AI(人工知能)用語集

2分でわかる!凄すぎるAlphaGo(アルファ碁)とその衝撃とは

AlphaGo(アルファ碁)

最近は第三次AI(人工知能)ブームと呼ばれていますが、猫を認識できるAI(人工知能)の実現から始まって2016年には囲碁AIのAlphaGo(アルファ碁)がトッププロ棋士を破り大ニュースになりましたよね。

しかし「AlphaGo(アルファ碁)の名前は聞くけどあんまり詳しくないし、ニュースになったぐらいしか知らないよね」という方は多いかもしれません。そこで今回は、「AlphaGo(アルファ碁)」について知っておきたいポイントを絞って簡単にお伝えしていきます。

一言で言うと「AlphaGo」とは・・・

人間が何千年も積み重ねて見つけてきた囲碁の研究を短期間で凌駕してしまった世界最強の囲碁AI(人工知能)です。

アルファ碁(AlphaGo)は囲碁界に衝撃&新風を巻き込んだ

アルファ碁(AlphaGo)はGoogleの配下にあったDeepMind社によって開発された囲碁AIで、2016年3月にAlphaGoは囲碁の世界トッププロ棋士を4勝1敗で打ち破り世界中に衝撃を与えました。

そして2017年5月には囲碁の世界チャンピョンであるKe Jieを破って新聞の見出しを飾ったこともビッグニュースになっています。その数か月後の2017年10月に誕生したAlphaGo Zeroは、囲碁のルールだけを人間から教えられてたった3日間自己対戦を繰り返した後で一番最初のAlphaGo(アルファ碁)と100戦した結果、、、、、

なんと結果は全勝。

これはつまり、人間の棋譜(人間による囲碁の対局の記録)を一切見ることなくAlphaGo Zeroが学んでいったという驚くべきことなんです。AlphaGo Zeroは人間が何千年も研究して積み重ねてきた定石や手順を自ら発見し、さらにオリジナルの定石をも生み出しました。

現在囲碁界では、このようにとんでもない棋力(囲碁の実力)を持ったアルファ碁(AlphaGo)の放った一手一手が研究され、新たな戦略が生まれてきています。つまり囲碁AIは、人間の棋力を超えるとともに新たな風を囲碁界に吹き込んだのです。

つっちー
つっちー

僕はアルファ碁(AlphaGo)がプロ棋士に勝利したということが衝撃すぎて、AIエンジニアになろうと思って新卒から四年半勤めた会社を飛び出してしまった始末。なぜ衝撃だったのかについてはこちらの記事で紹介しています。

まとめ

つまり、アルファ碁(AlphaGo)とは

人間が何千年も積み重ねて見つけてきた囲碁の研究を短期間で凌駕してしまった最強の囲碁AI(人工知能)であり、囲碁界に新風を巻き込むほどの多大な影響を与えました。
つっちー
つっちー

AI(人工知能)って「なにそれ美味しいの?」ってレベルだった僕が、AIエンジニアを目指してステップを踏んだり踏まれたりしている記事を書いてます。よかったら読んでみてください(ほぼ実話)。

「歩く負債」と言われた僕がゼロからAIエンジニアになる為のステップを実践してみた!
みんなのAI(人工知能)用語集

コメントをどうぞ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました