ブロックチェーンとAIが織りなす知識の連鎖で医療革命が起こる

AIとブロックチェーンでの医療イメージ

最近話題のブロックチェーンやAI(人工知能)の技術は様々な分野での活躍が期待されていますよね。その中でも、医療の分野でも活躍するでしょう。

今後、日本は高齢者の人口がどんどん増えていき1人の医師が担当する高齢者の数が増え、医療の質の低下が懸念されています。将来の日本を想像してみてください。高齢になるとどうしても体調を壊しやすくなるでしょう。そうなると病院を受診するでしょう。しかし、病院に行く人数が増えるため病院に行っても待ち時間は長く、先生と話す時間は短くなり、適切な処置を受けられなくなるかもしれません。そんな未来は嫌ですよね。

しかし、AI(人工知能)とブロックチェーンを利用することで医療の質の低下を防ぐことが期待されています。それでは、AI(人工知能)とブロックチェーンが医療革命に結びつくのかご紹介しましょう。

そもそもAI(人工知能)ってなに

AI(人工知能)のイメージ

AI(人工知能)とブロックチェーンによる医療革命の話以前に、そもそもAI(人工知能)やブロックチェーンについてわからない方もいるでしょう。まずはそれらについて説明します。

AI(人工知能)とは、「Artificial Intelligence」の略語のことで、「Artificial」(人工的な)と「Intelligence」(知能)を繋げた言葉です。ようは、人間の脳が行っている知的な作業をコンピュータで行うこと。

人間のまねをするだけかと思われた方もいるかもしれませんが、人工知能は人と違い疲れを知りません。為延々と膨大なデータを学習し続けることが出来ます。人間は休息が必要なためそれは不可能です。

2045年には、AI(人工知能)が発達し人間の知性を超えるともいわれています。びっくりです。

次に医療分野では、AIがどのように活躍するか紹介します。

医療の分野でのAI(人工知能)の活躍は

医療でのAI(人工知能)のイメージ

大量のデータを基にAI(人工知能)に分析させることで、レントゲンやCT画像からがんなどを発見することが可能になります。もちろん、人間にも可能ですが、AI(人工知能)では膨大なデータを基にしているため、精度の高さやプログラムであり人間のように休む必要がない為、多くのデータを解析することが出来ます。いずれ学習を積んだAI(人工知能)はベテランの医師と同じような存在になるのかもしれません。

AIについてわかったところで次は、ブロックチェーンについて知っていきましょう。

そもそもブロックチェーンとは

仮想通貨のイメージ
ブロックチェーンとは、「Blockchain」のことで、「Block」デジタル用語ではデータの塊と「chain」鎖を繋げた言葉です。ブロックチェーンは、利用し始めた時から全てのデータを記録しています。簡単に言うと台帳のことです。誰でも見ることが出来るパブリック型と許可がないとみることが出来ないプライベート型などがあります。

もともとは、仮想通貨であるビットコインに使われていた技術ですが、今では様々な分野での利用が始まっており将来性が色々考えられる技術です。医療分野ではどのように活躍しているかを見ていきます。

医療分野でのブロックチェーンの可能性

AI(人工知能)とブロックチェーンでの医療のイメージ

現在、患者の情報を他の医療機関に渡す場合はお金を払って診療情報を医療機関に書いてもらい、他の医療機関に渡しています。しかし、医療機関によって独自の方法を取っていたりするなど、診療情報提供書を書いてもらっても上手く情報が伝わらないことがありました。せっかく、お金を払っているのに情報が上手く伝わらないのは嫌ですよね。

また、色々な病院を受診していると1つの診療情報提供書だけでは、患者の経過が全て把握できない可能性もあります。

しかし、医療情報が標準化され、また、個人でブロックチェーンが管理できるようになれば、ブロックチェーン(今回の場合は、病気や治療の経過やお薬の情報など)を提出するだけで、個人の今までの経過が全てわかるような未来が来るかもしれません。個人情報の心配があるかもしれませんがプライベート型のブロックチェーンであれば、特定の人しか観覧することが出来ないので個人情報が筒抜けになることはありません。

最後にAI(人工知能)とブロックチェーンによる世界的な変化を見ていきましょう。

AI(人工知能)とブロックチェーンが織りなす医療革命

病院のイメージ

現在、診断を受け経過観察だけであっても基本的に病院行きます。ですが、AI(人工知能)とブロックチェーンの技術が進むことで、自宅にいながら画像や情報を送るだけで診断してくれる未来がくるでしょう。本当に病院受診が必要な人だけが病院を受診することが出来るようになります。

世界規模で考えるとこの変化はすごい。何故なら、

人材や医療物資が不足している地域でも的確な医療の診断が受けられるようになり、医療が進んでいる国と発展途上国の格差を埋めることに繋がるのです。
まさにAI(人工知能)とブロックチェーンによる医療革命が期待されます。

 

未来の医療で健康な家族のイメージ

さて、AI(人工知能)やブロックチェーンによる医療の可能性をお話しました。世界規模でこれらの技術に期待が寄せられている。2045年にはAI(人工知能)が人間の知性を超えるともいわれており、AI(人工知能)やブロックチェーンを使った技術はますます進化していくはずです。

高齢化社会は日本が抱える課題の一つですが、悲観的になるのではなくAI(人工知能)やブロックチェーンなどの新しい技術を取り入れることで、効率化を図り安心した未来を目指すことが出来ます。AI(人工知能)やブロックチェーンを利用した画像の選別技術などはすぐに実用化されるでしょう。

技術は日々進歩しています。しかし、情報をどんどん取り入れなければ技術だけが先行してしまい宝の持ち腐れになってしまうかもしれません。私たちは、この技術の進化に向き合い上手く利用することが大事ですよね。

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

そねあす
AIZINE編集部のそねあすです。記事の編集を担当しています!

もともとデザインやHTML、CSSと仲良くしていたつもりがあれよあれよと編集の世界に。AI(人工知能)は作れないけど興味深々なんでまずはSiriを使いこなしてみようと模索中です。

編集初心者が、自動運転やAI家電、AI(人工知能)を使った未来まで 日々変化していくAI(人工知能)のニュースをお届けします!