AIやシンギュラリティの話題が出た時に使える3つの豆知識

未来のイメージ

AI(人工知能)の発展によってシンギュラリティ(技術的特異点)により人間の能力をAI(人工知能)が超えてしまうという話題がたまにインターネットや雑誌で見かけます。世界的な学者さんが予測していることなので間違いではありません。

しかし、話題先行でAI(人工知能)の発展によって起こるシンギュラリティ(技術的特異点)が報道されております。そこで、今のAI(人工知能)で何ができるか、シンギュラリティ(技術的特異点)によってどうなるかを簡単に説明すると、今のAI(人工知能)ができることは、人の顔、画像、音声等を正しく認識できることで、シンギュラリティー(技術的特異点)とは技術がそれ以前の技術で想像できなかったような発展を遂げるということです。

この記事では、このようなAI(人工知能)やシンギュラリティー(技術的特異点)に話題が出た時に使える豆知識を紹介しています。

AI(人工知能)で何ができるか、これから何かできるようになるか

AI(人工知能)のイメージ

AI(人工知能)によるシンギュラリティー(技術的特異点)の話題を話す時に重要になるのが、AI(人工知能)は現在何ができるようになっているから、シンギュラリティー(技術的特異点)の話題になるのかということです。

冒頭にも述べましたが、現在のAI(人工知能)ができることは、画像認識や音声認識等ができるようになった点です。たったこれだけで大騒ぎしているのかと考える人もいるかもしれません。しかし、画像を見て何が写っているか認識できたり音声を聞き分けたりできることは今後画像や音声を基にいろいろな処理ができるようになるということなので大きな進歩なのです。

そして、これからAI(人工知能)が目指しているところは言葉を理解すること。現在、チャットボットやAIスピーカー等があり言葉を理解しているように考えている人もいるかもしれませんが、言葉を認識してそれに従い応答しているだけのものなので、単語の意味を理解して応答してはいないのです。AI(人工知能)が言葉を理解したなら、様々な知識を飛躍的蓄えるようになるのでAI(人工知能)のシンギュラリティー(技術的特異点)はその時点で起こるかもしれません。

シンギュラリティー(技術的特異点)により何が起こるか

シンギュラリティのイメージ

次にAI(人工知能)によるシンギュラリティー(技術的特異点)の話題でそもそもシンギュラリティー(技術的特異点)とはどういうことかということです。

技術的特異点といってもピンとこない人が多いでしょう。言葉の意味ではある一定に基準点を超えると飛躍的に技術が発展するということ。では、AI(人工知能)によるシンギュラリティー(技術的特異点)が起こると何が起こるのでしょう。

AI(人工知能)の能力が人の能力を超えると話題になっていますが、人の能力を超えるという意味では現在のパソコンも検索スピードや記憶力、計算速度という意味では既に人の能力を超えています。
このことで社会にパソコンが浸透し様々な分野でコンピュータが使われていますよね。

では、AI(人工知能)の能力を超えて人間以上の知性を持ったとして人間を支配するのでしょうか。

AI(人工知能)が人間と同じように欲望を持つならそのようなこともあるかもしれません。しかし、予測されていることは多くの仕事がAI(人工知能)で代替するようになるということです。
これにより失業者が増えるのではという懸念がAI(人工知能)によるシンギュラリティー(技術的特異点)の問題点でしょう。

AI(人工知能)の発展で消える意外な職業

配膳作業のイメージ

AI(人工知能)の発展でシンギュラリティー(技術的特異点)が起きたとして人間の能力をAI(人工知能)が超えた時に無くなる職業として単純な繰り返し労働が挙げられております。しかし、最新の消える職業では単純な繰り返し労働だけではなく、高度な知識を必要とするものに関しても消える職業に挙げられています。ここでは、意外な職業としてレストラン料理人、原子力技術者について見てみます。

レストランの料理人が消える職業として挙がったのは意外なところですが、一流の料理人として名の有る料理人はその人自体にブランドがあるので失業することは無いと言われています。しかし、一流の料理人の下で見習いレベルの人は料理人の指示に従って単純な仕事しかしていないので消える仕事に上がるかもしれません。しかし、こういった下積みから上りあがって一流の料理人になるのだから完全に消えてなくなるわけではなく、かなり少なくなるということでしょう。

次に意外なのが原子力技術者です。

こちらも高度な原子力の専門知識を持って原子力関連の設計や製造に関わる技術者ですが、こちらは現場で放射能の危険にさらされるので、人が対応しないでできるならAI(人工知能)にやらせていということでしょう。

 

未来で仕事をする人のイメージ

この記事では、

  1. AI(人工知能)で何ができるか、これから何かできるようになるか
  2. シンギュラリティー(技術的特異点)により何が起こるか
  3. AI(人工知能)の発展で消える意外な職業

ということでAI(人工知能)やシンギュラリティー(技術的特異点)が話題になった時に使えそうな話題を3点お話しました。

どの話題も知っているとAI(人工知能)についてよく知っていると周囲から一目置かれるでしょう。そして、今のところシンギュラリティー(技術的特異点)になって何が起こるかは誰もわかっていないのが現状です。無くなるであろうと言われている仕事があります。AI(人工知能)に関して正しい理解を持って噂に左右されること無く、自分の生活や仕事にAI(人工知能)を使っていきましょう。

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

そねあす
AIZINE編集部のそねあすです。記事の編集を担当しています!

もともとデザインやHTML、CSSと仲良くしていたつもりがあれよあれよと編集の世界に。AI(人工知能)は作れないけど興味深々なんでまずはSiriを使いこなしてみようと模索中です。

編集初心者が、自動運転やAI家電、AI(人工知能)を使った未来まで 日々変化していくAI(人工知能)のニュースをお届けします!