未来も予言できる!徳島県のご当地AI「すだちくん」がすごい

徳島県のすだちのイメージ

ご当地キャラってかわいいですよね。ちなみにご当地キャラとは、その土地の特徴を取り入れたマスコットキャラクターのことであり、「ゆるキャラ」とも呼ばれています。全国的にも「ひこにゃん」や「くまもん」が有名ですが、 実は今ご当地キャラが、ご当地AIとして未来を予言してくれるサービスがあるのです。

そのサービスが徳島県のご当地キャラである「すだちくん」が予言してくれる、ご当地AI「すだちくん」。まず、ご当地キャラの「すだちくん」について軽く説明しましょう。

「すだちくん」は平成五年にマスコットとして誕生して以来、地方創生サポーターなどをしてきた、徳島県のゆずをモチーフにしたキャラクターです。キャラクターの絵をみてくれればわかるように、みんなを元気にしてくれる笑顔が特徴のキャラクターです。

とっても可愛らしいく、笑顔にしてくれるようなキャラクターですよね。この「すだちくん」がご当地AIとして、未来を予言してくれます。今回は、このご当地AI「すだちくん」についてお伝えしていきます。

未来を予言してくれるご当地AI「すだちくん」とは

徳島の街の風景イメージ

ご当地AI「すだちくん」とは、2045年の未来に住んでいる「すだちくん」が、今みなさんがしている仕事が将来にAI(人工知能)の発達でどうなっているのかを予言してくれます。なお、この設定の2045年とは、AI(人工知能)が人を越える時といわれており、AI(人工知能)が人にとって変わるといわれていますよね。

実際に私もやってみましたが、使い方は非常に簡単なものです。ご当地AI「すだちくん」がさまざまな質問をしていきますが、ユーザーはこの質問に答えるだけで、今しているであろう仕事、もしくは実際の仕事が未来でどうなっているのかを教えてくれます。

なお、設問はほとんどが三つの答えから選択していくだけなので、誰でも簡単にできそうですよね。判定結果については%で表示され、ご当地AI「すだちくん」からアドバイスなどが貰えるようになっています。また、結果はTwitterやFacebookに共有ができるので、お友達や知り合いの方と楽しみましょう。

このご当地AI「すだちくん」を利用すれば、AI(人工知能)の発展によって未来では仕事がどうなっているのかを簡単に予測することができるでしょう。また、このご当地AI「すだちくん」は、「すだちくん」自体のキャラクターもあり、非常に親しみを感じやすくできています。

これにより、AI(人工知能)に仕事が奪われるかもしれないという、AI(人工知能)に対する不安をやわらげており、AI(人工知能)と共存していく社会を明るく提示しています。非常に簡単なものなのでぜひ一度やってみてください。

ご当地AI「すだちくん」はAI(人工知能)と自然言語処理(NLP)によってできている

AI(人工知能)と自然言語処理(NLP)のイメージ

では、このご当地AI「すだちくん」が、なぜみなさんのしている仕事などを予想できるのかをはなしていきましょう。ご当地AI「すだちくん」は、AI(人工知能)と自然言語処理(NLP)を利用してできています。

自然言語処理(NLP)とは、AI(人工知能)と言語学に関わっているものです。実はAI(人工知能)というか、コンピューターの苦手なことのひとつとして言語があります。なぜ言語が苦手なのかというと、地域や時代によってさまざまに変化するから。

みなさん学生の頃に古文を習いましたよね。今の言葉と同じような意味もありましたが、全く違うものもあったのを覚えているでしょうか。つまり、言葉とというのは時代によって変化するものです。

このように変化が激しい言葉をコンピューターに理解させるのにはどうしたらいいかと考えられたのが、自然言語処理(NLP)です。自然言語処理(NLP)では、文章を形態素解析、構文解析、意味解析、文脈解析の順に行って、文章を解析して意味を理解します。

この解析を簡単に説明すると次のようになります。

    1. 形態素解析→文章を単語にばらしていく
    1. 構文解析→ばらした単語がどのような関係を探る
    1. 意味解析→構文解析で探った関係が正しいのか判断する
    1. 文脈解析→複数の文章を形態素解析、意味解析して文脈として最終的に正しいのかを判断する

特にコンピューターにとっては3の意味解析が苦手であり、単語の意味を理解できないため、少し前までは上手く言語処理できませんでした。しかし、それを変えたのがAIの進化です。AIに学習をさせることにより、コンピューターはより複雑な意味の理解が可能になりましたよね。これにより苦手であった意味解析もできるようになったということです。

今回のご当地AI「すだちくん」では、記述式の問いに対してこの自然言語処理が使われています。これによってみなさんがしている仕事がなんであるのかを判断してくれるのです。もちろん答えによっては外れることもありますが、ズバリ当たることもあり、AI技術の進歩を簡単に体感することができますよね。

仕事の未来のイメージ

ご当地AI「すだちくん」は2045年の未来で、今ある仕事がどうなっているのかを予言しています。

私のようなライターは未来でも生き残るそうですが、一方で営業などは生き残らないと予言されていました。実際問題としてこの予言は、AIや他の技術革新があれば本当に到来するのかもしれませんよね。

これから私達は、どのように自らの仕事に新しい価値を付加していかなければいけないのか、常に考えていくべきでしょう。それすれば2045年の未来では、今よりももっと便利な世の中になっているのではないでしょうか。

ぜひ一度ご当地AI「すだちくん」をやってみて未来について考えてみてください。そして、明るい「すだちくん」のように、前に進んで行きましょう。

参照元 未来予想ご当地キャラ AIすだちくん

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

そねあす
AIZINE編集部のそねあすです。記事の編集を担当しています!

もともとデザインやHTML、CSSと仲良くしていたつもりがあれよあれよと編集の世界に。AI(人工知能)は作れないけど興味深々なんでまずはSiriを使いこなしてみようと模索中です。

編集初心者が、自動運転やAI家電、AI(人工知能)を使った未来まで 日々変化していくAI(人工知能)のニュースをお届けします!