ライフスタイル

色んな噂が飛び交うパチンコ店の顔認証の実態について調べてみた

顔認証のイメージ

「パチンコ店で顔認証」と聞くと「なぜ?何のために?」と不思議な感じがしますよね。パチンコが好きな方は「奥で遠隔操作されているのでは?」などと疑心暗鬼になってしまうかもしれません。

顔認証がスマホに導入されて早数年、対応機種も随分増えました。でもその顔認証、自分でするのはいいけれど、誰かに知らないうちにされているとなると話は別。不安の根源はプライバシー面であったり、不正利用であったり、まだそのリスクがはっきりと見えていないのも理由のひとつでしょう。

もともと「運」が勝負のパチンコ。勝ったり負けたりすると何かと理由をつけたくなるものです。そのパチンコ店で意図せず顔認証されていたら、その「運」をつい「誰かの操作?」と人のせいにしたくなるのも、わかるような気がします。

そこでここでは、いろいろな噂が飛び交う「パチンコ店の顔認証の実態」について調べてみました。

そもそも顔認証とは

顔認証のイメージ

まず、そもそも顔認証とはどういうものなのかについてご説明します。

顔認証とは生体認証の一種で、個人の顔データ(目、鼻、口などの形や位置など)をもとに、カメラに写った人物が同一人物かどうかを識別する認証方法。

指紋認証は装置に触れる必要がありますが、顔認証は多少離れていても識別できるため心理的な負担が少ないといえるでしょう。

最近の顔認証はマスクやサングラス姿、横顔までも識別できるというのですから驚きですよね。

これは人工知能(AI)の深層学習により、可能になった技術です。現在顔認証は、出入国審査やイベントチケットの転売防止、パソコン・スマホのロック解除などに使われています。
また、東京オリンピックでは大会関係者の本人確認システムとして導入される予定。IDカードだけではカードの貸し借りや、なりすまし入場ができてしまいますよね。顔認証と組み合わせることによって、このような不正を防止することができます。

さてこのような顔認証の技術、パチンコ店ではいったい何ができるのかをご説明しましょう。

顔認証×パチンコ店で何ができるのか

防犯のイメージ

パチンコ愛好者にとってパチンコ店はお金を巻き上げられる「敵」のような存在です。「それなら行かなければいいのに」という声が聞こえてきそうですが、国内のパチンコ店の数を考えるとそう簡単ではないのでしょう。

そのパチンコ店という「敵」から密かに顔認証されるとなると、「個人情報をさらけ出す=弱みを握られている」と感じるのは仕方のないことかもしれません。

現在、パチンコ店の顔認証システム導入は徐々に拡大しています。これによるパチンコ店のメリットは、

  • 防犯対策
  • マーケティング

代表的なのはこの2つ。

防犯対策
防犯対策としては、盗難や迷惑行為が発生した時、犯人を防犯カメラから顔認証システムに登録して次回入店時に備えます。また「ゴト師」と呼ばれる不正な方法で荒稼ぎする人を排除するための「ゴト対策」にも利用。
マーケティング
パチンコ店は顔認証をマーケティングにも活用。顧客分析のために来店者数・年齢層・男女比などをデータ化します。また機種別の利用状況を分析し新台購入時、機種選定にも利用。

この他、依存症対策にも顔認証の活躍が期待されています。

パチンコ店が顔認証をする理由は防犯やマーケティング。でも「他にも目的があるのでは?」とちょっと気になりますよね。

次はパチンコ店の顔認証による遠隔操作疑惑について解説しましょう。

パチンコ店の顔認証システムにより遠隔操作!?

パチンコの玉のイメージ

「パチンコ店が顔認証システムで遠隔操作をしているかどうか?」 この答えは「NO」です。

顔認証システムはカメラに写った人物が同一人物かどうかを「認証する」システムであって、遠隔操作はできません。

おそらく多くの方が疑念を抱いているのは顔認証システムではなく、「ホルコン」と呼ばれるホールコンピュータの存在でしょう。

このホールコンピュータとは、パチンコ店やパチスロ店専用のコンピュータ。各台の出玉情報などのデータを収集して経営管理に利用しています。
顔認証システムを導入している場合はこのホルコンにデータが紐づいていて、顧客の遊戯情報も把握できるようになっています。

ですからホルコンは「データを集計しているただの機械」に間違いないけれど、顔認証システムと連動しているとなると「ちょっと怪しい」ような気がしますよね。

ここで確認ですが、利用者が一番恐れているのは「遠隔操作」でしょう。でも「遠隔操作」をするには、「遠隔操作システム」が必要になるのです。

ホルコンと顔認証システムはあくまで情報の収集と分析が目的です。データの流れは「入ってくる」だけの一方通行。遠隔操作をするには各遊技台にデータを送り込まないといけません。それには「遠隔操作システム」を導入して、各遊技台に「裏ロム」と呼ばれる違法の基盤を取り付けないと不可能なのです。

実際2008年頃までは遠隔操作で捕まった、という事件がよくありました。「パチンコ店が遠隔操作、風営法違反で逮捕」というニュース、そういえば聞いたことがありますよね。

その後規制が厳しくなり、遠隔操作をするのはかなり難しくなっています。技術的には可能でも、営業停止などのリスクを負ってまでするメリットがないのでしょう。

もちろん摘発されていないだけかもしれないので実情はわかりません。ただ、利用者の間で噂されるほど横行しているわけではなさそうです。

では次に、パチンコからさらに広げて顔認証システムがアミューズメント業界ではどのように活用されているのかを、事例をあげてご紹介しましょう。

アミューズメント業界における顔認証システムの利用事例

アミューズメントのイメージ

顔認証システムは、アミューズメント業界にも進出しています。ここでは、日本を代表するアミューズメントパークの事例をご紹介しましょう。

東京ディズニーランド
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪USJ)

まずは東京ディズニーランドと大阪USJ。こちらは年間パスポート利用者が対象となっています。入場時は「顔パス」でOKなので特に混雑時は特に便利そうですよね。

富士急ハイランド

富士急ハイランドは、東京ディズニーランドや大阪USJとは大きくシステムが異なります。

富士急ハイランドにおける顔認証の特徴は「顔認証システムと個人情報が紐づいていない」点でしょう。(WEB登録者は除きます)

事前にWEB登録していない来場者は、アトラクションを利用するしないにかかわらず、全員入園ゲートで顔画像の登録をします。その際個人情報の登録は必要なく、顔画像と紐づくのはチケットの種類のみ。

この方法だと防犯面では個人の特定ができないというデメリットがありますが、プライバシー保護という観点では利用者にとって大きな安心感につながります。

ちなみに富士急ハイランドは入場料が無料。もし入園チケットのみ必要な場合は無料で発行してもらえます。

顔認証システムは入退園ゲートの他、各アトラクション乗車ゲートにも設置されているのであとは顔パス。アトラクション利用時のたび、あの面倒なチケット提示がないのは本当にありがたいですよね。

このように、顔認証システムを導入することによっての施設側のメリットとしては

  • 入園者の属性や滞在時間
  • 利用アトラクション
  • 入退園管理

これらのデータベース化が可能になり、マーケティングに活用できます。

 

パチンコのイメージ

今回は、パチンコ店やアミューズメント業界における、顔認証の現状をお伝えしました。

パチンコ店では顔認証による遠隔操作を不安視している方が多いようですが、現状、営業停止の危険を冒してまで遠隔操作をするメリットはなさそう。

でも「遠隔操作はある」と断言している方も多いので真実は闇の中。納得のいかない方はお店を変えるなりして自衛するといいのかもしれません。もちろん、くれぐれも依存症には気をつけましょう。

アミューズメントパークでの顔認証は「便利なシステム」として好評のようで、結局のところ顔認証は気分的には、「能動的に行う場合はOK」「無意識のうちにされるのはNG」なのかもしれません。

そう言えば防犯カメラも、当初は賛否両論ありましたが今ではすっかり市民権を得ています。パチンコ店も顔認証システムによって利用者の「安全と便利」が担保され、それが実感できるようになったら徐々に受け入れられるのかもしれません。

顔認証システムが普及したら、買い物も入場も全て顔パス。セキュリティ面ではまだ不安も残りますが、便利さにはきっと勝てないでしょう。

鍵やカード、スマホの提示がいらなくなる日は案外早いかも。そうなる未来が楽しみですよね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました