AI(人工知能)と健康管理

あなたの健康をサポート!接骨院で活用されるAI(人工知能)とは

あなたの健康をサポート!接骨院で活用されるAI(人工知能)とは

在宅時間が長くなり、運動不足や姿勢の悪化について気になることもありますよね。最近では頭痛や肩こりなどの症状で接骨院にかかると、AI(人工知能)を使って分析してもらえるかもしれません。

接骨院でAI(人工知能)を利用すると、数枚の写真から全身の骨格の状態が推定でき、どこに問題があるか一目でわかるようになります。人の知識と経験に頼った従来の手法よりも早く明確に分析し、症状の原因が何かスムーズに説明できるので、患者とスタッフの双方にとって大きなメリットをもたらします。

実際に導入した接骨院の事例はいくつもあり、これからも機能の発展と共に普及が加速していくでしょう。接骨院でAI(人工知能)がどのように使われているか知ることで、接骨院を選んだり施術を受けたりする際に、その説明を正しく理解できるに違いありません。そこで今回は、接骨院におけるAI(人工知能)の活用についてお伝えします。

接骨院とは

骨折のイメージ

接骨院とは、骨折や脱臼、捻挫などの怪我に対して、柔道整復師が柔道整復術(接骨術)という独特の手技によって治療を行うところです。別の名前として「ほねつぎ」があります。

柔道整復師になるには、大学や養成校で基礎医学と柔道整復術、関係法規を学び、試験に合格して柔道整復師の国家資格を得なければなりません。健康管理のスペシャリストなので、接骨院だけでなく、医療機関やスポーツの現場、介護事業所などでも活躍しています。

柔道整復術とは、主に手術や投薬に頼らず、整復・固定・後療などによって治療を行う方法です。もともとは、戦国時代に「殺法」の裏技として発展した「活法」をルーツとして、江戸時代に蘭学や中国医学、実証医学などを取り入れて「接骨術」などと呼ばれるようになりました。明治時代以降は何度か存続の危機に見舞われましたが、西洋医学の影響を受けつつ乗り越えて、「柔道整復術」として現在に至っています。

柔道整復師は、骨折や脱臼、捻挫、打撲、挫傷などの、骨、筋肉、関節など運動器系に対する外傷性が明らかな怪我について施術を行います。日常生活や、スポーツ活動中、勤務中、交通事故などで負った怪我のうち、上記の条件を満たしたものは保険の適用を受けられます。日常生活での疲労や加齢による症状に対しては自由診療となりますが、整体やリラクゼーションマッサージなどの施術を提供することもあります。

接骨院で使われるAI(人工知能)とはどんなものか

画像診断のイメージ

そんな接骨院では、AI(人工知能)を使って体の状態を分析するようになりました。必要なのは、普通のカメラで撮影した数枚の写真だけ。複数の方向からの画像をもとに、AI(人工知能)が背景と人物を切り分け、関節などの特徴点を抽出します。特徴点の座標から骨格の状態が推定され、座標データとして取得できるのです。

骨格のデータはそのまま描画もできますが、関節の角度や重心の位置を算出して、正常な姿勢からどれだけ崩れているのかを分析もできます。分析結果は、写真の上に描画するものや、3Dモデルとして表示したり、問題がある部位を強調して表示したり、姿勢の総合的なスコアを計算したりすれば、より的確で効果的な施術が実現するでしょう。

電子カルテのシステムと連携できるものは、分析結果を問診記録などと一緒に管理することで、過去のデータを保存して必要に応じ振り返ることができます。LINEやメールで結果を送信する機能があれば、紙に印刷せずとも共有できるようになります。こうした管理機能を使うと、分析結果を扱う手間を減らし、業務の効率化につなげられます。

接骨院でAI(人工知能)を使うメリット

診断のイメージ

接骨院でAI(人工知能)を使うメリットとしては、患者にわかりやすく状態を説明でき、施術の効果を伝えられる点があります。

従来は、知識と経験のある人が、目視や写真によって姿勢を分析していました。しかし、一般の人が見てもわかりづらい異状については、説明して納得してもらうのが難しいという課題があります。これに対して、接骨院の説明でAI(人工知能)を使えば、どこにどのような問題があるか数値もつけて表示でき、誰にでもわかりやすく体の状態を伝えられるので、納得して施術ができます。

また、数回の施術で症状の改善を感じられないような場合、来院をやめてしまうこともありますよね。接骨院向けAI(人工知能)の、以前の分析結果と比較できる機能を使えば、施術前後や長期の変化を見て姿勢の改善がわかります。このため、すぐに症状が軽くならなくても、治療に対するモチベーションを長く保てるでしょう。

もちろん姿勢分析ソフトには、AI(人工知能)を使わないものもあります。しかし、専用の機器を体につけたり、手動で関節の位置を指定したりしなければならないため、AI(人工知能)による分析のほうが簡単です。患者である私たちにとっても、分析にかかる時間と手間を減らすことはとても重要ですよね。

実際に接骨院でAI(人工知能)を使った事例

リハビリのイメージ
愛知県にある「鍼灸接骨院そら」は、「シセイカルテ」という姿勢分析のAI(人工知能)を導入しました。もともと姿勢について「目に見えるかたちで説明してもらいたい」という要望があり、一目でわかりやすい形で伝えられる方法を探していました。姿勢を可視化できるシステムは複数ありますが、数秒で解析結果がわかる点や、測定データを図表や3Dアバターでシンプルかつわかりやすく表示する点から「シセイカルテ」が選ばれました。

実際に受診する際は、まず姿勢分析を行い、問診表を書きます。施術が終わったら、分析の結果を見ながら現在の状況と今後の施術計画について説明をうけ、次の来院日程を決めます。

このシステムの導入により、患者とスタッフのコミュニケーションが取りやすくなりました。主訴以外に別の症状で悩んでいることを知るきっかけにもなり、リピート率と患者からの信頼度が以前と比べ格段に向上しました。また、私生活による姿勢の歪みを可視化し、痛みがなくなった後も身体の変化をデータで確認しながら実感できるようになりました。健康に対してのモチベーションアップや来院の目的意識の明確化につながり、再来院率の向上に非常に役立っています。

今後、接骨院におけるAI(人工知能)活用はどんどん広がる

骨格をチェックするイメージ
接骨院向けのAI(人工知能)は、誰にでもわかりやすく体の状態を表示できるため、採用事例が増えています。精度の向上と表示できる情報の増加、周辺機能の追加などが進めば、接骨院へのAI(人工知能)の普及はさらに加速するでしょう。

特別な機材が必要なく、写真撮影のための広さがあればどこでも手軽に使えるのは、AI(人工知能)による分析の大きな利点です。忙しい現場でも丁寧に説明できるようになれば、効果が実感できる確実な治療につながります。

今後の技術の発展によっては、接骨院のAI(人工知能)が様々な形で治療を支援するようになるかもしれません。姿勢分析の結果を活用して施術内容を提案したり、施術後に改善すべき習慣やトレーニングメニューなどを示したりできるようになれば、スタッフの負担が軽減されます。帰宅後に自己診断やトレーニングの管理などもできるようになったら、健康への関心を持続させられるに違いありません。

まとめ
さて、今回は接骨院におけるAI(人工知能)の活用についてお伝えしました。接骨院とは、柔道整復師という国家資格を持つ人が、伝統的な手技によって施術を行うところです。骨折や脱臼、捻挫などの怪我の治療の他に、整体やリラクゼーションマッサージなどを提供しているところもあります。

接骨院でAI(人工知能)を活用するところは増えており、数枚の写真から骨格の状態を推定できるので、問題を発見するのに役立ちます。誰にでもわかりやすく体の状態を説明できるようになるうえ、短期や長期での比較もできるので、効果的に治療できるようになりました。

実際に導入し、有効に使っている接骨院はいくつもあり、これからも増えていくでしょう。今後も機能の追加や発展が続いていくので、接骨院を選ぶ際は、AI(人工知能)による分析が提供されているかどうか調べてみましょう。

そんな中、当メディア(AIZINE)も接骨院で使えるAI姿勢分析「Posen」を開発しました。実際に、接骨院の導入件数もどんどん増えています。実際に姿勢分析に興味がある方は、まずこちらをご覧ください。

Posenのイメージ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました