AI(人工知能)と健康管理

身体の歪みを診断するAI(人工知能)を使った事例まとめ

身体の歪みを診断するAI(人工知能)を使った事例まとめ

身体が歪むとさまざまな体調不良や病気の引き金になるといわれています。しかし、普通に生活していて知らず知らずのうちに姿勢が崩れてしまうものの、今一つどこに原因あるか分からないこともありますよね。そこで注目されているのが、身体の歪みを診断するAI(人工知能)。

身体の歪みを診断するAI(人工知能)は、画像認識により骨格のズレや前後・左右のバランスの崩れのみならず、筋肉量までを数値化、可視化できます。身体の歪みを診断するAI(人工知能)を活用すると、身体のどこがどのように歪んでいるかが明らかになるので、整体の治療効果アップやトレーニングメニューの改善、さらに大人のみならず子どもの姿勢改善にも絶大な効果があり、多方面からの需要が高まっています。

この記事では、身体の歪みを診断するAI(人工知能)について詳しく解説するので、今後の整体治療やフィジカルトレーニングの改善に役立つに違いありません。

そこで今回は、身体の歪みを診断するAI(人工知能)の基礎知識や実際に使った事例、さらに身体の歪みを診断するAIの今後についてもお伝えします。

身体の歪みをチェックするAI(人工知能)とは

整体のイメージ
身体の歪みをチェックするAI(人工知能)は、主に画像認識技術を活用しています。従来、身体の歪みをチェックする方法は、目視や鏡に映して確認する程度でした。しかしAI(人工知能)の画像認識は、身体の歪みのパターンを大量に学習させると、どこに異常があるかを瞬時に自動検知します。しかも、立ち姿や座った姿のみならず、首、肩、胸、骨盤、膝など、各パーツについて歪み具合をつぶさに可視化、数値化するため、重症度も一目瞭然。継続して使えば、変化を時系列で比較することも簡単です。

さらに、その症状や姿勢がどの様にすれば改善するかを解説するだけでなく、効果的なトレーニングまで推奨します。必要な機器はタブレットのみという場合が多く経済的、専用のスペースを改めて確保する必要がないため、導入のハードルが低くなるでしょう。

整体院などの治療現場では、セラピストが患者さんの症状を説明して必要な施術を勧めても、実際に身体の中身まで見えるわけではないので疑心暗鬼になるかもしれませんよね。心から納得してもらえず、治療効果も上がらずに途中で治療をやめてしまうケースもあります。

しかし、体の歪みをチェックするAI(人工知能)で画像を使って視覚に訴えながら説明すると、とても素直に耳を傾けるケースが多くなります。よって、納得の上で治療を受けてもらえるので、治療効果が劇的にアップ、リピート率が上がり収益が増加したのだとか。

さらに整体院では、セラピストの経験の差により、治療内容にどうしても優劣が生じてしまうケースもありがちですよね。これは患者さんの不満の種にもなりかねません。しかし、身体の歪みをチェックするAI(人工知能)だと、誰が使っても同じ結果が出るため、施術を平準化できるだけでなく、セラピストの育成にも役立ちます。

さて続いては、実際に身体の歪みをチェックするAI(人工知能)を使った事例をご紹介しましょう。

身体の歪みをチェックするAI(人工知能)を使った事例:デイサービスで要支援者のリハビリ効果が絶大!

リハビリのイメージ
大阪市中央区に本社がある早稲田イーライフは、要支援1・2(要介護の前の段階)の方のトレーニングを行う運動特化型のデイサービスです。リハビリ器具や油圧式マシーンなどを使って、歪みや姿勢、筋肉強化、バランス改善に取り組んでいるため、その効果アップを狙って身体の歪みをチェックするAI(人工知能)「ゆがみーる」を導入しました。

一般的に、リハビリを始めて3ヶ月ほど経つと、中だるみによってトレーニングがはかどらなくなることが多いです。しかし、身体の歪みをチェックするAI(人工知能)を活用すると、写真などを使って客観的に説明することでリハビリに新鮮味が増し、本人のモチベーションがアップするのだとか。すると「こういうテストをします」「こういう検査をします」という目標設定ができ、トレーニングのマンネリ化を解消できるようになります。

くわえて身体の歪みの数値化・可視化により、どの動きの時にどこが痛むのか、という因果関係も理解できるので、トレーニング内容にも納得感が増し、目に見えてリハビリ効果があらわれます。家族はもちろん、ケアマネージャーからもあきらかに良くなっていると褒められることもあり、スタッフのモチベーション向上にも寄与しました。

身体の歪みをチェックするAI(人工知能)を使った事例:子どもの歯列矯正にも役立つAI!

歯医者のイメージ
岡山市にある船橋歯科医院では、子どもの歯列矯正の効果を促進するために身体の歪みをチェックするAI(人工知能)「シセイカルテ」を導入しました。歯並びの悪い人の多くは姿勢も悪く、とくに時代とともに柔らかいものしか食べない子どもの増加で、歯列も姿勢も悪い子どもも増えているのだとか。

歯並びが悪くて顔のバランスが崩れると鼻呼吸が難しくなり、口呼吸により細菌の侵入を許してしまうと体が弱くなります。船橋歯科では、姿勢と歯並びの関係に着目し、歯列矯正器具のブラケット(ワイヤーを使う矯正器具)は使わず、マウスピース型の矯正器具と口腔筋のトレーニングなどで身体に過度の負担をかけない治療をしています。よって子どもの身体の歪みが正確に判別できるAI(人工知能)がとても役に立ちます。

歯医者さんが好きな子どもはいないため、治療が長引くと言うことを聞かなかったり、ぐずりだすこともしばしばありますよね。ところがシセイカルテならタブレットで撮影するだけのため、子どもがぐずることがなく、むしろアバターを使って姿勢の悪い状態を3Dで見せると興味津々で話を聞くようになりました。そして子どもなりに納得して姿勢改善とともに歯列矯正に取り組むケースが多いのだとか。もちろん保護者も一緒に説明を聞いて納得できるので、一体感が生まれて治療が進みやすくなりました。

身体の歪みをチェックするAI(人工知能)を使った事例:AIの診断に納得で腰痛改善!

骨のイメージ
東京都港区のアネシス整体院は、とくに坐骨神経痛をたった1時間で改善させることで評判です。坐骨神経痛は、神経に原因があることから電気治療、ブロック注射、痛み止めなどの神経に特化した治療が横行しています。しかしアネシスでは、それらは時間とお金の無駄と断言しました。その理由は、坐骨神経痛の原因の多くが、骨盤の歪みにあるからなのだとか。そこで身体の歪みをチェックするAI(人工知能)「Posen」を都内で最も早く導入しました。

骨盤が歪んでいるといわれても、素人には良くわかりませんよね。しかし、Posenを使うとわずか1分でAI(人工知能)が身体の歪みを診断します。その画像を目の前に、歪みの原因をわかりやすく丁寧に説明。その後、実際に患者さんの身体に触れながら、骨盤がどのように歪んでいるかをさぐり、手取り足取り解説します。これで、目で見て理解したPosenの画面上の歪みと身体のリアルな歪みが、患者さんの感覚の中で無理なく自然と一致します。

そして患者さんの深い納得感が得られてから施術開始するので、このプロセスを経ると、患者さんからすれば、なぜそこをほぐしているのか、なぜそこをねじるのか、というように施術内容が踏みこんで理解できるので安心感が違いますよね。しかも、施術後はもう一度Posenで画像確認してビフォーアフターを見せるという手厚いフォローも。実際に施術を受けた患者さんからは、Posenを使った説明がわかりやすく、納得のいく施術のおかげで坐骨神経痛や腰痛が治ったという声が多数あがりました。

なお、そんなPosenは当メディア(AIZINE)の運営会社のグループ会社であるPosen株式会社が開発しました。身体の歪みをAIで判断するってどういうこと?と気になった方はまずこちらのサイトをご覧ください。

Posenのイメージ

身体の歪みをチェックするAI(人工知能)の今後

健康なイメージ
身体の歪みをチェックするAI(人工知能)は、タブレットがあれば他に特別な器具を必要としないものが多いため、コストがかからず新たな場所の確保も必要ない点が大きな魅力です。しかも結果が短時間でわかり、専門知識がない一般の人でも理解しやすいので、今後ますます需要が伸びるに違いありません。

整体院や鍼灸院はもちろん、トレーニングジムや高齢者施設にも導入が進めば、幅広い年齢の人たちが身体の歪みをチェックするAI(人工知能)の恩恵を受けられるでしょう。身体の歪みをチェックするAI(人工知能)は、LINEやメールでデータを送れるため、一部の施設では遠隔でオンライン診療に使っています。よって、離島や過疎地などで直接施術を受けられない人にもリハビリやトレーニング指導が可能です。

人はわずか15分同じ態勢でいるだけで、身体がその状態を形状記憶するため、一度姿勢が崩れると元に戻すのは容易ではありません。しかし、一般的には姿勢が崩れても自分では気づかずに生活し、具体的にどこかが痛くなったり発病してから病院にかかるケースが多いですよね。よって、大人でも子どもでも身体の歪みに少しでも早くに気づいて対処するに越したことはありません。つまり、未病といわれる本格的に病気を発症する前の段階で処置できれば、有効な健康対策になるでしょう。
身体の歪みをチェックするAI(人工知能)がもっと広く普及すれば、気軽に姿勢チェックができるので、高齢化社会に向けて未病対策としても大いに役立つに違いありません。

まとめ
さて今回は、身体の歪みを診断するAI(人工知能)の基礎知識や実際に使った事例、さらに身体の歪みを診断するAIの今後についてもお伝えしました。

身体の歪みをチェックするAI(人工知能)は、身体の歪みのパターンを大量に学習させると、異常部位を瞬時に自動検知します。しかも、各部位の歪みなどを視覚化、数値化してデータ保存できるため、時系列で比較することも可能です。身体の歪みをチェックするAI(人工知能)を導入すると、客観的データの効果で、整体院でありがちな、症状を説明しても患者さんに納得してもらえないとか、セラピストの施術経験の違いによる治療レベルのばらつきといった問題が解消されるのだとか。

身体の歪みをチェックするAI(人工知能)は、運動特化型のデイサービスや子どもの歯列矯正に力を入れている歯科医院、さらに整体院などさまざまな施設での導入事例があります。いずれも身体の歪みが可視化、数値化されるインパクトにより、要支援の高齢者や歯列矯正中の子ども、坐骨神経痛や腰痛で悩む患者さんなどへの説得力が増し、リハビリなどのモチベーションがアップするため目に見えて治療効果があらわれています。

操作性が簡単で低予算で導入でき、費用対効果も高いため、今後身体の歪みをチェックするAI(人工知能)の需要は確実に伸びて行くでしょう。遠隔治療にも使えるので、離島や過疎地の住人のリハビリやトレーニング指導にも威力を発揮しそうです。姿勢は崩れてからではなく、その前に気づいて改善できれば、多くの痛みや病気を未然に防げます。よって、身体の歪みをチェックするAI(人工知能)を気軽に使える環境が整えば、未病対策が進んで健康な長寿社会に貢献できるに違いありません。ぜひ、今後の動きに期待しましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました