人工知能が怖いと思われる理由 5分であなたの不安を解消!

人工知能が怖いと思われる理由 5分であなたの不安を解消!

人工知能(AI)って、怖い。そう感じるのは、映画や小説などフィクションの世界で登場するロボット・アンドロイド、特にSF作品で表現される手法の一つとして、人間そっくりのそれらが時には人を助けたり、また、人を襲ったりなど様々な表現を使って私達に強い印象をつけてきた結果の一つですよね。

心温まる感動ストーリーも、ハラハラドキドキするアクションも、それらは無機質なものではなく、人と変わらないような感情や心を持った存在として、しばしば人工知能(AI)が用いられますが、誰でも一度はこう思うでしょう。「もしこれが現実世界にも存在したら?」

そう考えた時に、最初に思いつくことは人によって違うかもしれませんが、いずれは「人工知能(AI)って怖いな」という感情を持つことが推測されます。では、いったいなぜ恐怖を感じてしまうのでしょうか。

空想の中の世界だけに止まらなくなってきた人工知能(AI)について考えた時の「怖い」と思ってしまう理由と、その不安を5分で解消できるよう、簡単な考察をしてみました。その内容をご覧下さい。

人工知能(AI)に恐怖を感じてしまう大きな理由は「未知との遭遇」が原因

人工知能(AI)に恐怖を感じてしまう大きな理由は「未知との遭遇」が原因

人工知能(AI)を怖いと思うことについて、複数の理由が考えられますが、最初に「怖い!」と思ってしまう理由は、一言でいうとそれが今まで存在していなかったから

私たちが怖いと思う瞬間というのは、例えば交通事故に遭って命の危険にさらされたり、仕事やプライベートで相手から叱責や注意を受けたりする時などが思いつきますが、より近い事柄として心霊体験が挙げられます。

人工知能(AI)が怖いと感じてしまうこともそれと似ていて、存在していないはずの物が見える、あるいは認識できると人は恐怖を覚えます。これは、夜中にお化けを見たり、怖い話を聞いたときに顕著に表れる物で、言ってみれば「未知」とも言えますよね。

人工知能(AI)が怖いというケースに関しても、その存在は今まで空想の中でしか考えられなかったものが、現実世界に出てきてしまうと人はそれを「未知」と考え、怖さを感じてしまうでしょう。

同時に、ワクワクしたり興味を持ったりする方もいらっしゃいますが、これも今までになかったものが現れることに対する好奇心の一種であり、心霊現象と同じように「人工知能(AI)って怖いけどちょっと気になるな」という、ある種の怖いものみたさの一つと言えます。

そんな、未知との遭遇をしてしまったあなたは次にこう考えるでしょう。人工知能(AI)が発達すればするほど、人類はどうなってしまうのか。

これも未知の一つで、誰にも未来のことはわかりません。利便性の良い機械ではなく、思考を持った存在が発達すれば、人との関係性はどうなるのか。

生きていくことに必要な労働は、もしかしたら人工知能(AI)に取って代わられるかもしれない。政治や生き方までも人工知能(AI)が支配してしまったら、人類はどうなってしまうのか。

先のことを考えれば考えるほどわからなくなってしまい、「人工知能(AI)は怖いものかもしれないぞ…」と考えてしまう。これが、人工知能(AI)に恐怖を感じてしまう理由として最初にたどり着く結論の一つです。

どうすれば人工知能(AI)に対して怖さを抱かなくなるのか?未知を既知に変えてみよう!

どうすれば人工知能(AI)に対して怖さを抱かなくなるのか?未知を既知に変えてみよう!

未来を見通すことは不可能でも、今を知ることは努力によって程度の差はあれ可能です。人工知能(AI)を怖いものと思ってしまう思考を克服するその答えとは、意外と簡単!人工知能(AI)を知って下さい。

例えば、人間の手では決して不可能なレベルの手術でも人工知能(AI)なら可能というケースもこれから出てくるかもしれません。しかし、どれだけ人工知能(AI)が発達しても、死んだ人間を生き返らせることはできないように、人工知能(AI)は神様ではありません。

仮に死者を蘇生することなんて出来たなら、それこそまさに人工知能(AI)は怖い物。ですが、それは不可能でしょう。あくまで、人によって作られるテクノロジーの一種です。

先程の例として挙げた医療のケースであれば、決められた範囲内の学習をすることはできても、その学習範囲を自ら終えて、別の学習をすることはできません。従って、人工知能(AI)が人間のできること以上の奇跡や災厄を起こすことが可能というわけではなく、あくまで道具の一つとしてみなすことができます。

できることはたくさんあるけど、使い方はわからない。これは、まだインターネットが無く、パソコンも一般家庭に普及していなかった時代と似ていると言えるでしょう。

人工知能(AI)=怖いものと考える前に、人工知能(AI)で何が出来るのか、どういう効果をもたらしてくれるのかを人々が勉強していくことで未知から既知へと変わることができる段階であると言えます。

その段階を経ることで、人工知能(AI)に対しての恐怖心というものは、次第になくなっていくでしょう。

 

人工知能が怖いと思われる理由 5分であなたの不安を解消!まとめ

あなたが見ているウェブページも、初めは画期的なシステムとして登場し、人から見れば意味が分からず、「本当に安全なのか」や「何か失敗してトラブルが起こるかもしれない」などある種の怖さがありました。しかし、今は子供からお年寄りまで幅広い世代の方達がインターネットを駆使して買い物をしたり、動画を見る時代になっています。

人工知能(AI)においても、今はまだ名称程度しか知られておらず、それを使って何が出来るのか、未来はどうなるのかはこれから専門家達が研究をしないとわかりません。ですが、少しでも人工知能(AI)に対して怖さと興味があるのなら調べてみると良いでしょう。きっと、その存在が害をなすものという結論には至らないはずです。

「幽霊の正体見たり枯れ尾花」のように、人工知能(AI)について正確な認識を持つことが怖さを感じなくなる第一歩ですよね。

まとめ

人工知能(AI)に対して怖さを感じる理由と解決方法とは

  • 人工知能(AI)を未知の存在と感じてしまい、人に対してどういう結果をもたらすかわからないから恐怖を感じる
  • 人工知能(AI)について正しい認識や知識を持つことにより、既知の存在となれば怖さがなくなる

参照元 ”シンギュラリティは怖くない――ちょっと落ちついて人工知能について考えよう”

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

そねあす
AIZINE編集部のそねあすです。記事の編集を担当しています!

もともとデザインやHTML、CSSと仲良くしていたつもりがあれよあれよと編集の世界に。AI(人工知能)は作れないけど興味深々なんでまずはSiriを使いこなしてみようと模索中です。

編集初心者が、自動運転やAI家電、AI(人工知能)を使った未来まで 日々変化していくAI(人工知能)のニュースをお届けします!