AI(人工知能)ニュース

人工知能(AI)が仕事を生みだす!新しい仕事の在り方とは

人工知能(AI)が仕事を生みだす!新しい仕事の在り方とは

これから「人工知能(AI)」は私たちの生活を一変させることになります。テレビや各種メディアにおいても、人工知能(AI)という言葉が増えたと感じる人も少なくないですよね。

それらの情報には、私たちの仕事や生活がどのように変化するのか、特に人工知能(AI)によって私たちの仕事の在り方が変わる事が予測されています。

もしかしたら知らず知らずのうちに、既に人工知能(AI)と関わりを持って仕事をしている人もいるかもしれません。

例えば、人工知能(AI)と関わっている分かりやすい例が、ソフトバンクショップに居るペッパー君ですよね。ソフトバンクショップの店員は毎日人工知能(AI)と一緒に仕事をしているのです。

このように人工知能(AI)が私たちとどのように関わっていくのかを“知る事”は、今後の私たちの仕事の在り方に大きく関わる知識なのです。

そこで今回は、人工知能(AI)が生みだす仕事や、それによって変化する仕事の在り方の理解を深め、今私たちが何をすべきかを見ていきましょう。

人工知能(AI)が果たす役割

役割のイメージ
人工知能(AI)は主に、「人間が脳で行う活動(記憶や判断)」と、それに伴う「作業を自動的に行う」役割を果たします。人工知能(AI)に膨大な情報を学習させることで、人工知能(AI)は情報からある一定の傾向やパターンを見つけ、分類や予測といった知能を持った人間のような作業をできるようになるのです。

現在、人間の脳よりも計算処理を速く実行できるAI(人工知能)は、「分析が必要な仕事」や、「情報の関連性から判断する仕事」で導入が進んでいます。

このように、ある一定の情報とルールを基に、いくつかの答えに辿り着くといった”パターン化された”作業は、人間よりも人工知能(AI)の方が遥かに速い判断を下せます。ですので人工知能(AI)は今後、情報を得て判断結果を実行するという「マニュアル化が可能な仕事」を担う存在となっていくのです。

それでは、私たち人間の仕事は今後、人工知能(AI)と共存していく中でどのように変化していくのでしょうか。

変化する社会と私たちの仕事の在り方

業務のイメージ

人工知能(AI)は今後、情報を得て判断結果を実行するということで、規則に沿って処理する「マニュアル化が可能な仕事」が向いていることがわかりましたよね。となると、人工知能(AI)が「マニュアル化が可能な仕事」を担うならば、私たち人間は「マニュアル化が不可能な仕事」を担う事になります。

例えば、人工知能(AI)を導入するためのコンサルタントやアドバイザーといった、人間と人工知能(AI)を結びつけるための仲介を担う仕事が考えられるでしょう。
人工知能(AI)を当たり前に使う時代になる頃には、企業や個人に限らず、このような専門のアドバイザーが必要となるはずです。

また、子供の世話や老人の介護にも人工知能(AI)は導入されるでしょう。

しかし、人の心を汲むことは人間にしかできません。相手が何をして欲しいかを察知出来るのは、人間である私たちが「自分も感じるであろう」感情を基にした”気の利かせ方“というものがあります。このような十人十色の“人間の心”を動かす、または気持ちを汲み取るという「曖昧さ」は、決してマニュアル化ができない人間の能力の一つなのです。

そして、膨大な情報と関連性をいくら分析しても生まれないものの一つが、「発想の転換」や「突然のひらめき」です。関連性のないものを突然思いつくという人間の能力は、好奇心や興味から、事業や産業というステップに発展します。

例えば、人工知能(AI)は「暇つぶし」を自ら思いつくことはありません。。なぜなら“暇”と感じることがないからです。しかし、人間は“暇”という感情を持ち、それを克服するために「ゲーム」という遊びを考えつきました。「ゲーム」は子供から大人まで、全ての人が楽しめるものであり、それは世界中で“必要不可欠”な大きな産業へと発展しました。

つまり、人工知能(AI)が導入される社会の中で、私たち人間の仕事は「情報」を得て「結果を出す」というものから、「曖昧な状況を判断」したり、感情やひらめきから「新たな方向性を示す」モノへと変化していくのではないでしょうか。

以上、人工知能(AI)が生みだす仕事や、それによって変化する仕事の在り方の理解を深め、今私たちが何をすべきかをお伝えいたしました。

  • 人工知能(AI)は人間よりも早く物事を処理する
  • 人工知能(AI)はマニュアル化された仕事をやる、また子供や老人の介護にも導入される

など、人工知能(AI)が導入されることで新しい仕事の形が生み出されることがわかりましたよね。

既に私たちの周りには人工知能(AI)が組み込まれています。情報を得て分析し、関連性から結果を出すスマートフォンのアシスタント機能(Siri)などです。天気予報などの情報はもちろん、簡単な質問ならば、思わず笑ってしまう回答が返ってきたりしますよね。

現在の人工知能(AI)は、あくまでも人間のアシストをするに留まっていますが、今後人工知能(AI)が「マニュアル化が可能な仕事」を担った時、私たちの仕事の在り方には「人間らしさの追求」が必要になります。

人工知能(AI)が今の自分自身にどう関わり、私たち人間の仕事の在り方がどのように変化するのかを見極めるためにも、今後も発展し続ける人工知能(AI)についての理解を、更に深めていく事がとても大切ですよね。

参照元人工知能(AI)の進化でこれからの仕事やライフスタイルはどう変わる?

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました