そろそろアップデートしたい。マイクロチップ装着で理想の自分へ

マイクロチップ

「マイクロチップを体内に埋め込みましょう」と言われて「はい、どうぞ」という人は少ないですよね。身体の中に異物が入るなんて、問題が起こったらどうするの?という不安は拭いきれません。

ところが世界規模で見たところ、マイクロチップの埋め込みを推進する企業があったり、4人に1人は抵抗感がないと回答する国があったりと、肯定的な意見も多々あります。

そこで今回は、気づけば周りはみんな埋め込んでいた!となっても驚かないように、マイクロチップの安全性や将来性について詳しくご紹介していきます。

人類を飛躍的に進化させる可能性があるマイクロチップ。ゲームの世界でアイテムを使って主人公が簡単にレベルアップできるように、自分自身をアップデートさせる未来がくるかもしれませんよ。ではご覧ください。

そもそもマイクロチップを埋め込むなんて安全なの?

マイクロチップ安全

一番気になるのは健康上のリスクですよね。1990年頃から「ペットにマイクロチップを埋め込むのは常識」となっているように、埋め込む行為自体は安全と考えられています。

ただし、人間は正しく埋め込まなければ感染症にかかるため、専門の機関できちんと処置をしてもらうことが大切です。

埋め込み方法も簡単で、注射器を使って3分程度ととてもお手軽です。処置後は1日~数日患部が腫れるものの、一時的なかゆみや違和感もじきにおさまるので安心です。

しかも「取り出したい」と思えば、注射器で簡単に取り出すこともできるので、「埋め込んでみたいな」と思ったら、最寄りの機関に問い合わせして対応してもらうことができますよ。

すでに数十万人が埋め込んでいるマイクロチップの利便性

マイクロチップ人数

では、具体的にどのような利点があるのでしょう。

アメリカでは、自動販売機で手をかざすだけでジュースが買えたり、パソコンを起動させることができます。スウェーデン国鉄ではマイロチップ決済を導入し利用者も増え始めています。ICカードを持たなくても自分の手ひとつで、電車に乗ったり決済ができるなんて、荷物が多い人にはなんとも魅力的な手軽さですよね。

ただし、日本で今すぐマイクロチップを埋め込んでも、交通機関や製品の対応が追いついていないため、利用できる幅は限られてしまいます。実際に日本で埋め込んだ事例を「AIZINE」でも紹介していますのでご覧ください。

マイナンバー制度もはじめは抵抗を感じましたよね。でもコンビニで住民票の写しが出せたり、カードひとつで身分証明になる便利さが勝り、今では使い放題です。つまり、マイクロチップもその便利さから、導入旋風が起きる可能性は十分にあるのです。

便利さだけではない。臓器の機能を高める高機能チップにも!?

マイクロチップと臓器

便利さだけのために、マイクロチップを埋め込むつもりはない!という人も、医療の現場で導入が進められていると言われるとどうでしょうか。

ペースメーカーや義足などは、人の生活をサーポートするためにごく自然に体内で活用されていいますよね。

実は今、一番導入率が高いのは、軍隊と医療の現場と言われています。具体的に、どのように使われているのでしょうか。

軍隊では兵士の体調情報をチェックし、作戦行動力を高めたり、パフォーマンスを上げることにマイクロチップが使われています。

医療の現場では、マイクロチップを入れることで本人も気づかない、病気の前兆などをモニターで管理し、大病の早期発見を行う仕組みづくりがすすめられています。

しかもマイクロチップ型の「人工臓器」も開発中で、理論上全ての臓器の機能を再現することができる状態まできています。驚くべきことに近い将来、臓器の近くに埋め込んで、その臓器を強化させる研究も進んでいるのです。

便利な上に、体調管理も万全なマイクロチップが提供する理想の自分

マイクロチップ未来

マイクロチップを使えば、便利さだけでなく、医療や体調管理にも貢献してくれるなんて、予想以上に期待しちゃいますよね。

手をかざすだけで扉が開き物が買える上に、自分のパフォーマンスを最大にするために必要な栄養や精神上の問題点を洗い出してくれるマイクロチップ。しかも、自分が弱みと感じる臓器をフォローしつつ、遺伝的にそなわった病気や弱点を克服し対処してくれます。

これって、まるでパソコンの自動アップデートのようですよね!

人間は開発や革命により、生活水準や生活環境を高め続けてきました。これからは人間自身が持って生まれた精神力や体力をアップデートする時代になっていくのでしょう。

それこそSF映画の主人公のように、無駄なく俊敏な動きとパフォーマンスで、大きな問題を解決していく。一人ひとりがそんなかっこいい理想の日常を送る時代が、もうそこまできているのです。

 

マイクロチップが一般化され、それに対応した社会になれば、自ずと全ての人がそのステージに上がってしまうことになります。これこそ新しい時代の到来ですよね。

そうなると、肌で感じる空気で季節を知り、空の明るみで時間を感じるといった、人間本来が持っていた五感で感じる生活は不要になるのかもしれません。

しかし、限られた時間の中で最高のパフォーマンスを発揮することで、本来の寿命では絶対に知ることがなかった世界や景色を見ることができるなら、AI(人工知能)やマイクロチップを駆使して効率的に生きていくのも、おおいにアリですよね。

マイクロチップによって自分自身をアップデートし続け、持って生まれた体力や年齢という限界にとらわれない時代が来ると思うと、無限の可能性と楽しみが広がって、なんでもやってやろうという気持ちになりませんか。

 

参照元 MONEY VOICE
GIGAZINE