのグラフを見ると一目瞭然!平均寿命はどんどん伸び続けています。

AI(人工知能)の発展によりこのスピードはますます上がり、さらに平均寿命が伸びるのは間違いないと言われており、AI(人工知能)研究の世界的権威レイ・カーツワイル氏は「2028年頃には医療の進化が、老化の速度を超える」と主張しています。

がん、心疾患、脳血管疾患という日本人の三大死因が、医療の進化により治せる病気になりつつあり、死亡率がどんどん低下していることもその証拠ですよね!

大阪万博 × AI(人工知能)に期待すること
AI(人工知能)の進化により、10歳若返る=10歳長く生きることは十分可能な域に到達しているのは間違いないと言えるでしょう。2025年の大阪万博では、今は難病と言われる病も、AI(人工知能)の活躍もあり、治せると感じられるような技術を目のあたりにできるかもしれません!
タルミホ
タルミホ

でも、個人的に気になるのは長生きではなくて、アンチエイジングの方の若返りなんです・・・!

そうそう!同感!というご意見の方が多いことを願い、アンチエイジング目線の「大阪万博 × AI(人工知能)=10歳若返る」を探っていきましょう!

遺伝子解析と整体データで可能!10歳若返るパビリオン

遺伝子解析と整体データで可能!10歳若返るパビリオンのイメージ

「アンチエイジングを専門としている立場から“10歳若返るパビリオン”を作ってみたい」と話されたのは、アンチエイジング業界の最前線で活躍されている、日本抗加齢協会の森下竜一さんです。アンチエイジングの第一人者の発言となれば、これは期待度も高いですよね!

パビリオンの入場ゲートにチケットをかざした瞬間からその人が何か体験するたびに、腕などに装着して利用するウェアラブルデバイスに生体データが蓄積されていって、エネルギー摂取量や消費量、さらには運動量などもわかるようにしておく。
こういう行動をすれば自分が若返るということを来館者に体感してもらい、日常生活に戻ってからも、その行動が継続できる仕掛けにしたいのです。
家庭画報.com

即効性が見えないから持続しにくい糖質制限や運動などのダイエットも、リアルタイムで効果を計測できればモチベーションも上がりますよね。

一般論ではなく、自分の体専用の「どのようにコントロールすれば、老化を防ぎ健康に若々しくいられるか」それを知れるのはすごいことです!

大阪万博 × AI(人工知能)に期待すること

森下先生も受けられたという「遺伝子解析によるアンチエイジング」が重要なキーワードになりそうです。2003年に、はじめてヒトゲノムの解析が行われたときは2900億円のコストがかかったそうですが、年々進化し、現在では1回1万円程度で可能なんです!当時は10年間もかかって解析した内容も、今ではたったの1日程度。

そして、AI(人工知能)を使えば膨大なデータから遺伝子の変異を見つけ出し、最適な食事や行動、薬やサプリメントの提案などが期待できます。

2025年の大阪万博が開催される頃にはAI(人工知能)が瞬間的にあなたの遺伝子の構造を分析し、その場でオーダーメイドの若返り法を教えてくれる・・・なんて夢の話ではないですよね。

タルミホ
タルミホ

このサプリを摂りながら、この食材を毎回食べて、この運動を1日3回してね!とか教えて欲しい〜

老いる速度も自由自在!老化の鍵は視床下部の幹細胞にあった!

老いる速度も自由自在!老化の鍵は視床下部の幹細胞にあった!

動物は加齢とともに視床下部にある神経幹細胞の数が減っていくこと、そして減るほどに老化を加速させているとさせていると、米アルベルト・アインシュタイン医学校の研究チームが明らかにしました。

ちなみに視床下部は図の位置にあり、自律神経の中枢部分になるので視覚や聴覚、皮膚の感覚や代謝などを大脳へ中継するという、めちゃくちゃな大切な部分です。視床下部って人間のあらゆる感覚のバロメーターということですよね。

そして、視床下部は全身の老化を調節していることも研究により判明しているんです!つまり、視床下部の神経幹細胞を意図的に増やすことで、なるべく老けない人になれる。それどころか、若返りも可能だということなんです!

大阪万博 × AI(人工知能)に期待すること
2025年の大阪万博までに人に適応できる技術になっているかというと・・・それはまだわかりませんが、幹細胞の画像をAI(人工知能)を使用して解析を行う技術はどんどん進んでいます。実際に体験できるかはさておき、老化を遅らせたり、若返りの可能性を強く感じさせてくれる、具体的なパビリオンの登場は間違いないと言えるでしょう!
タルミホ
タルミホ

もうここまで解明されているのなら、細胞レベルで若返りができる未来が期待できますよね!

人は見た目が100%!?AI(人工知能)がベストなあなたをコーディネート

人は見た目が100%!?AI(人工知能)があなたをコーディネートのイメージ

長年自分の体や顔と付き合っていると、何がベストなのかわからなくなってきますよね。この髪型やこのメイク、似合ってるのか似合ってないのか。芸能人のようにプロのヘアメイクや衣装さんが付いてるわけじゃないから、一番似合うものを選べてるか誰も教えてくれないし・・・

いえ!教えてくれるんです!AI(人工知能)を利用した「パーソナル美joyon診断」が男性にも女性にも本当に似合うヘアスタイルや、色、ファッションなどをアドバイスしてくれる、そんなサービスがはじまっているんです!

服を着たまま動いている状態で、専用カメラで撮影するとAI(人工知能)が画像分析を行い、骨格診断、パーソナルカラー診断、顔パーツの配置分析診断をしてくれます!その結果を基に思い通りの印象を手に入れることができるんです!

大阪万博 × AI(人工知能)に期待すること
やはり自分の好きなものと、似合うものって本当は違ったりするはずなんです。あなたの周りでも、髪を切ったら急に可愛くなったり若々しくなったり、一人くらいは出会ったことありますよね!それを意図的に引き起こすことが出来るということ!AI(人工知能)の確かで公平な目線で正しくアドバイスをもらえば、髪型1つ、眉毛の形1つでマイナス10歳も目指せるはずです。ヘアサロンでこのサービスはすでに使われているので、大阪万博でもそんなAI(人工知能)のサービスが登場する可能性は十分ありますよね。
タルミホ
タルミホ

AI(人工知能)が診断して、それを元にプロがヘアメイクしてくれたら・・・すごいことなりそう!

AI(人工知能)とIoTが実現させる近未来な鏡

AI(人工知能)とIoTが実現させる近未来な鏡のイメージ

鏡に写った自分と、そこから導き出した肌状態の分析やグラフ、メイクのシミュレーションも鏡に映し出し、まるで近未来SF映画のようなこの光景・・・もう現実に存在しているんです!

それがパナソニックが手がける、非接触センシング技術を使用した「スノービューティーミラー」で、カメラやモニターなどが搭載された未来的な鏡です。

電源とは無縁そうに思えた鏡が、まさかココまで来るとは驚きですが、それもそのはず。ユーザーの生活習慣や動線は変えないまま、暮らしに大きな変化や影響を与えられる製品は何かと検討した結果、毎朝使う鏡に行き着いたとのこと。確かに鏡を見ない日はないですから、納得ですよね。

「スノービューティーミラー」のコンセプトは「あなた専用の美(体内・体外:見た目・心の三位一体)への窓口を提供します」で、鏡に向き合えばシミや小じわなどの状態が一目瞭然で、こんなケアをしてみてはいかがですかと、ミラー側からのお肌のPDCAの提案や新しいメイクアップの提案もしてくれます。

それだけではなく、貼るだけでシミが消えちゃうメイクシールもオーダーメイドで作成してくれるんです。シールでメイク・・・つけ心地はどんな感じなのか気になるところですが「メイクといえばシートを貼るのが主流!」と言われるくらい普及させたいと開発チームは語ります。

大阪万博 × AI(人工知能)に期待すること
将来的には鏡を覗きこむだけで、AI(人工知能)がエアコンや加湿器と連動し最適な空調、湿度などを操作し、お肌に最適な空間を作り上げることもできるんです。2015年の大阪万博の頃にはAI(人工知能)とやり取りしながら、その日の肌の状態に最適なスキンケアやメイクを決める・・・実現できている可能性も高いと言えるでしょう。
タルミホ
タルミホ

そんなすごい鏡、早く我が家にも導入できるくらいの価格帯で販売して欲しい!

まとめ

さて今回は、本当に若返るパビリオンはできるのか、2025年の美容業界やサービスはどうなっているのか、大阪万博をまるっと予想しながらご紹介しました。

大阪万博でどんなAI(人工知能)の技術が登場するかは、まだまだわからない部分がありますが、10歳若返る技術が登場するというのもあながち嘘ではなさそうです。

10年寿命を伸ばしたり、若返らせたり、10歳若く見える提案だったり、新しい世界を見せてくれる可能性を十分感じることができました。

今度の大阪万博では、過去の課題としてついて回ってた「長蛇の列」問題を解消し、「パビリオンの待ち時間ゼロ」という目標があり、最新技術で混雑状況を簡単にチェックできノンストレスで楽しめる仕組みになるとのこと!

待たずに快適で、さらに若返り体験ができるのなら・・・もう大阪万博に行くしかないですよね!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました