AI(人工知能)ニュース

人工知能でWebサイトをサクサクっと作れるサービス3選!

人工知能でWebサイトをサクサクっと作れるサービス3選!

Webデザインって手間がかかって大変ですよね。でも、今は人工知能(AI)が自動でデザインしてくれるWebサービスがあるのです!とはいえ人工知能(AI)を使ってwebを作ってくれるサービスといっても、具体的にどんなことができるか気になるでしょう。

そもそも、人工知能(AI)というとロボットのようなイメージを持たれる方や何やらとてもすごいソフトウェアをイメージされる方もいますが、人工知能(AI)はロボットとはその性質が異なります。
ロボットとの最大の違いは「自ら考える力が備わっているか」という事です。プログラムを組み込まれたロボットはそのプログラム内容を師事して従順に行動しますが、プログラム以外のことはできません。あくまでプログラム内での行動に制約されます。

しかし人工知能(AI)は自己学習し、応用していくのです。つまり一度作ってしまえば、人間の手を離れて自発的に行動できるのです。自己学習してそれを応用できる点が、従来型コンピューターとの大きな違いです。

そこで今回は、そんな自己学習できる人工知能(AI)を使ってWebサイトを作成できるサービスをいくつかご紹介します。

Webサイト①:質問に答えるだけで、Webサイトの大枠を作ってくれる「Wix ADI」

Wix

Wix ADIというソフトは人工知能(AI)を利用し、自分好みのオリジナルのWebサイト自動で作成できるサービスです。このソフトの最大の特徴は、最初のWebサイト作成の大枠を、秒速の速さで作成し提案してくれるということです。しかも人工知能(AI)を使うと無料でWebサイト作成できる点が、まずなによりもありがたいサービスですよね。

サービスの利用方法は「質問に答える」という事。まずテンプレートを選択し、どういった事業分野向けに作成するWebサイトなのか、どのような目的で使用したいWebサイトなのか、いくつか作成に関する簡単なコンセプトを答えていきます。

その後、作成ボタンを押して先に答えた回答内容に準じたサンプルイメージが表示されます。色合いもロゴも、サイトに関連する画像も挿入されています。この間にかかる時間はなんと約1分!まさに秒速です。

※ちなみに実際にWixでサイトづくりを体験した記事がこちらです。

ここからはより自分のイメージに近い画像や色などに編集を加えていきますので、最終的には人の手による修正を加える必要があります。しかし、今後は回答内容に即したまさにイメージ通りの提供をしてくれることが期待できます。

ただし英語版のみのサービスとなっておりますので、アカウントメニューで言語を切り替えなければならない手間はありますので、この点は注意しましょう。

Webサイト②:自身のWebサイトで定めた売上目標数値に応えてくれる「The Grid」

The Grid
Webサイトを作る人は誰だって自分が作ったページは美しく目立ち、誰からも見てもらえるものにしたいですよね。しかし、現実的にはなかなか厳しいもので、色合いも画像のチョイスも貼り付け位置・サイズなどその組み合わせは無限大です。しかもいかに多くの人に見てもらえるものかどうかは確率の問題になってくるでしょう。

そんな人の労力と苦労をサポートしようとできたサービスが「The Grid」です。このサービスの大きな特徴は、Webサイト作成者が管理画面から自分好みのロゴや画像をアップロードし、いろいろな色合いを決めるだけで、それらのスペックに最適なサイトを人工知能(AI)で生成する仕組みです。

しかも、Webサイト作成者が自身のWebサイトでこれだけの売り上げを上げたいと定めた目標数値(サイト売り上げ・ビジター数)などを提供すれば、その内容に最も適していると判断したサイトを作成し提供するサービスも充実しています。

Webサイトは作るだけでも苦労するのに、人工知能(AI)の「The Grid」を使うとすばやくWebを作成してくれて、さらにいかにビジターの目に留まれるデザインなのかまで考慮してくれるなんて、驚きのサービスですよね。

ただし前述の「Wix ADI」と違い、サービス利用料がかかりますのでその点は注意しましょう。

Webサイト③:ただ見ているだけでWebサイトができ上がっていく「 Bookmark」

Bookmark.com

Bookmark」の最大の特徴は、人工知能(AI)が自分がイメージするWebサイトのデザインの骨組みを自動的に作ってくれるため、最後に簡単な編集だけすれば立派なWebサイトが完成するサービスだ、というところです。

利用法は、まずサイト上で名前・メールアドレス・パスワードを入力しユーザー登録を行います。手続きを進めていくと「AiDA」と呼ばれる人工知能(AI)を使ったアシスタントを利用する画面が表示されます。

この「AiDA」に自分が作りたいと思うサイトのコンセプトを伝えていき、STARTボタンの押せばあとは「AiDA」の出番のみで人は何もする必要がありません。

見ているだけで「AiDA」がWebサイトを実際に作成していく様子がわかります。自分がイメージするサイトが目の前で自動的に次々と形作られていく…そんな不思議な様子が体験できます。

最終的には、提示された枠組みにさらに自分がイメージする色・画像など編集を加えていくのですが、提示されたものがあまり自分好みでない場合は何度も作り直すことができますし、いくらでも選択肢がありますので安心ですし、楽としか言いようがありません。

これならば「AiDA」が実際に作っている間にゆっくりコーヒーを入れて休憩し、戻ってきたらアイデアができているといったことも可能で、まさに最高のアシスタントといえるでしょう。

 

これまで、人工知能(AI)がWebサイトを、手軽にいとも簡単に行ってしまうサービスをご紹介してきました。

最初にも触れましたが、人工知能(AI)とロボットとの最大の違いは「自己学習し、応用していく」ということです。ロボットは人間が出した「A」という指示に対して「A」しかできませんが、人工知能は「A」はもちろんの事、さらには「私は『B』も『C』もできますよと言わんばかりに提示してくるのです。

しかも、この人工知能(AI)がWebを作成してくれるサービスによっては、サイトビジター数を増やすための計算までして再イメージ化するという、今まで人がどれほどの時間と労力を費やしてきたかわからないような技術も一瞬で構築してくるのですから、もはや人知を超えた存在のよう…。

しかし人工知能(AI)によるWebサイトの作成は、枠組みを素早く作成し提示はできますが、より好みに近い色・画像に編集する作業は、最終的には人の手が必要になりますので、完全自動作成とは言えない部分もありますが、ゆくゆくはこの部分もよりその人のイメージにフィットしたサービス改善が図られていくかもしれません。

人工知能(AI)は、Webを作成してくれるサービスを提供できることはもちろん、今ではありとあらゆる分野で活躍していて、その可能性はまだまだ無限大です。人工知能(AI)を使ったWebサイト作成のサービスが広まれば、初心者でも簡単にサイトを作る事ができるようになるので、楽しみですよね!

コメントをどうぞ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました