教育

AIの理解には機械学習の資格試験が最適!メリット豊富なその理由

勉強のイメージ

「将来、AI(人工知能)が世界を変えるなら今のうちに勉強すべきだよね」と思っている方は多いですよね。

実際にIT技術のある人材は、市場価値が高く、給料も上がっています。2020年には小学校でプログラミングが必修科目になるという情報を聞いて「このままでは置いていかれる…」と危機感を覚えた方もいるでしょう。

ですからもちろん今すぐ勉強を始めるべきなのですが「どこから始めていいのか分からない」という方も多いはず。

そこでオススメなのは『機械学習の資格試験』です。

『機械学習の資格試験』はAI(人工知能)を理解するのに最適。では「専門書から学んだり、講師から学ぶという方法もあるのに、なんで『機械学習の資格試験』が最適なの?」と思った方もいるでしょう。

そこでこの記事では『機械学習の資格試験』のメリットとその理由を具体的に解説します。

機械学習の資格試験を受けるメリットその1:必要十分な範囲を勉強できる

勉強のイメージ

『機械学習の資格試験』は必要十分な知識を獲得できるという点で最適です。

明確な試験範囲が指定されており、合格にいたるまでの道のりに、無駄な寄り道は必要ありません。それに、これに合格したら認めてもらえる、というラインができるので、不安をなくすこともできます。

例えば『機械学習の資格試験』を経ずに、機械学習を始めるとき、どこからどこまで勉強したら良いのか分からないですよね。初級の書籍をかって勉強を始めると、高級になるにつれてどんどん難易度が上がっていきます。すると途中で「自分には無理だ…」と思ってしまうかもしれません。

ですが、中級レベルでも十分社会で活躍できるとしたらどうでしょう。

あなたはすでに社会で活躍できるレベルなのにもかかわらず、自分にはできないと決めつけ、諦めてしまう可能性があります。そうなると勉強してきた時間も、得た知識ももったいないですよね。

なので『機械学習の資格試験』は必要十分な知識を、寄り道なく、得られる点で最適です。

機械学習の資格試験を受けるメリットその2:モチベーションを保つことができる

人工知能のイメージ

『機械学習の資格試験』はAI(人工知能)を勉強するためのモチベーションになる点でも最適。

『機械学習の資格試験』だけにかかわらず、勉強にはモチベーションが必要です。「あの大学に合格したいから頑張る!」「おこずかいアップしてくれるから頑張る!」のように、勉強を継続できる人には明確な目標がありますよね。

その明確な目標に『機械学習の資格試験』はピッタリです。

ですから「『機械学習の資格試験』に合格したいから勉強を頑張る!」という目標ができ、モチベーションを維持できます。
「じゃあ『機械学習の資格試験』以外の目標を作ればいいんじゃない?」と思う方もいるはず。

確かにその通りです。

ですがAI(人工知能)を理解するための明確な目標なんて、そう簡単には見つけられないのではないでしょうか。「いい会社に受かりたい!」を目標にするなら、余計に『機械学習の資格試験』の方が効率的でしょう。

このようにAI(人工知能)を勉強するためのモチベーションになる点で、『機械学習の資格試験』はオススメです。

機械学習の資格試験を受けるメリットその3:資格が価値の証明になる

価値のイメージ

『機械学習の資格試験』は簡単に自分の価値を証明できるという点でも最適です。

資格があれば、信頼できる機関が「この人はこの知識をもった人ですよ」と証明してくれたことになります。

資格を持たない人が、AI(人工知能)について誰よりも詳しかったとしても、その価値を証明することは難しいのではないでしょうか。例えば、面接の際、あなたが一人で「AI(人工知能)に詳しいです!」と言っても、企業側は信じてくれないでしょう。
『機械学習の資格試験』ならば、資格を見ただけで、「この人はAI(人工知能)に関しての知識がある人なんだな」と一発で理解してもらえます。専門的な資格を持っていれば、会社側も雇いやすいので、資格取得はすべての人にありがたいですよね。

このように、自分の価値を簡単に証明できるという点で『機械学習の資格試験』は効率的だと言えます。

機械学習の資格試験の主な種類

機械学習のイメージ

それでは次に、具体的な資格試験をお知らせしましょう。

『機械学習の資格試験』は主に「E資格」「G検定」「Pythonエンジニア認定データ分析試験」の3つ。1つずつ説明していきます。

エンジニアになれるE資格

E資格に合格すると、ディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選択肢して、実装する能力をもつ人材だと証明できます。カンタンに言えばエンジニアになれる資格です。
E資格に合格するためには、「応用数学」「機械学習」「深層学習」「開発・運用環境」を学ぶ必要があり、さらに受験資格として「JDLA認定プログラムを修了していること」という条件もあります。

とても難しそうに思えますが、エンジニアになるための道筋としては、とても効率的。これらはすべてエンジニアに必要なスキルです。

例えば、E資格の勉強をせずに、独学でエンジニアを目指すとしましょう。受験料もかかることなく、自分の得意な箇所を重点的に学べるかもしれません。しかしそれでは、エンジニアとして不十分である可能性があります。エンジニアになるには「応用数学」だけができても、「機械学習」だけができても難しいでしょう。

「応用数学」「機械学習」「深層学習」「開発・運用環境」をすべて理解して、初めてエンジニアとして信用されます。

ですが、E資格の勉強ならば、エンジニアになるために必要なことのみを勉強できるのです。その過程で自分の得意なことが発見できれば、資格を取得した後で、実力を伸ばしていくのも良いのではないでしょうか。なのでエンジニアになりたい方は、E資格取得が最適です。

E資格(エンジニア資格)

  • 受験資格 : JDLA認定プログラムを修了していること
  • 出題問題 : シラバスより出題
  • 受験料 : 32,400円(税込/予定)

一般社団法人日本ディープラーニング協会

ジェネラリストになれるG検定

G検定に合格すると、ディープラーニングの基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して事業応用する能力を持つ人材だと証明できます。

カンタンにいえば、ディープラーニングを事業に活かせる人。ですから、G検定は自分でビジネスをする方にはオススメの試験です。自分でビジネスをしなくても、企画開発や、エンジニアを動かす仕事を求められたときに有利になれるでしょう。

G検定は「ディープラーニングをどのように活かすか」を計る試験です。「AI(人工知能)とは」という基礎的なものから「ディープラーニングの手法」「機械学習の具体的手法」まで幅広く学ぶことができます。

では「わざわざG検定を受けなくても、書籍やネットにある情報を見れば分かりそうだけど」と思った方もいますよね。確かに、世の中にはAI(人工知能)に関する書籍はたくさん出版されていて、それに関する記事も溢れています。無料で得られる情報は多いですし、より専門的な知識が身に付くかもしれません。

ですが、情報が溢れすぎて、どこから勉強したらいいのか分からず、なにが正しい情報なのかも分からなくなるはずです。ありすぎる情報に翻弄してしまい、時間をムダにする恐れがあります。もちろんそれで得た知識はムダではありませんが、効率的とはいえません。

G検定であれば、公式テキストも紹介しているので、必要な情報を必要なだけ、知ることができますので、あなたの目的が「企画開発をしたい」や「ディープラーニングを事業に活かせる人になりたい」なのであれば、G検定は効率的でオススメです。

G検定(ジェネラリスト検定)

  • 受験資格 : なし
  • 出題問題 : シラバスより出題(推薦図書あり)
  • 受験料 : 12,960円(税込)程度

一般社団法人日本ディープラーニング協会

Pythonエンジニア認定データ分析試験

Pythonエンジニア認定データ分析試験は、Pythonを使ったデータ分析の基礎や方法を問う試験です。

まず、Python(パイソン)とは、最近注目されているプログラミング言語で、「人工知能(AI)」や「web開発」を筆頭に、何でもできるオールラウンダーな言語だと評価されています。

特にAI(人工知能)の開発では、もっとも使われる言語。その背景から、Python(パイソン)を使える人材の需要はどんどん伸びていて、価値も高まっています。それに伴い、Python(パイソン)を使える人材も増えていますよね。

「このままではその他大勢と同じになってしまう」「周りより、頭一つ抜けた人材になりたい」そんな危機感を持つ人もいるのではないでしょうか。Pythonエンジニア認定データ分析試験はそういった方にオススメです。

Pythonエンジニア認定データ分析試験では、Python(パイソン)を使ったデータ分析方法を網羅的に学べます。データ分析には欠かせない「データエンジニアの役割」「数学の基礎」「ライブラリによる分析実践」を学ぶことにより、より専門性も増し、自分の価値を高めることができるでしょう。

例えば、就職先にPython(パイソン)を使える人がたくさんいたら、あなたの価値は並ですよね。Python(パイソン)は人気のある言語なのでそういう状況も増えてくるはず。そんなとき、Python(パイソン)を使ったデータ分析までできれば、周りと比べてあなたは優秀だと評価されます。さらにデータ分析ができれば、会社に利益をもたらす人材として、昇格する可能性も上がるのではないでしょうか。

なのでPythonを使ったデータ分析の方法を学びたい方や、周りよりも評価されたい方には、Pythonエンジニア認定データ分析試験がオススメです。

Pythonエンジニア認定データ分析試験

  • 概要:Pythonを使ったデータ分析の基礎や方法を問う試験
  • 受験資格:なし
  • 出題問題:主教材である翔泳社「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」より出題
  • 受験料:1万円(外税) 学割5千円(外税)

Python 3 エンジニア認定データ分析試験 – 一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会

 

勉強のイメージ

以上、AI(人工知能)の理解には機械学習の資格試験が最適だという説明をしてきました。

機械学習の資格試験は「モチベーション」を保ちつつ、「必要十分な内容」を勉強でき、「価値の証明」にもなります。
  • E資格では、エンジニアになる方法を学ベます。
  • G検定では、AI(人工知能)の応用方法を学べます。
  • Pythonエンジニア認定データ分析試験では、Pythonを使ったデータ分析の基礎や方法を学べます。

自分がやりたい職業に近い資格を勉強して、効率よく自分の価値を高めましょう。

しかし中には、『機械学習の資格試験』は決められた内容しか勉強しないので応用力にかけるという意見や、量産型で専門性にかけるという意見もあります。

ですが『機械学習の資格試験』は、基礎となる根幹といえるのではないでしょうか。

資格を持っているだけで、基礎知識があることを証明できます。応用力は、社会に出てから身に付ければいいですし、専門性に関しても、勉強してる過程で、自分の得意分野を見つけれたら、さらに極めればいいだけ。

だから皆さんも、『機械学習の資格試験』を通して、明るい未来を手に入れましょう。

=== お知らせ ===

当サイト(AIZINE)を運営している大阪の人工知能の開発会社お多福ラボでは、AI(人工知能)の勉強会を開催していますので興味のある方はぜひお越しください。

お多福ラボセミナーのバナー

教育

コメントをどうぞ

AIZINE(エーアイジン)

コメントをどうぞ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました