AI(人工知能)ニュース

思い通りに育てることができる「メイドカーナビAI」がすごい

思い通りに育てることができる「メイドカーナビAI」がすごい

今の時代、カーナビは車の標準装備になっていたり、スマホやタブレットでカーナビアプリを手軽に使っている人が多かったりと、ほとんどのドライバーにとって必須アイテムの一つとなってきていますよね。そのカーナビの分野でもAI(人工知能)が進出しているんです。

カーナビでAI(人工知能)がどのように使われているかというと、例えばドライバーが話しかけた内容をAI(人工知能)が音声認識によって検索し、そこからカーナビが目的地を設定。それらをAI(人工知能)が学習し続けるようになっているのです。

実はAI(人工知能)搭載のカーナビで、音声対応や目的地案内をメイドのキャラクターが対応してくれるものがあります。メイドのキャラクターが好きな方ならテンションが上がってしまいそうなこのカーナビは、世界で初めて開発されました。このカーナビからどんなセリフが聞こえてくるのか、どんな技術が使われているのかなど、気になってしまいますよね。

そこで今回は、思い通りに育てることができる「メイドカーナビAI(人工知能)」についてお伝えします。

メイドカーナビとは?

MAPLUS+

日本でのメイドのイメージといえば、メイドカフェやアニメ、コスプレで人気が高いという印象をもつ方が多いかもしれません。ちょっと独特な、限定的な世界のキャラクターという感じですよね。でも最近では、女性のみ、または男女のカップルでメイドカフェに行く人も多く、観光地のようになっているメイドカフェもあります。

またインバウンドで、日本に観光に来た外国人観光客にもメイドの人気は高まっているようです。そんな男女を問わず人気で、しかもグローバル化しているメイドに注目して、メイドにナビゲーションさせるメイドカーナビAI(人工知能)が開発されました。それがこの「MAPLUS+」です。

仕組みを説明すると、まずメイドカーナビAI(人工知能)とユーザーが交わした会話の内容から、AI(人工知能)がユーザーの行動や会話を学習していきます。続けてそれらの情報をもとに、AI(人工知能)がドライバーに合わせて最適化したキャラクターを作り上げ、そのキャラクターがナビゲートしてくれるシステムなんです。つまりメイドキャラクターが自分の趣味や好みにどんどん合わせて、育っていくということですよね。これはワクワクする人も多いことでしょう。

とてもユニークな発想から生まれたこのカーナビの研究・開発にあたっているのが、株式会社エディア株式会社SPJの2社です。それぞれ、どんな業務を行っている会社なのかご紹介します。

株式会社エディアのホームページのニュースによると、株式会社エディアと、株式会社SPJは、2018年3月12日より、AI(人工知能)関連技術(機械学習※1、ディープラーニング※2、自然言語処理※3、ビッグデータ解析※4等)を活用した次世代カーナビ・ゲーム等の開発を目的とする共同研究開発を開始すると発表しました。

引用※1 【機械学習】人間が自然に行なっている学習能力と同じ機能をコンピューターで実現しようとする一連の手法。

引用※2 【ディープラーニング】人間の神経細胞のような多層構造のネットワークを用いた機械学習で、複雑かつ膨大なデータの処理が可能。

引用※3 【自然言語処理】人間が日常的に使っている自然言語をコンピューターに処理させる一連の技術であり、AI(人工知能)と言語学の一分野。

引用※4 【ビッグデータ】一般的なデータ管理・処理ソフトウエアで扱うことが困難なほど巨大で複雑なデータの集合。

また、株式会社エディアの本共同研究開発の概要によると、スマホゲームやナビアプリを運営・開発するエディアが商品またはサービスの企画・学習データの収集を担当。AI(人工知能)ソリューション企業であるSPJがAI(人工知能)関連技術の支援を担当するという、各社が得意分野とする技術を、それぞれ提供しています。具体的には、以下のサービス開発を目指すことを掲げています。

引用1 【第1弾】徒歩・カーナビアプリ『MAPLUS+声優ナビ』の音声操作・対話エンジン

『MAPLUS+声優ナビ(以下「MAPLUS+」)』は、人気声優が演じるキャラクターがナビゲートする徒歩・カーナビアプリです。MAPLUS+独自のオタク・ネットスラング用語を用いた音声対話・音声操作を高精度で実現するための対話エンジンを共同開発します。

引用2 【第2弾】会話・行動を学習し、ユーザー固有の性格に育つメイドカーナビAI(人工知能)

引用3 ユーザーをナビゲートするメイドキャラクター(AI(人工知能))がユーザーとの対話や行動、メイドキャラクターとの親密度、ユーザーの趣味・趣向を学習し、そのユーザー固有の性格に育つメイドカーナビAI(人工知能)を開発し、MAPLUS+に搭載します。

株式会社エディアは、人気アニメ・キャラクターを起用したスマホゲームやナビアプリ「MAPLUS+声優ナビ」を運営する他、長年培ってきた位置情報技術とスマートフォンゲーム開発・運営ノウハウを融合させた位置情報ゲームを複数開発しています。また株式会社SPJは、AI(人工知能)技術研修、AI(人工知能)技術コンサルティング、 AI(人工知能)システムの提供を行う、AI(人工知能)ソリューション企業です。

これまでの説明で、AI(人工知能)を搭載したメイドカーナビが従来のカーナビとは大きく違うことがおわかりいただけましたよね。さらにメイドカーナビは操作性も抜群なんですが、次はそのことについてご紹介しましょう。

圧倒的に便利!

ドライブのイメージ

カーナビって便利だけど、以前主流だった車に設置するタイプのタッチパネルだと場所を検索するのに手間取ってしまったり、目的地変更時にはわざわざ停車して検索し直し…なんてことも誰もが経験ありますよね。ドライバーが一生懸命、目的地を検索するのをみんなでカーナビに“注目!”という感じになったりして、「便利だけどちょっと面倒くさいな」なんて思ったことはあるのではないでしょうか。

しかしメイドカーナビAI(人工知能)は音声対応ですので、目的地を急に変更する場合でも会話の感覚で運転中に話しかけられ、車を停車する必要もなく大変便利です。さらにメイドカーナビAI(人工知能)は会話を続けることで、使えば使うほどユーザーがよく行く場所やお気に入りのお店などを学習し、ますます使いやすくなっていきます。人気声優の演じるキャラクターと会話をすることで、便利なうえに楽しめるのも良いですよね。

 

さて、今回はユーザーの好みに合わせて思い通りに育てることができる「メイドカーナビAI(人工知能)」についてお伝えしました。今や世界的に注目されているといっても過言ではないメイドがカーナビに登場し、AI(人工知能)の能力をいかしてナビゲーションしてくれます。

また、音声対応なので以前のタッチパネルと比べてドライバーにとって便利で安全になっており、何より個々のユーザーに合わせたサポーターになってくれるということですよね。遊び心のあるユニークな発想がユーザーにしっかりと需要を感じさせ、ドライブを楽しむために欠かせないアイテムになっていくでしょう。

今後、株式会社エディアと株式会社SPJの研究開発が順次行われる予定項目の中には、各商品・サービスのグローバル展開(英語圏、中国語圏、スペイン語圏など)もあります。もしかしたら数年後メイドカーナビAI(人工知能)が日本だけでなく、海外でも普通に使われている日も来るのかもしれないので、目が離せませんよね。

コメントをどうぞ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました