オタフ☆クラブ

AI(人工知能)が姿勢評価!姿勢診断サービス「Posen」を体験してみた

Posen体験してみた!のイメージ

最近AIZINEを運営しているお多福labでもテレワークを試験導入しました。その間、常時テレビ電話をしているのですが

シリル
シリル

そねあすは画面に近いよね

そねあす
そねあす

!!!!!(気にしてるのに!)

パソコンで作業をする時ついつい画面に身体を寄せてしまうため、カメラが近くなりがちです。ですから通年肩こりと猫背に悩まされています。

そねあす
そねあす

身体が痛すぎて腕が痺れてくることも

猫背のイメージ

姿勢が悪いイメージ

しかし、自力で姿勢を正そうと思っても実際どれくらい曲がっているのかは自分ではわかりませんよね。

ところで先日、弊社お多福labではAI(人工知能)が姿勢評価をしてくれるシステム「Posen」を発売しました。実はこのPosen、iPadを使うだけでAI(人工知能)が身体の歪みをスコア化してくれるのです。
そねあす
そねあす

あれ?これを使えば自力で姿勢をよくできるのでは?

そこで今回は、自分の身体の歪みがどれくらいなのかをAI(人工知能)が姿勢評価してくれる「Posen」を体験して自分の身体の歪みをチェックします。

AI(人工知能)が姿勢評価する「Posen」てどんなサービス?

Posenのイメージ

まず、このAI(人工知能)が姿勢評価してくれるサービス「Posen」がどんなシステムなのかをお話しましょう。

そもそも姿勢を評価するには、「骨格がどの位置にあるのか」「どんな状態になっているのか」を見ていく必要があります。でも多くの方は整骨院などの整体師の方などに診断していただき、撮影をしたデータに骨格の位置を確認して診断しますよね。

その専門の方にお願いをしていた診断を、このPosenは「AI(人工知能)の力」で骨格の位置を分析し瞬時に評価してくれるのです。

そねあす
そねあす

簡単に説明すると、iPadを使って撮影をしたデータからAI(人工知能)が姿勢を分析し、1分で姿勢評価の結果を表示する仕組み。

ですからじっくり診断をしてもらう必要は無いですし、また診断結果も診断してくださる方の腕に左右されることはありません。AI(人工知能)が等しく姿勢評価してくれます。

そねあす
そねあす

触診など、触られることが苦手な方でも体験しやすいサービスですよね!

姿勢診断サービス「Posen」を使ってみた

それではいよいよこのPosenを使ってAI(人工知能)に姿勢評価してもらいましょう。

まずは付属品のご紹介

でははじめに、Posenに付いている付属品をご紹介します。

付属品のイメージ

  • Posenサービス(アカウント)
  • iPad(ペンシル)
  • iPadスタンド
  • 専用マット(2020年10月現在、専用マットは付属しません)
※今は専用マット無しで姿勢を測定できるように進化しています。
そねあす
そねあす

これだけでOK!

 

身体に貼るマーカーや専用のカメラなどは一切必要ありません。専用の物はマットとPosenのサービスくらいです。サービスはソフトをインストールするわけではなく、インターネットに接続できる環境であれば利用できます。

それでは早速Posenのトップページから「撮影開始」をタップして体験してみましょう。

最初に顧客情報を入力します

トップページのイメージ

「撮影開始」をタップすると顧客情報のページが開きます。

顧客情報のイメージ

そねあす
そねあす

なんだかたくさん入力項目が出てきた

実はPosenは電子カルテの役割もできます。ですから問診記録としてここに入力しておけば、施術の時や後日の診察で利用することができるという仕組み。
そねあす
そねあす

これは便利そう!

とりあえず今回は、必須項目の「姓名」と「身長」身体の痛みの具合を示す「容態」を入力して診断を進めます。

もちろん他の情報を入力してもいいですし、終わってから入力することも可能です。

あとは撮影をするだけ!

それではいよいよ撮影を開始します。

はじめにiPadのカメラが撮影して良いか聞いてきますのでここは許可しましょう。

まずは、正しく分析してもらうためにもiPadを設置していきます。設置には畳1畳ほどの広さがあればOKです。こんな感じ。

設置のイメージ

被写体から160センチほど離れたところにiPadを取り付けたスタンドを設置。高さはiPadのカメラが100センチぐらいの位置です。
そねあす
そねあす

ぴったりでなくてOKです。

次に床と平行になるよう、iPadの画面とマットの位置を調整します。

マット位置調整のイメージ

そねあす
そねあす

撮影画面に水平ラインがありますのでこのラインをバーを使って動かします。

そねあす
そねあす

バーをマットのラインに合わせればOKです!

バーのラインと同じになるようにマットも動かして調整してください。

これで撮影の準備は整いました!それではまずは正面から撮影していきます。

マットに乗るイメージ

撮影の際は専用マットの上に乗ってください。足の位置はマットに従って立ちます。

そねあす
そねあす

マットの足型に合わせて立てばOKです。

撮影画面イメージ

撮影画面ではこんな風にリアルタイムでAI(人工知能)が骨格を分析して表示してくれます。

これで撮影します!

次に側面撮影です。

マットのイメージ

側面も正面の撮影同様足の位置はマットの位置に合わせます。そして自然な体制で立ってください。

撮影のイメージ

側面も撮影完了。

実はここで終わることもできるのですが、今回は座位(椅子に座っている時の姿勢)も撮影しましょう。座位の撮影には椅子も必要ですので用意してください。

そねあす
そねあす

椅子は手すりが無いタイプが良いです

椅子はマットの中心部に設置します。

椅子を設置したイメージ

椅子には自然な体制で腰掛けて撮影しましょう。

座位の撮影イメージ

もう姿勢評価!

以上で正面、側面、座位の3点撮影が終わりました。もう自由にして大丈夫です。

そねあす
そねあす

ここまであっという間だった。

撮影が終わったので確認画面が表示します。万が一骨格の位置を正しく計測できなくてもこの確認画面で調整が可能です。でも普通に撮影してれば大丈夫。

この骨格位置で問題なければ「撮影完了」をタップして完了です。簡単ですよね。

結果のイメージ

パッ

そねあす
そねあす

え?

D判定のイメージ

そねあす
そねあす

うわ!D判定!私の点数、低すぎ!

こんな感じで、もう姿勢評価が出ちゃいました。撮影完了から数秒でです。

結果のイメージ

結果の情報は数値と5段階評価でわかりやすく表示してくれます。また、詳しい状態の解説や改善方法についても提示してくれるのも良いですよね。

そねあす
そねあす

やっぱりストレートネックになってるし…パソコンとスマホゲームのしすぎやわ。

そねあす
そねあす

でもこの診断結果って正しいのかな?ストレッチなどで姿勢を矯正したら結果もちゃんと変わるのかな?

ぶっちゃけ「Posen」の診断結果って正しいの?

ということで、Posenを担当されているお多福labの羽場さんにお話を伺いましょう。ちなみにこの羽場さんはAIZINEでも記事を書いています。

AIを導入したい企業さんに知っておいてほしい28つのこと
身の回りの様々なサービスにAIが導入され始めていますよね。とはいっても大阪のAI会社で働いている僕の目から見て、実際のところAIを効果的に活用できているのは一部の企業に限られており、まだまだ多くの企業でAI導入が進んでいません。今回はAI導入したい企業さんたちに知っておいて欲しいことをお伝えしていきます。
そねあす
そねあす

羽場さんよろしくお願いします!

羽場(はば)
羽場(はば)

はい。なんでも聞いてください!

そねあす
そねあす

羽場さん!ぶっちゃけPosenの診断結果って正しいの?全員同じ結果が出たりしない?

羽場(はば)
羽場(はば)

全員同じ結果は出ません(苦笑)

羽場(はば)
羽場(はば)

Posenの姿勢評価のシステムは、大阪大学数理・データ科学教育研究センター特任教授 高野 渉先生に技術協力をいただきました。

そねあす
そねあす

高野先生は、人の動きを理解して文を作るAI(人工知能)を研究されてる方ですよね?

AI(人工知能)の力は無限大!これからの未来を支える大阪大学(前編)
今働きづらい話をよく聞きますよね。しかし今後AI(人工知能)が仕事をしていくとも言われています。そんな中人の行動を予測するAI(人工知能)の話を聞きました。もしかしてこれがあれば働くことがラクになるかも。それでは大阪大学のAI(人工知能)についてお話します。
羽場(はば)
羽場(はば)

そうです。PosenではiPadで撮影したデータから人の骨格を分析する部分で協力いただきました。

そねあす
そねあす

それならみんな同じ!ってことは無いですよね。

羽場(はば)
羽場(はば)

ちなみにこちらから体験もできますのでスマートフォンで試してみてください。

こちらの「Posen」」のページで体験することができます。

羽場(はば)
羽場(はば)

また、姿勢評価結果についても整体師の方の姿勢評価方法を取り入れています。

そねあす
そねあす

この結果のスコアやテキストですか?

羽場(はば)
羽場(はば)

そうですよ。

そねあす
そねあす

それなら安心して診断が受けられそうですね!

AI(人工知能)に姿勢評価をしてもらうメリットとは

さて、最初にもお伝えしましたが、整骨院接骨院で行われている姿勢評価は、骨格の位置を目や触診で確認したり、また大掛かりな機材を使って計測する必要がありました。ですので、専門の先生が付きっ切りで診察をおこなったり、身体にマーカーをつけたりととても面倒で、そして時間がかかります。

しかしPosenはそれらをAI(人工知能)がおこなってくれるので、面倒な作業や、また誰でも同じ評価ができ、そして完了まで1分と早く終わらせることが可能です。

これは今まで時間をかけて姿勢評価を行なっていた整骨院接骨院の方には朗報ではないでしょうか。

自分で計測する必要もなくなりますし、診断までおこなってくれるので、診断結果に合わせた施術をじっくり時間をかけることができます。

また、結果は担当者の主観や熟練度に左右されることはありません。ですので安心して過去のデータと比較できますし、これもメリットですよね。

さて、ここまで聞くと体験したい!って方も出てくるのではないでしょうか。

姿勢診断サービス「Posen」を体験できるお店について

とはいっても、個人でPosenを購入まではできません。(個人向け製品ではないので)ですからこのposenどこで使えるのでしょう。

そねあす
そねあす

教えて羽場さんー!

羽場(はば)
羽場(はば)

今首都圏を中心に整骨院やジムに続々と導入いただいています。また今後も続々と全国に導入店舗を増やしていく予定です。

そねあす
そねあす

なるほど!それなら整骨院で体験できそうですね!

羽場(はば)
羽場(はば)

今後は整骨院だけに止まらず、あらゆる分野で姿勢から健康を管理できる仕組みが提供できればと模索しています。ですから将来あらゆる場面でPosenを体験できるかもしれません。

そねあす
そねあす

それは楽しみです!個人でもアプリで体験できると姿勢を管理しやすいですし、そうなっていくと良いですよね。

 

Posenのイメージ

今回は姿勢評価をしてくれる姿勢診断サービス「Posen」についてレポートをしてみました。

実はPosenの体験はほぼ一人でやってみたのですが、操作が簡単だったり器具が少なかったのでスムーズに体験することができました。(流石にiPadの撮影ボタンは押してもらいましたが)

こんなに簡単に、しかも誰でも操作ができて姿勢診断ができるのはめちゃむちゃ便利ですよね。診断結果はが出るまでが早いですし、整体師の先生方もじっくり施術を行えそう。

今、現代人はパソコンやスマートフォンに向かう機会が多く体を痛めている方は多くいらっしゃるでしょう。私自身も肩こりや猫背に悩まされて身体のメンテナンスをすることが多いです。

ですからこのようにAI(人工知能)が手軽に姿勢評価をしてくれるサービスを利用して定期的に身体のゆがみをチェックできるのは良いですよね。

これから続々と利用できるようになりますので是非AI(人工知能)の姿勢評価を体験してみてください。

(現在のPosenは、機能が増えたり見た目もリニューアルしたりと、さらに進化しているため一部古い情報がございます。詳しくはPosenへお問い合わせください。)

Posenのイメージ

燃やせ探究心!突き詰めろ美しきソースコード!オタフ☆クラブ
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました