ライフスタイル

これを読めば対策はバッチリ!Pythonの資格試験とその合格方法とは

Python学ぶ人のイメージ

これからプログラマーを目指している方やすでに現役で活躍されている方にとって、Pythonの資格は取得しておきたいですよね。

現在プログラミング言語の数は200とも300とも言われています。その中でも習得したいプログラミング言語として多くのIT関係者から名前が出ているのがPythonです。

その理由にはWebサービス、アプリの多くにPythonが使用されていることや、最近さまざまな分野で活用され始めているAI(人工知能)開発でも使用されていることが挙げられます。そしてそれにともないPythonを扱えるプログラマーの求人数も増えているのです。

しかしプログラマーになりたくてそれらの求人に応募しても自分が持っているPythonのスキルを証明するのは難しいでしょう。ですからPythonの資格を取得しておけば自分のスキルを証明できます。

ではPythonの資格を取得するためにはどうすればいいのでしょうか。

そこで今回は、現在あるPythonの資格試験の種類と、それぞれの試験内容と勉強方法についてお伝えします。

Pythonの公式資格試験とは

エンジニアのイメージ

現在、さまざまな業界で、その道のスキルを証明するために資格が設けられていますよね。そしてそれらの資格は大きく国家資格と民間資格に分けられます。

一般的な見方で国家資格と民間資格を比べると国家資格のほうが優れているイメージがありますよね。

しかし、現在あるPythonの資格は日本国内に2つ、海外に4つありどれも民間資格。ですがどの資格も取得することでPythonのスキルを十分に証明できる公式資格です。

国内で受験できるPythonの公式資格

現在日本国内で受験できるPythonの資格は、⼀般社団法⼈Pythonエンジニア育成推進協会が実施している「Python3エンジニア認定基礎試験」と、2020年の春から実施予定の「Python3エンジニア認定データ分析試験」。

Pythonエンジニア育成推進協会は、2016年6月29日にPythonエンジニアの人材の確保と育成を支援する目的で設立され、Python3エンジニア認定基礎試験は2017年6⽉から実施され始めました。

この資格はまだ新しい資格ではありますが、Pythonの入門試験とも言える内容なのでこれからPythonを学び始める方にとっては知識を深めるキッカケになり、そして資格を取得すればPythonのプログラマーとしてのスキルを証明できます。

そしてPython3エンジニア認定基礎試験の上級資格になるのがこれから実施予定のPython3エンジニア認定データ分析試験。

この資格はまだ未実施なのでその全容はつかめませんが、「Python3エンジニア認定基礎試験」とともに公式サイトに概要が掲載されているので下記のURLからご覧ください。

Pythonエンジニア育成推進協会公式サイト

 海外で設けられているPythonの資格

そして海外には「Python Certifications(パイソン・サーティフィケーション)」というPythonの資格があります。

この資格はポーランドのNPO「OpenEDG Python Institute」が実施。Python CertificationsにはEntryとAssociate、Professional の3段階のレベルで資格が設けられています。
Entry(エントリー)の「PCEP」は初級レベルの資格になり、日本のPython3エンジニア認定基礎試験と同じPythonへの入門試験です。
Associate(アソシエイト)の「PCAP」は中級レベルの資格で、続いて最上級レベルのProfessional(プロフェッショナル)には「PCPP-32-1」と「PCPP-32-2」の資格が設けられています。

そして注意していただきたいのは、海外の資格なので試験問題はすべて英語表記になっているので、問題を理解するための英語力が必要だということです。

そのためPythonの知識や技術も求められますが、それ以前に英語⼒も求められるので高い難易度の資格試験だと言えます。

しかし取得できたときの見返りは大きく、Pythonエンジニアとして海外も視野に入れた活動も可能でしょう。

Python Certificationsに関する詳細については下記の公式サイトをご覧ください。

OpenEDG Python Instituteの公式サイト

Pythonの資格を取ることのメリット

Pythonのイメージ

現在Pythonは、AI(人工知能)開発の中心的なプログラミング言語を担っていることもあり、2019年に実施された⽇経XTECHによる「今、どの資格を取るべきか」の調査結果でPython3エンジニア認定試験の名前が3位にあがりました。この結果からもPythonに対する注目度と資格の取得が重要視されていることが伺い知れますよね。

これまでIT業界では資格ではなく経験年数と持っているスキルが問われていましたが、先ほど紹介した調査結果からもPythonの資格を取得したいと考えている方が多く、それはIT業界で求められたいることだと言えるでしょう。

そしてPythonの資格を取得すれば次のようなメリットが得られます。

試験勉強でPythonについて効率よく学習できる

現代ではインターネット環境が整っていれば誰でもプログラミングを始められます。しかし初心者だと「どこから学び始めればいいのだろう」と迷ってしまいますよね。

Pythonに限らず各資格試験はその資格に必要な知識と技術について体系的に出題しています。そのため資格の取得を目指して試験勉強をすればPythonについて効率よく学習できるでしょう。

Pythonに関する自分のスキルを証明でき高収入にもつながる

そして、Pythonの資格を持っていることは必然的にPythonのスキルを持っていることを証明しています。ですからそれが周囲からも評価を得られるので就職活動の際にも有利にはたらくのです。

日経XTECHの記事によると15の主要開発言語を年収でランキングにするとPythonエンジニアは第6位で平均608万円の上位に入っています。

この結果から分かるようにPythonを扱えるようになると高い水準の収入にもつながります。またAI(人工知能)開発などのスキルも身につけていけば、より高収入を得られるようになるでしょう。

Pythonの公式資格試験の出題範囲

勉強する人のイメージ

世界的に有名な中国の兵法書である「孫子の兵法」の中に「敵を知り己を知れば百戦あやうからず」という教えがあります。これは「向かう相手の状況と自分の実力を知ることで、どんな戦いでも負けない」という意味です。

この言葉を資格試験に当てはめると、合格するためにはまず「どのような問題が出るのか」を各資格試験の出題範囲から把握して、その上で自分の実力を知り勉強していくことで確実に資格が取れるようにしていきます。

そして出題範囲を知ることが合格への第一歩になるのです。それではそれぞれの資格試験の出題範囲を見ていきましょう。

Python3エンジニア認定基礎試験

Python3エンジニア認定基礎試験では主に文法の基礎を問う試験内容です。

Python3エンジニア認定基礎試験の出題範囲は主教材になっている「Pythonチュートリアル 第3版」の内容全般が範囲になっています。

この本ではPython入門者のためにPythonに関する基本的な機能から特徴的な機能を解説し、Pythonの全体像をつかみやすくしています。

Python3エンジニア認定基礎試験は2017年の6月から実施されその合格率は70~80%と言われており、比較的に難易度が低いと言えるで「Pythonチュートリアル 第3版」でしっかりと基礎を身につければ確実に合格へ近づけるでしょう。

Python3エンジニア認定データ分析試験

Python3エンジニア認定データ分析試験は、主にPythonによるデータ分析の基礎や方法を問う試験です。

公式サイトにもあるように試験問題の出題は主教材に指定されている「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」から出題。

まだ実施されていないのでどの程度の難易度かは不明ですが、Python3エンジニア認定基礎試験と同様に主教材の「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」の内容をしっかりと学習しておきましょう。

Python Certifications(パイソン・サーティフィケーション)

Python CertificationsでEntry(エントリー)の試験「PCEP」は日本のPython3エンジニア認定基礎試験と同じで基礎を問う試験です。

Associate(アソシエイト)の「PCAP」は基礎に加えてPythonを実務で扱えるかが試されます。そしてProfessional(プロフェッショナル)レベルにはPythonを使ったデータ分析などの高度なスキルが問われる「PCPP-32-1」と最高レベルのスキルが必要な「PCPP-32-2」があります。

Python Certificationsについては試験問題の情報が少なく合格率も不明ですが、Pythonが国内と海外で違いが出ることはないので、先にお伝えした国内資格と同じように基礎を身につけ、そこからレベルを上げて行きながら学習を進めることが大切です。

Pythonの資格試験に対する勉強⽅法

書籍のイメージ

お伝えしたようにPythonの資格は国内と海外の資格はともに段階的に各資格が設けられているので、それぞれのレベルに合わせた勉強を行わなければなりません。

ここではそれぞれの各資格試験に合わせた勉強方法についてお伝えします。

「Python3エンジニア認定基礎試験」

Python3エンジニア認定データ分析試験の勉強方法については試験問題が認定教材の「Pythonチュートリアル 第3版」から出題されていることがポイントです。

公式サイトにも掲載されているように試験問題は主にこの参考書の各章から出題され、その掲載内容を見ると特に次の3章の出題率が高くなっています。
  • 「3章 気楽な⼊⾨編」が6問で出題率が15.0%
  • 「4章 制御構造ツール」が9問で出題率が22.5%
  • 「5章 データ構造」が7問で出題率が17.5%

上記の3つの章については特に重点的に勉強をしておきましょう。

過去に実施されたPython3エンジニア認定基礎試験では70~80%と高い合格率を出していますので、「Pythonチュートリアル 第3版」の内容を理解することで確実に資格取得へ近づけます。

また公式サイトでは参考教材としてオンライン学習サービス「PyQ」とオンライン講座「Python入門2020」が紹介されており、これらのサービスも利用することでPythonを効率よく勉強していけるでしょう。

「Python3エンジニア認定データ分析試験」

Python3エンジニア認定データ分析試験の試験問題は「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」から出題される予定です。

公式サイトにはこの本の各章別の出題数と割合についての記載があり、それによると次の通りにPythonライブラリからの出題数が特に多いことが分かります。

ライブラリによる分析実践

  • 4-1 NumPy 出題は6問 問題割合15.00%
  • 4-2 pandas 出題は7問 問題割合17.50%
  • 4-3 Matplotlib 出題は6 問 問題割合15.00%
  • 4-4 scikit-learn 出題は8 問 問題割合20.00%

他の章と比べても断然、出題割合が多いのでライブラリについてはしっかりと学習してください。

この試験に関しても主教材の「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」の内容を理解することが合格への近道です。そしてPythonを使ったデータ分析の基礎的な技能が問われるので、確率と統計に関する基礎知識や計算方法についても学習しておくといいでしょう。

また実際に勉強していくと理解の難しい事柄も出てくるので、Pythonオンライン学習サービス「PyQ」など利用して効率を上げましょう。

「Python Certifications」

海外の資格試験「Python Certifications」は公式サイトを見ても参考教材や勉強方法についての紹介は見当たりませんでした。

しかしプログラミング言語であるPythonは世界共通なので、ここまでにお伝えしてきた参考書や学習サービスを利用してレベルに合わせた勉強をしていきましょう。
ただし問題は英語で出題されるので英語力も必須であることを心得ておいてください。

どの資格試験も参考書や学習サービスなどを利用して勉強をしていくことが合格への近道。そしてもう一つ大切な勉強方法がプログラミングの実践です。

参考書や学習サービスにはプログラミングの実践が学習内容に盛り込まれているので、その解説にしたがいプログラミングを行うとより分かりやすくなります。

前章で紹介した孫子の言葉の「己を知れば百戦危うからず」が資格試験の勉強方法です。Pythonの勉強方法には複数ありますが、その中から自分に合った方法を選択して学習していきましょう。

Pythonの資格試験におすすめの参考書

本のイメージ

そして最後にPythonの資格試験におすすめの参考書をご紹介します。

各資格試験の勉強方法には参考書やオンライン講座、オンライン学習サービスなどの選択肢がありますが、まずは参考書を購入して学び始める方が多いのではないでしょうか。

Python3エンジニア認定基礎試験では主に「Pythonチュートリアル 第3版」から、そしてPython3エンジニア認定データ分析試験は「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」から出題されるので、この2冊を使用した勉強は必須です。

「Pythonチュートリアル 第3版」ではPythonの基礎について解説していますが、実際に本を開いていてみるとまったくの初心者にはもう少し噛みくだいた内容が必要だと感じました。

そこで上記の2冊以外で勉強に役立つ参考書を紹介します。

Python3エンジニア認定基礎試験におすすめの参考書「Pythonスタートブック」

プログラミングと聞くだけで数字や英字、記号が羅列したコードをイメージしてしまい、それだけで難しく感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。

「Pythonスタートブック」はイラストやサンプルを使用しているのでPythonについてまったく知識がない方でも理解しやすい内容です。そしてPythonの基本中の基本から応用までを分かりやすく解説してあるので一からPythonを楽しく学べるようになっているので初心者におすすめ。

 Python3エンジニア認定データ分析試験におすすめの参考書「Pythonで学ぶあたらしい統計学の教科書」

Python3エンジニア認定データ分析試験ではPythonを使用してデータ分析を行うスキルが求められ、主教材になっている「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」を理解することが大切です。

この参考書を開いてみると比較的に読みやすい内容なのでPythonによる初めてのデータ分析に触れる方でも分かりやすくなっています。そしてこの資格試験ではデータ分析のために統計学の知識もある程度必要になってきます。

「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」でも統計学について解説がありますが、もう少し踏み込んで学びたい方には「Pythonで学ぶあたらしい統計学の教科書」がおすすめです。

はじめてPythonのデータ分析を学ぶ方にとって次の3点は特に知りたい内容です。

  • データをどのように分析するのか
  • なぜそのように分析するのが良いことなのか
  • Pythonを使ってどのように分析するのか

「Pythonで学ぶあたらしい統計学の教科書」ではこの3点を重点的に解説しています。そしてデータ分析に必要な統計学について知識がゼロの状態でも学びやすい内容なので参考にしてみてください。

 

資格を取る人のイメージ

現在Pythonの資格は国内では2資格、海外だとポーランドの団体が実施している4資格があります。そして海外の資格ではPythonの技能に加えて英語力も必要になるので必然的に難易度は高くなります。

そのためこれからPythonの資格試験に挑戦される方は、まず国内の「Python3エンジニア認定基礎試験」と「Python3エンジニア認定データ分析試験」の取得を目指すほうがいいでしょう。

国内の各資格試験では主に主教材の参考書から出題されると分かっているので試験勉強がしやすく、また「Python3エンジニア認定基礎試験」では70~80%の合格率が出ているので比較的低い難易度だと言えます。

しかし低い難易度だと言っても、努力をせずに取得できるような資格ではありません。

Pythonの勉強にはお伝えした参考書やオンライン講座、学習サービスなどを利用する方法がありますが、自分にとって最適な方法を選択して勉強していきましょう。

また勉強は資格を取るためにするのではなくPythonを理解するためにしていくことが大切です。

そしてそれが自分自身の能力にとなっていき、その先にはPythonの資格とPythonについて本当に理解できた自分が待っています。

Pythonはその使い勝手の良さからさまざまなWebサービス、アプリなどの開発で使用され、そして現在活発に開発されているAI(人工知能)は主にPythonがプログラミングで使用されており、これから先を考えてもPythonの重要度は変わりません。ですからPythonの資格を持つメリットはこれからもっと高くなると予想できます。ぜひ今のうちに資格を取得しておきましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました