AIで手堅く運用するビットコイン自動売買活用術

AIで手堅く運用するビットコイン自動売買活用術

近年、ビットコイン、リップル、イーサリアムなどの「仮想通貨」を投資運用することが話題になってきました。みなさんもネットやテレビCMなどで一度は耳にしたことはありますよね。ただ、他の金融商品に比べてビットコインは値動きが激しくリスクが高いことから、知っているけどなんだか怖いし買ったことはない、という人も多いのではないでしょうか。

そこで、注目されているのがAIによるビットコインの運用です。ビットコインの運用にAIを使いこなすことができるようになれば、かなりハードルもさがるのではないでしょうか。今回は、AIを活用して手堅く運用するための方法をご紹介しますので、皆さんがAIとビットコインの自動売買取引について少しでも知ることができれば幸いです!

すでに株やFXの世界では、AIによる自動トレーディングが実用化されています。
すでに株やFXの世界では、AIによる自動トレーディングが実用化されています。しかし、AIによるビットコインの運用となると、まだまだ情報が少ない上に、自動でトレードできるツールもあることにはありますが扱える仮想通貨が少なく、まだまだ値段も高価で品質が低いということが、残念ながら現状なんですよね。「AIがディープラーニングによって、多数あるビットコインの中から自動で選定し、最適なトレードを行う」このような完全自動化は、まだまだこれからといったところでしょうか。

ただ、現在すでにAIがあらゆるデータをテキストマイニングして、ビットコインの投資判断に活用することや、価格を予測をすることが行われているのです。これらを上手に活用することができれば、変動が激しくリスクの高い仮想通貨でも手堅く運用することができるようになりますよね。では、どのようにしてAIを活用して投資判断に役立てるのか、その方法をお伝えしましょう。

AIよるビットコイン関連ニュースの収集

AIよるビットコイン関連ニュースの収集

これは全ての金融商品の売買に共通して言えることですが、関連ニュースを収集することはとても重要なことです。しかし株やFXと比べて、ビットコインに関する情報は「難易度が高い」と言われていることを覚えておいてください。

1つに「情報が理解しにくい」ということがあります。株やFXでは、ニュースやマクロ指標を見れば、どのような値動きになるのかだいたい予測することができますよね。しかし、ビットコインに関するニュースは、具体的に何を伝えたいのか、その情報が値動きにどのような影響を与えるのかなど、ものすごく分かりにくいのです。例えば、「XRP価格が高騰した!」といったようなニュースを見ても、専門的な知識がなければ何のことか全く分からないですよね。その情報が自分にとってどれほど価値があるのか、その判断が難しいのがビットコインなのです。

もう1つは、「詐欺情報が多い」ということです。ビットコインはまだ値動きの乱高下が激しく、上手くやれば利益を生み出しやすいので、情報操作が後を絶たないのです。俗に言う「フェイクニュース」や「フラッシュパンプ」といった「風説の流布」に対して、未だに十分な規制が行われていないことが原因としてあります。最近では、ICO(仮想通貨を発行して資金調達をする方法)を実施して資金を集めたのちに姿を消すスタートアップが相次ぐなど、詐欺まがいの手法が話題になりました。

難易度の高い情報を理解し、その真偽を見極める…。これらを個人の知識レベルで補うにはやっぱり限界がありますよね。AIはその部分の大きな力になって、価値のあるニュースの抽出からその真偽判断、周りの感情値分析などを行うしょう。現在、価格変動に影響度が高い情報を収集するサービスを開始したり、仮想通貨市場の取引データと世の中の動きを分析し、その類似点や相違点を見つけ出す実験が、すでに企業で始まったりしています。

AIで未来の価格予測

AIで未来の価格予測

実はもうすでに、AIによるビットコインの価格予測は行われています。そこで注目されていたのが、マイクロソフトの元コンサルタントが開発した「ウェブボット」と呼ばれる予測プログラムです。

ウェブボットは、ビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、ネオなどの価格を予測し、時期などの多少のずれはあったのものの高いパフォーマンスを発揮しました。ちなみに、ウェブボットが予測した2017年のデータによると、ビットコインに投資する世界人口は1%前後から13%弱に増加すると計算し、ビットコインがこれからも大幅に伸び続けると予測したのです。

しかし最近になって、開発者は「ウェブボットの予測が価格変動に影響を与えたくないので、今後は予測を公表しない」と発言し、未だにその情報は更新されていません。それほどまでに、AIのビットコインの価格予測に対して、みんなが大きな期待をしていることが分かりますよね。このような事例をみると、近い将来、必ずAIがビットコインの価格予測に活用されることは確実でしょう。

 

さて、関連ニュースの分析や価格変動の予測などは、すでに実用可能なレベルまできていることが分かりましたが、これからもっとその精度は高くなることでしょう。そして、大事なこととして、皆さんには「ビットコインは既存の常識は通用しない」ということを知っておいてほしいです。
初めはほぼ0円で、一部のギークしか知らなかったビットコインが、最高価値200万円を超えて個人や企業だけではなく、世界中の国をも巻き込んでビットコインブームを生んでいます。こんなこといったい誰が予想できたでしょうか?ビットコインには常識が通用しない中で、AIが何のデータを集め分析し、どんな行動をするのか、AIによるビットコインの売買はそこが本当に面白いんです!

今回は、AIで手堅く運用するビットコイン自動売買活用術ということで説明してきました。結論からすると、AIによるビットコイン売買はまだまだ発展途上です。しかし、ビットコイン関連のAIの活用はかなり進んでいて、データはかなり蓄積されている状態にあります。近い将来、AIによるビットコイン取引が当たり前になって、私たちがAIを上手く活用することができるようになると良いですよね。

参照元 仮想通貨の価格変動をAIで予測するSIGNAL 開発会社FACTBASE代表の高橋氏にインタビュー
AIが2018年秋の仮想通貨の価格を予測、とんでもないことに!ビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップル、イーサリアム、ライトコイン、ダッシュ、ネオなど
We Are Crashing Now

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

そねあす
AIZINE編集部のそねあすです。記事の編集を担当しています!

もともとデザインやHTML、CSSと仲良くしていたつもりがあれよあれよと編集の世界に。AI(人工知能)は作れないけど興味深々なんでまずはSiriを使いこなしてみようと模索中です。

編集初心者が、自動運転やAI家電、AI(人工知能)を使った未来まで 日々変化していくAI(人工知能)のニュースをお届けします!