AIとは何か

AI(人工知能)とシンギュラリティ(技術的特異点)の未来を解説

AI(人工知能)とシンギュラリティ(技術的特異点)の未来を解説

AI(人工知能)が人間よりも賢くなる時が来る!と聞くと、驚いたり焦ったりする人が多いですよね。この「全人類を合わせた知能をも超える知能を持つAI(人工知能)が誕生し、AI(人工知能)は人類が予測できない存在になる」時点を、シンギュラリティ(技術的特異点)と呼んでいます。一説によるとその「シンギュラリティ」が来るのは2045年以前だと言われています。

しかし実は「すでにAI(人工知能)によるシンギュラリティ(技術的特異点)はもう来ているのだ」という説や「AI(人工知能)によるシンギュラリティ(技術的特異点)は来ないのでは?」と様々な説があるのが現状です。未来のことなので、確かにわからない点はあるのでこのように意見が別れるのは当然のことでしょう。また、実際にシンギュラリティ(技術的特異点)が起きたら、私達の生活がどのように変わるのかイメージしづらい部分もありますよね。

そんなわけで、今回は「AI(人工知能)とシンギュラリティ(技術的特異点)の未来」について解説いたします。

AI(人工知能)が人間を超える理由

進化のイメージ

まず、「シンギュラリティ(技術的特異点)」について詳しく解説していきます。「シンギュラリティ」という言葉はもともと数学や物理の用語なのですが、ここでは「AI(人工知能)が人間の知性を超える時」という意味で使用されています。

「シンギュラリティ」の概念を最初に主張したレイ・カーツワイルは、AI(人工知能)が人間の脳を解明しきって人間の予測を超えるほどの知能を持つようになるのが2045年頃になるだろう、と考えています。

AI(人工知能)がひとたび学習を始めると、どんどん賢くなっていきます。例えば脳の動きを察知して義手を動かす、などの技術も人間の思考をコピーして行っていることですが、一回このような知識や技能を習得していくと、すぐに同じ動作が出来るようになり、さらに既存の知識や技能と掛け合わせて発展していくのです。

このような学習を重ねていき、2030年には、人間の脳の働きすべてを理解できるようになってしまうのです。あまりの発展の速さに驚いてしまいますよね。

AI(人工知能)によるシンギュラリティ(技術的特異点)がすでに来ている?

会話のイメージ

先程、AI(人工知能)によるシンギュラリティ(技術的特異点)は2045年までにやってくると予想されているというお話をしました。それを聞くと「まだ先の話だから大丈夫でしょう」と油断する人もいますよね。しかし実はもうすでに人間の知性を超えているかもしれない、という現象が起きているのです。

Facebook AI Research(フェイスブック人工知能研究所)ではなんとAI(人工内脳)が人間に理解できない言語で話し始めるということが発生しました。「ボブ」と「アリス」という2台のが会話を進めていくうちに使用言語が変化していき、だんだん発展させた結果だったと言われています。これも一種の「シンギュラリティ(技術的特異点)」の前兆かもしれません。

このようにして、人間の思考を理解しつつあるAI(人工知能)はもう人間の知性を超える予感を見せている(=シンギュラリティ・技術的特異点がすでに到来しつつある)と解釈する人がいてもおかしくないですよね。

AI(人工知能)のシンギュラリティ(技術的特異点)が起きたらどうなるの?

健康のイメージ

では実際、AI(人工知能)によるシンギュラリティ(技術的特異点)が起きたら私たちはどう変わるのでしょうか。ここではAI(人工知能)と人間が共存できた場合でお話いたします。

シンギュラリティの予言をしたレイ・カーツワイルは、シンギュラリティ(技術的特異点)が起きると「人類が好きなだけ長く生きることが出来るだろう」と予測しています。AI(人工知能)を使った医療が発展していきます。また、同時に技術の進歩によって新しく生まれた小さな小さなコンピュータ(ナノボットと呼ばれます)を体内に入れる事ができるようになれば、このナノボットが臓器の代わりを担ったり、赤血球の役割を担ったりなどができるようになります。万が一がんや白血病になった場合でも、その代替のコンピュータを取り替えれば治るようになるのです。つまり、「病気」がなくなるのです。

また、脳に関しても蓄積された知識・経験をスキャンして、何か記憶を忘れてしまってもいつでも媒体装置からよみがえらせることができます。例えば若い頃の記憶をそのままとっておいて、年をとった際に思い出す・・・ということも簡単にできるようになるのです。まさにSFのような未来ですよね。

以上、「AI(人工知能)とシンギュラリティ(技術的特異点)の未来」について解説いたしました。

  • AI(人工知能)が人間を超える理由
  • AI(人工知能)のシンギュラリティ(技術的特異点)がすでに来ている!と言われる理由
  • AI(人工知能)のシンギュラリティ(技術的特異点)での私達への影響

など、シンギュラリティ(技術的特異点)は近い未来に来るかもしれない、ということがわかりましたよね。

確かに、AI(人工知能)は私達が予想しているよりもかなり早いスピードで進化していて人間より賢くなると考えますよね。しかし、人間より賢くなったからと言って怖がる必要はないかもしれません。AI(人工知能)がシンギュラリティ(技術的特異点)を正しく知っていくことと、それに対して私達が今後どうやって生きていくか、をしっかり考えていきたいですよね。

参照元2045年にシンギュラリティーは起こらない
やはりシンギュラリティは起きるのか!AIが人間には理解できない独自の会話を始めた !
21世紀中に訪れる「シンギュラリティ(技術的特異点)」とは何か
シンギュラリティとは?AIと人間の共存を考える
「AIが人類を超える」どころじゃない! こんなに凄い「シンギュラリティ」の衝撃
シンギュラリティとは?2045年に人工知能がロボットを超える!?

コメントをどうぞ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました