AIと人間の違いを5分で解説、知って得する人工知能のあれこれ

AI と人間の違い

AIと人間の違いについて、一言で的確に答えられる人は少ないですよね。人間は学習することで発展してきました。となると、人間と同じように自分で学習できるAI(人工知能)は、最終的には人間に代わって台頭するのではないかと考えるのも、とても自然な話です。

そこで今回は、AI(人工知能)と人間に違いはあるのか、またAI(人工知能)は人間に取って代わることができるのか、の疑問を徹底解明します。

AI(人工知能)と人間の脳の構造上の違いや、そもそもAI(人工知能)にはなくて、人間にだけある当たり前すぎて考えもしなかった重要なものについて、深く掘り下げますので、これを読めば「なるほど、根本的に見方が変わるかも」と、共感いただけるはずです。ではご覧ください。

AI(人工知能)と人間の学習方法の共通点

AIと人間の学習方法

人間の学習方法に大きく影響を及ぼすのは「経験」です。人間は経験を重ねる中で学び理解します。

しかしコンピューターは人間があらかじめ入力した内容の中から判断し答えをはじき出します。これは学習とは言いません。そこがコンピューターと人間との違いです。

ところがAI(人工知能)はまるで人間のように自分が行った作業や経験の中から学習することができます。そのため、より多くの情報を経験させることで飛躍的に精度を高めることができるのです。これは人間が経験をつめばつむほど、知識や精度が高まる状態に似ています。つまり、AI(人工知能)と人間の学習方法には違いどころか共通点があるということです。これにはAI(人工知能)誕生にからむ、驚くべき理由があるのです。

人間の脳をマネしているうちに作られたのものがAI(人工知能)だった

AI と人間の違い誕生秘話

そもそも何故、コンピューターが人間と同じ学習方法を身につけることができたのでしょうか。そこにはAI(人工知能)の話に必ず出てくる「ディープラーニング」という機械学習の大切な要素「ニューラルネットワーク」が関係しています。

実はこれは、人間の脳の生物化学的な仕組みをヒントに生まれたものなのです。人間の脳の記憶や認知といった活動や働きは「ニューロン」という神経細胞がネットワークを形成して行っています。それらを解明しマネをしようとしているうちに、偶然発見されたプログラム、それが「人工ニューラルネットワーク」なのです。

つまりAI(人工知能)は、人間の脳をマネしようと四苦八苦している時に偶然生まれたものなのです。

AI(人工知能)が生みの親である人間を超える時

AI と人間の違い誕生秘話

「人工ニューラルネットワーク」が人間の脳の仕組みを解明しているうちに発見されたものだとしたら、やはり人間の脳はAI(人工知能)よりも優れているのではないかと期待が高まります。

しかし、AI(人工知能)の世界的権威レイ・カーツワイル氏は、2045年にはAI(人工知能)が全人類の脳を超えるであろうと予測しています。

確かに、将棋やチェスの達人がコンピューターに負けたニュースや、今の職業の大半がAI(人工知能)に代替えされる話はよく耳にします。

忘れやすい人間の脳よりも、大量のデータを最速で処理、保存できるAI(人工知能)のほうが、圧倒的に有利な場面も多くあります。

今までは、人間が生物の中で、唯一考えて行動を起こせるため、地球上で主導権をもって生活してきました。しかし今後、人間と同じように考えて行動を起こす、人間の脳を超えるAI(人工知能)との共存が始まるのです。

AI(人工知能)とともに社会を作っていかなくてはならないということは、人類史上初めての「第三者が介入する全く予想できない社会」となりうるのです。

AI(人工知能)と人間に違いはあるのか

AIと人間の差

ここまで見ていくと、AI(人工知能)と人間に違いはない。むしろAI(人工知能)は人間を超えるであろう。との見解になります。

人間の脳も様々な情報から推測や予測をつけるコンピューターのようなもの。人間の脳とコンピューターの性能を比べ、どちらが優秀か判断する、ということ自体が間違っているのでしょう。

AI(人工知能)は人間の脳の構造をヒントに生まれ、人間と同じ学習構造を持っています。しかしAI(人工知能)と人間には決定的な違いがあります。それは「人間には祖先から受け継ぐ遺伝子」があるということです。

何千年にも渡り、様々な環境の中で生き残るために受け継がれてきた遺伝子は生まれた時から作動します。遺伝子の中に組み込まれた「生きるための情報」は、時には感情的に働いたり、第六感のように身を守ったり、人間自身もコントロールすることができません。

しかし、あきらかにAI(人工知能)には備わっていない、決定的なAI(人工知能)と人間の違いです。

また、もうひとつの大きな違いは、学習過程により学ぶ付加価値です。

AI(人工知能)は最短でGOALにたどり着けるよう学習を繰り返します。次回、同じ内容の課題が出たときには、人間より優れた回答を出すでしょう。

しかし人間は、学習の過程で得た「つまずき」「挫折」「忍耐」「他人への感謝」など、AI(人工知能)が得る事ができない複数の経験を同時に得る事ができるのです。

AI と人間の違いは何か

結論から言うと、AI(人工知能)と人間では、処理スピードや情報保存の容量などを考えるとAI(人工知能)の方がはるかに優秀です。

しかしながら、人間にしかない「感情」「想像」「人と関わることで生まれる経験」などは、AI(人工知能)が持つことができな領域です。

それら全てを人間の脳は処理し、森の木々のように全ての経験に根を張り、課題がふりかかった時に最善の方法を組み立てるのです。

どちらが優れているかを結論付けるには、人間の脳はあまりにも複雑で、繊細ですよね。つまり、AI(人工知能)と人間の違いは何かと問われれば、「学習構造」は同じであるが、他の全てが全く違う。という答えになります。AI(人工知能)にはまだ可能性が多いことも事実ですが、私たち人間は、人間というひとくくりの可能性だけではなく、個人それぞれが持つ脳の無限の可能性があるのです。その可能性を考えると、自分という人間の未来にさらなる希望が生まれてくるのではないしょうか。

参照元 いつ俺
OPTiM Cloud loT OS
TIME&SPACE
スピリチュアルと脳の成功法則

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

GTO
AIZINE編集部のGTOです。

ツタヤでSF映画を、はしから、はしまで見るのが夢です。 現在は、将来トランスフォーマーが自家用車になることに期待しつつ、AIの記事を書いています。

まずは自分がAIに追い越されないよう、想像力豊かに、目標をもって日々生活していきたいと思います。