FinTechとAIが変える!最新の金融サービスとは

FinTechとAIが変える!最新の金融サービスとは

最近ではほとんどのコンビニにATMが設置されるようになり、一昔前のようにわざわざ平日の忙しい時間帯の銀行営業時間内にATMや窓口を利用しに行かなくても、24時間簡単に金融サービスを受けられることが当たり前になりましたよね。しかし便利なサービスが定着すれば、今よりもっと便利にならないか考えますよね。近い将来、FinTechとAI(人工知能)によって、さらに便利な金融サービスが受けられる日常が私たちの当たり前になるかもしれません。

FinTechとは、Finance(金融)とTechnology(技術)を掛け合わせた造語で、金融サービスとITテクノロジーを結びつけた革新的な動きです。このFinTechが近年世界的に急成長したのは2008年にアメリカで起こったリーマンショックが関係しています。リーマンブラザーズが倒産したことによる不況の影響でアメリカの金融機関は経営難となり、融資の利息や口座手数料の引き上げをし始めたことで保守的な経営に多くの人は不信感を募らせ、人々は新しい金融サービスを求めました。それがFinTechの急成長につながっていったのです。

ベンチャー企業を含めた多くのIT企業が次々に金融分野に注力したこともあり、昨今金融サービスのITテクノロジーは日進月歩で進化し続けていますよね。最近では新聞やニュースで毎日のように目にするようになったAI(人工知能)も新しい金融サービスに活用され始めています。

さて、FinTechとAI(人工知能)という新しいサービスによって私たちの生活はどれだけ便利になっていくのでしょうか。ここからはFinTechとAI(人工知能)による最新の金融サービスについてお話しましょう。

FinTechによる金融サービスってどんなもの?

FinTechによる金融サービスってどんなもの?

銀行をはじめとする金融業界のサービスってどんなものがあるかわかりますか?大きく分類すると以下の4つになります。

① 融資(お金を貸す)
② 決済(お金を支払う)
③ 送金(お金を受け取る)
④ 資産運用(お金を増やす)

ほとんどの方はどれかひとつは利用したことがありますよね。これらは通常、銀行窓口やコンビニなどに行ったり、営業時間内に電話したりして利用するのが当たり前ですが、ここにFinTechが介入するとこれらは全てインターネットを通じて、家や職場にいながら利用することができるようになり、さらに、AI(人工知能)の技術が加わるとこれまで以上に便利なサービスが受けられます。

FinTechとAI(人工知能)による最新サービスとは

FinTechによる金融サービスってどんなもの?

AI(人工知能)は過去の事例をもとに問題に対する答えを導き出すことができるシステムです。AI(人工知能)が金融サービスと結びつくとどんな新しいサービスが生まれるのでしょうか。ここではFinTechとAI(人工知能)による最新サービスを紹介します。

① 融資(お金を貸す)

FinTechとAI(人工知能)による融資サービスとして、2017年9月にソフトバンクとみずほ銀行が立ち上げた合弁会社J.Scoreによる”AIスコア・レンディング”というサービスが登場しました。申し込みから審査完了まで全てスマートフォンアプリで完結することができて、消費者金融よりも低金利で融資を受けることができるサービスで、融資を受けたい人が将来お金を稼ぐ力をAI(人工知能)によってスコア化し、スコアに応じて融資額や金利を決定します。これまで融資を受けるのが困難だった若い世代でもFinTechとAI(人工知能)によって平等な審査ができるようになりますよね。

② 決済(お金を支払う)

バンク・オブ・アメリカの法人向けの売掛金決済サービス”Intelligent Receivables”は、送金する人と受け取る人の関連性をAI(人工知能)が識別することで利用者が決済不完了を防止するサービスがあります。詐欺や間違いを防止する安全な決済サービスが魅力ですよね。

③ 送金(お金を振り込む・受け取る)

株式会社デジタルワレットが提供する仮想口座からの国際送金やペイメントサービスが利用できるアプリ”Smiles Wallet”は、独自のFinTechとAI(人工知能)の技術を活かしたシステムにより、ほとんどリアルタイムで送金ができるのが便利ですよね。

④ 資産運用(お金を増やす)

株などの投資分野では、ロボアドバイザーと呼ばれるAI(人工知能)が投資の助言をしてくれるサービスが登場しています。ビッグデータなどの膨大な取引データを参照して最適な解を助言するサービスは、AI(人工知能)が最も活躍できる分野ですよね。国内のサービスには、WealthNavi(ウェルスナビ)、THEO[テオ]、 楽ラップなども登場してます。

 

FinTechとAIが変える!最新の金融サービスとはまとめ

さて、これまで紹介してきたFinTechとAI(人工知能)によるサービスは私たちの生活をより便利にし、生活における選択肢を広げることに役立つのがわかりましたよね。

30年ほど前に登場した携帯電話がスマートフォンに進化して、そして私たちの生活に溶け込み、ほとんどの人にとっての当たり前になっていったように、これからは金融サービスもFinTechとAI(人工知能)のサービスが進化を続けて、何年か何十年か先にはみんなが当たり前のように利用していることでしょう。

その中で淘汰されて消えていくサービスや仕事もあるかもしれませんが、それ以上に私たちは多大な恩恵を受けることになります。これからますます便利になっていくFinTechとAI(人工知能)の進化が楽しみですよね。

参照元 FinTechとは何か?たったの3分でわかる3つのテクノロジー
ITmedia ビジネスオンライン将来稼ぐ力を予測する「AI融資」の狙いとは

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

そねあす
AIZINE編集部のそねあすです。記事の編集を担当しています!

もともとデザインやHTML、CSSと仲良くしていたつもりがあれよあれよと編集の世界に。AI(人工知能)は作れないけど興味深々なんでまずはSiriを使いこなしてみようと模索中です。

編集初心者が、自動運転やAI家電、AI(人工知能)を使った未来まで 日々変化していくAI(人工知能)のニュースをお届けします!