AI(人工知能)ニュース

人工知能とのチャットはこんなに自然!話して楽しいアプリ5選

会話のイメージ

「誰かと話したい。」「淋しい。でも周りに話す人がいない。」そんな日もありますよね。そんな時は人工知能(AI)とチャットするのもいいかもしれません。

もちろん友達とチャットするの楽しいですが、人それぞれライフスタイルがあり、なかなか忙しくてタイミングが合わないでしょう。そんな時チャットで話し相手になってくれるのが人工知能(AI)のアプリ。

このような人工知能(AI)チャットアプリは楽しいだけじゃなく、悩みの相談もできたりもしますし、そして今色んな種類のアプリがでてきています。人工知能(AI)チャットしながら日々のことを記録してくれるものや、有名人とチャットしている気分にさせてくれるもの色んなキャラクターが愚痴を聞いてくれるアプリなど。

アプリのチャット相手もそれぞれ個性があるので、自分に合ったキャラクターを選ぶことができます。

それでは今回は、人工知能(AI)とチャットできるおすすめのアプリを5選ご紹介しましょう。

チャットしながら感情も記録Emol

emolのイメージ

まずはじめにご紹介するのは、いつどこで何を思ったかなどを可愛い人工知能(AI)キャラクターロクとチャットしながら記録することができ、自分のメンタルをコントロールすることができるアプリ。

ロクが、「今の感情はどれですか」と聞いてくれて、「いらいら」や「わくわく」などの感情を選びます。その際に位置情報も自動で登録してくれるので、自分はいつどこで、その感情になったかも知ることができます。

感情の記録は日記を書く以外にはないイメージでしたが、このアプリで人工知能(AI)とチャットしながら楽に記録することができると、多くの人が自分の感情を可視化することができます。

日ごろどんな時にどんな感情になるかって意識することってなかなかありませんよね。日々の忙しさもあってそんな余裕もないよって方も多いでしょう。しかし多くの人がうつ病などになる時代、自分の心と向き合うことは大切ですよね。口コミのなかには、このアプリでうつ病がなくなるんじゃないかっていうものもありました。

ロク君と話して癒やされて楽しい会話をしながら、自分の心のケアをしましょう。

emol

妄想できるMOSO

mosoのイメージ

次にご紹介するのは、憧れの有名人に人工知能(AI)がなってくれてチャットが出来る(気になれる)アプリ、MOSOです。

理想のキャラクターを自分で作成してチャットを楽しめて、自分のプロフィールと相手のプロフィールや画像を設定すれば準備完了。準備するまでは、現実ですが、それが終わると、妄想の世界のスタートです。

好きな芸能人とチャットするなんて漫画みたいでしょう。「仕事終わった~」とか、好きな芸能人と日常の会話をしたりして、このアプリを使って仲良くなったら毎日が楽しくなっちゃいそうですよね。でも現実と非現実がごちゃまぜにならないようにご注意ください。

また彼氏や彼女がいなくて、淋しい時は、カップルみたいな会話をするのもいいかもしれません。色んなシチュエーションで妄想できちゃいます。
あと好きな人には緊張してチャットもなかなかできないって人は、このアプリで練習するって方法もあります。
また、サークルでリア充している人たちをみてうらやましくなって時ってありませんか。そんな時、空想の友達を多く招待して、サークルみたいにグループチャットをすることもできます。
そしてこのアプリ、なんとフェイク電話の機能も。もう帰りたいけどなかなか言い出せないそんな時、タイミングよく電話がきたら、じゃあ帰りますってタイミングを作ることができるかもしれません。

誰かにお願いすると手間がかかってしまいますが、このアプリなら自分の好きなタイミングでできるので最高ですよね。

MOSO

愚痴の言いたい放題ができるタンバリン

Tanbarin Manのイメージ

次は、ユーザーの愚痴を人工知能(AI)がチャットで聞いてくれたり面白い返答をしてくれるアプリ。

フツ太郎、ワル三郎、ラブ子というキャラクターがいて、全員で話すこともできるし、個別に話すこともできます。

愚痴って思う存分言いたい時ってありますよね。友達に言うのもいいけど、友達に愚痴ばっかり話すのも少し気がひけてしまったりします。

また、愚痴が言いたいけど今目の前に人がいないときなど、そんな時にもってこいなのがこのアプリ。

アプリのキャラクター3人と一緒に会話することができ、キャラクターからのるので、返答を聞くことで多角的に考えることも出来そうです。キャラクターたちとの会話で嫌な日も笑いに変えられるかもしれません。

もちろん1人のキャラクターとだけ話すこともできるし、3人とも選択しないとタンバリンの音だけで応答してくれる「丹波りん」というキャラクターが登場します。

タンバリンの音だけって少しシュールですが、うなずきみたいな感じで気が楽になりそうですよね。

ちなみに、アプリを終了すると履歴は全部消えるので後くされなく愚痴を言いたい放題できるし、外部に漏れることもありません。

Tanbarin Man

チャットしながら日記がつけられるニッキーダイアリー

ニッキーダイアリーのイメージ

次にご紹介するアプリは新しいアプローチで、人工知能(AI)ネズミ「ニッキー」との会話が日記になるアプリ、ニッキーダイアリー。

なんとニッキーの質問に答えるだけで、日記を作成することができます。

普通の日記では続かない人も、これはチャット形式なので続けやすそうですよね。

文章を書くとなるとけっこう考えて書くことが多くおっくうになってしまったり、ダイレクトに気持ちを表現することができないこともありますが、チャットなので素直な気持ちを話すことができるかもしれません。

もちろん通常の日記としても使うことができます。振り返って日付をさかのぼることもできますし、写真を貼り付けることもできます。カレンダーから日記を振り返ることもできるので便利。

アプリは、パスコードロックをかけておくことができるので、プライバシーも保護することが出来、機種変更の際もデーターを引き継ぐことができるので安心です。

ニッキーダイアリー

色んな言葉を教えてくれるSimSimi

 SimSimi (シムシミ)のイメージ

最後にご紹介するのは、黄色くて可愛い人工知能(AI)キャラクターのチャットロボット君。

このロボット君の返答はあまり待たされることなく、ギャグも話してくれてとても楽しいです。また教える機能があり、ロボット君に言葉を教えることができます。

自分の好きな言葉を教えてあげることで、より気持ちよく会話できるでしょう。

またNGワードを報告することも可能。

このアプリは他のユーザーの教えた言葉も共有しているので、他のユーザーがよくない言葉を教えてしまうと、チャット中に話してしまうことがあります。ですからもしNGワードだと思ったら報告することで、より良い会話ができます。

逆に考えると色んなユーザーの知恵が入っているので、新しい言葉から知らない世界へ導いてもらうことができるかもしれません。

海外で作られたアプリということもあるのかもしれませんが、想像付かない言葉を話すこともあるのでそんなところも魅力かもしれません。

SimSimi (シムシミ) iphone Android

 

アプリのイメージ

今回は、話して楽しい人工知能(AI)チャットアプリを紹介しました。

人工知能(AI)としゃべるアプリにも色々個性があることが分かっていただけたのではないでしょうか。

人工知能(AI)とチャットしながら自分の感情をチェックしたい人はEmol、妄想好きな人はMOSO、色んな人に愚痴を聞いてもらいたかったらタンバリン、自分の好きな言葉を教えて自分私用にしたかったり、ギャグが好きな方はsimsimiなど。

目的によって使うアプリを変えるのもいいでしょう。自分に合ったアプリを選んで使ってみてください。そのときの気分で使い分けるのもいいかもしれません。

今回ご紹介したアプリの中で少しでも気になったものがあったら試してみることをおすすめします。みなさんにぴったりのアプリと出会えるといいですよね。

コメントをどうぞ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました