DX(デジタルトランスフォーメーション)

デジタルディスラプションとは?その意味と生き残るためのポイント

デジタルディスラプションとは?その意味と生き残るためのポイント

時代の流れはとても早く、アナログからデジタル、デジタルからさらに様々技術が誕生していますよね。例えば人から人への伝達手段として、アナログな方法だと手紙が挙げられます。その伝達手段として手紙からポケベル、メール、そして今ではチャットと言う便利なサービスが生まれ、そのツールの利用度合いは移り変わ離ました。このように、簡単に言うと新しいものが生まれることで、従来のものが廃れること、また無くなることをデジタルの世界では「デジタルディスラプション」といいます。

実は、今までの歴史の中で何度も何度もデジタルディスラプションが発生しています。それは日本だけでなく、世界各国で技術の発展、新しい製品やサービスが誕生するたびに発生する可能性があるでしょう。その一方で、デジタルディスラプションで自社の製品、サービスがデジタルディスラプションの犠牲になる可能性も0ではないので、将来的に不安になりますよね。

そんなわけで、今回はデジタルディスラプションとは何かという基礎的情報から、どんどんと当たらしいものへシフトする世の中で生き抜くためのポイントを解説します。

デジタルディスラプションとは

デジタルのイメージ

デジタルディスラプションとは既存の産業を根底から揺るがし、崩壊(ディスラプション)させるような破壊的イノベーションです。

例えば、メールは今や多くの人が使ったことがありますよね。そのメールが社会に浸透する一方で、手紙やはがきの数が少なくなっています。他にも、ワープロが消えてパソコンが浸透したといったツールの変化もデジタルディスラプションに当たります。

このデジタルディラプションは企業が新しい技術を使用し、ローエンド製品(低性能、低価格な製品)を新たに開発、もしくは改良した結果、ハイエンド製品(高性能、高価格な製品)に生まれ変わることも意味します。

つまり、新しい商品、サービスが生まれることで古いものが廃れる、無くなることです。

そんなデジタルディスラプションは、私たちの暮らす日常で数多く起こっています。それでは次に、デジタルディスラプションが起こしうる影響について解説しましょう。

デジタルディスラプションが起こしうる影響

革命のイメージ

デジタルディスラプションが発生すれば、緩やかに変化していくのではなく、急激な変化で破壊的なイノベーションが起こります。その起こしうる影響としては、従来のローエンド製品(低性能、低価格な製品)が一気に必要がなくなり市場から姿を消します。

例えばメールを使う人もいれば、最近ではSNSのようなビジネスチャットツールが普及するようになりました。これらは月額料金がかかることが多いですが、これにより社内・社外のコミュニケーションがスムーズになります。その一方で、メールを使う企業が少しずつ減っているというのも事実です。

そうなるとイノベーションを起こした側は問題ないですが、今まで売れていた製品が売れなくなる事態に陥る方は企業としても非常に危険な状況になるかもしれません

また急激なイノベーションにより市場の構図は大きく塗り替えられことで企業だけでなく、顧客側も大きな変化が伴います。使っているサービス・商品が変わることで、その新しい技術がわかる人・わからない人の差が出る可能性があります。

すでに起こっているデジタルディスラプションの事例

カメラのイメージ

それでは、実際に起こったデジタルディスラプションの事例を挙げます。

カメラ業界におけるデジタディスラプション

カメラは思い出を映像として残したいときに使用したいですよね。実はそんなカメラでも、デジタルディスラプションが起こっています。

インスタントカメラは数十年前、一家に一個は必ずあると言われるぐらい使用されていました。撮影をし終わって現像に出す、という経験がある方もいるかもしれません。

しかし、よりキレイな画像を撮影できるデジタルカメラの誕生や、スマートフォンに付いているカメラ機能がつきました。実際にスマートフォンのカメラの機能面を見てみるとデジタルカメラにひけを取らないキレイな画像、インスタントカメラにひけを取らない、手軽さ、現像のしやすさがありますよね。この全てのニーズに応えられていることがハイエンド製品(高品質)の証明となるでしょう。その一方で、インスタントカメラの必要性が薄れ、ほとんど目にすることがなくなりました。

人への伝達手段で起こったデジタルディスラプション

人への伝達手段として、私たちは言葉を使いますよね。その一つとして発達したのが、手紙です。

手紙は、離れた場所にいる人に伝達できるツールとして重宝されてきました。そんな手紙に関してもデジタルディスラプションが起こっています。手紙は距離が離れているほど、伝えるには時間がかかってしまいます。そこで登場したのが、ポケベル、メールで人への伝達手段のメインツールとなりました。

さらに、そんなメールも現代社会ではチャットと言う新しいツールが誕生することで必要性が薄れていっているでしょう。

デジタルディスラプションで生き残るための方法

イノベーションのイメージ

それではデジタルディスラプションが起こっても生き残るための方法を解説します。

技術開発を外部委託する

製品開発において自社のみで完結させてしまうと、プロジェクト内でどうしても結果を出さないといけないため、新たな挑戦をしない傾向になります。

つまり固執した研究が主体となってしまうため、幅広い視野での研究ができません。そこで自社だけでなく研究を外部へ委託することで新しい情報、また結果を出すための新しい挑戦ができる環境を見出せるでしょう。既存の製品、サービスで満足せず、常に改良、また新たなものを生み出す努力をしないとデジタルディスラプションに負けてしまうに違いありません。

新規で市場を開拓する

デジタルディスラプションに対しては、新しい市場を常に意識して新規開拓に挑み続けましょう。既存の販路のみであればいつかは頭打ち、競争の激化が発生するので、新たな窓口を求めてアンテナを伸ばす必要があります。

特に現代社会は市場が細分化され、顧客のニーズを掴み辛い状況となっています。まずは顧客から自社が何を求められているのか、何なら対応できるのかなどCRMなどのマーケーティングツールを利用して分析することも必要です。

デジタルディスラプションを学ぶための本

本のイメージ

それでは、デジタルディスラプションを学べるおすすめの書籍を紹介します。

デジタル・ディスラプション時代の生き残り方

この本は、日本の経営コンサルタントで有名な大前研一さんが書いた本です。本書の内容としては、既存の多くの産業はデジタル化で破壊的イノベーションの影響を受けていて、自社の変革を求められている状況を取り上げながら、企業と個人はどうやって立ち振る舞えば良いのか具体的な解説がされています。

今後はは今までのやり方では通用しない時代が来るので、個人と企業が生き残るためにはこの本はは欠かせません。

大前研一 デジタル・ディスラプション時代の生き残り方 (「BBT×プレジデント」エグゼクティブセミナー選書) | 大前研一, |本 | 通販 | Amazon
Amazonで大前研一, の大前研一 デジタル・ディスラプション時代の生き残り方 (「BBT×プレジデント」エグゼクティブセミナー選書)。アマゾンならポイント還元本が多数。大前研一, 作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また大前研一 デジタル・ディスラプション時代の生き残り方 (「BBT×プレジデント」エグゼ…

DIGITAL DISRUPTION

アメリカのアナリストがデジタル社会における破壊的イノベーションについて論じた一冊です。デジタルテクノロジーの進化による影響、そして今後ますます問題となっていくことが詳しく解説されています。

本書を読むことでイノベーション後の未来像がイメージでき、どう対応すべきか明らかにできるでしょう。また自分がディスラプター(破壊者)として動くための行動基準、考え方など解説されているのが大きな特徴。

https://amzn.to/3cjjpsv

デジタルディスラプションの今後

未来の成功のイメージ

デジタルディラプションはあらゆる産業で起こっています。さらに技術の発展により、AI(人工知能)やIoTと言った技術の誕生で年々そのスピードは加速しています。

デジタルディスラプションに対応するには自社製品がローエンド製品にならないように研究、開発に力を入れる、新たな取り組みをし続けることが大切でしょう。そのためにはデジタル技術を駆使することも必要で、CRMなどのマーケティングツールを利用したり、自社を根底から改革するデジタルトランスフォーメーションに取り組むことも重要です。

それを実現するだけで、ハイエンド製品を生み出す可能性のアップが見込めます。またディスラプター(破壊者)のスピード、柔軟性、有効性に対抗するべく、新たな人材を雇用しましょう。

当メディア(AIZINE)の運営会社お多福ラボでも、デジタルディスラプションに負けないデジタルトランスフォーメーションのサポートをしています。少しでもデジタル化をお考えの方は、まずこちらからお問い合わせください。

AI(人工知能)/DX(デジタルトランスフォーメーション)開発のお多福ラボ

さて今回はデジタルディスラプションとは何なのか、基礎的情報から、世の中を生き抜くためのポイントを解説しました。

それでは、内容を振り返りましょう。

  • デジタルディスラプションとは企業が新しい技術を使用し、ローエンド製品(低性能、低価格な製品)を開発、もしくは改良した結果、ハイエンド製品(高性能、高価格な製品)に生まれ変わること
  • デジタルディスラプションが現実で発生すれば、緩やかに変化していくのではなく、急激な変化で破壊的なイノベーションが起こる。その起こしうる影響としては従来のローエンド製品(低性能、低価格な製品)が一気に必要がなくなり市場から姿を消す
  • デジタルディスラプションが起こることで消えていく存在にならないために生き残るための方法として技術開発を外部委託すること、市場の開拓をすることが必要
  • デジタルディスラプションに対応する方法としては、研究、開発に力を入れる、CRMなどマーケティングツールの利用などがある

現代は、市場の変化が激しく、ニーズが細分化された今の世の中で生き残ることが簡単ではないでしょう。単なる精神論で挑んでいくのではなく、これからの活動は、新しいデジタル技術をうまく取り入れることで、より効率的な活動ができるに違いありません。

自分がデジタルディスラプションの犠牲者にならないためには、先を見据えて、早い段階からデジタル技術を駆使した効率的な活動ができるように準備をしましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました