今企業がAIやIoTに注目すべき9つの理由

今企業がAIやIoTに注目すべき9つの理由

企業に必要なもの、それはズバリ競争力です。優秀なスキルをもった人材を見かけたならスカウトしない手はありませんよね。同様に企業がAI(人工知能)やIoTの導入をためらう理由もありません。AI(人工知能)やIoTのような優れた仲間を引き入れれば必ずや会社の競争力を高めてくれるでしょうから。

しかし相手が人間ならば人事担当者はこう考えるでしょう。「あれほど優秀な人材をなぜ前の会社が手放したのか」「あれほど実績がありながら次の仕事先が決まるまで少し時間が空いたのはなぜなのか」と。

優秀な人材だけれども性格に難があるかもしれません。協調性を著しく欠くタイプの可能性もあります。異性関係にだらしなくて、職場で問題を起こすかもしれませんよね。

しかしAI(人工知能)やIoTならばただただ優秀なだけです。人間の場合なら考慮しなければならないビジネススキル以外の部分が何もありません。競争力を持ち続けることを至上命題とする企業にとってAI(人工知能)やIoTほどスカウトしやすい「人材」はいないんです。

この記事では、今企業がAI(人工知能)やIoTに注目すべき9つの理由をご紹介します。

理由1. AI(人工知能)面接官が人手不足と就活生の不満を解消

理由1.AI(人工知能)面接官が人手不足と就活生の不満を解消

だれもが業務に追いまくられているのが企業というものです。採用の1次面接では臨時の社員が面接官として駆り出されることも多く、就活生たちからは不満の声があがっていました。そこで登場したのが適性チェックに特化したAI(人工知能)面接官。平均で180~200問と執拗なまでに質問をくり返すAI(人工知能)面接官は、就活生の適性を徹底的に分析します。

理由2. AI(人工知能)で発注時期を予測し、物流のロスを最小限に

膨大なデータの蓄積こそがAI(人工知能)にとってはパワーの源です。AI(人工知能)なら発注の時期や個数のデータから取引先ごとに発注のタイミングを予測することができます。人間だって「B社からは毎年、秋口にけっこう注文あるよね」くらいはイメージできますが、具体的な発注予測とするにはあまりにあいまいでしょう。データに裏打ちされたAI(人工知能)の予測があれば物流のロスを大きく減らせます。

理由3. IoT導入のスマート工場でコストを削減

理由3.IoT導入のスマート工場でコストを削減

工場の生産ラインの機械化・自動化はずいぶん前から行われていますよね。ただオーダーメイドの高級品などの分野では生産ラインの自動化は難しいとされてきました。ところが「モノのインターネット」IoTの導入で、これまでオートメーション化が難しかった製品の工場をスマート工場化できるように。職人の勘や経験のみに依存することがないので生産計画の見通しも立てやすく、大幅なコスト削減も可能になります。

理由4. 在庫管理を最適化するスマート倉庫

「見える」化は企業の作業効率アップやコストカットにとってきわめて重要でしょう。IoTを導入したスマート倉庫での在庫管理は、倉庫からの出荷時間の短縮や倉庫で働く従業員数の削減などに役立ちます。倉庫内に取り付けたIoTセンサーが在庫管理状況の「見える」化を可能にするからです。

理由5. AI(人工知能)の画像認識でレジの業務が研修いらずに

理由5.AI(人工知能)の画像認識でレジの業務が研修いらずに

トングで選んだパンをトレーに乗せてレジへというパン屋さんは多いですよね。レジ係はパンの種類と値段を正確に覚えなければならないでしょう。AI(人工知能)を導入したレジなら、レジ横のカメラがトレーのパンの種類と数を画像分析にかけ瞬時に会計へと反映させることが可能です。これならだれでもすぐにレジの仕事を任せられるでしょう。

理由6. AI(人工知能)でベストなビジネスマッチングが可能に

たがいを必要とする企業同士を結びつけるビジネスマッチング。最適なパートナーの選択に今、AI(人工知能)のデータ解析能力が活用され始めています。これまで限界があったベストマッチングがAI(人工知能)の導入で現実のものとなってきました。

理由7. 会議の議事録をAI(人工知能)が一発作成

理由7.会議の議事録をAI(人工知能)が一発作成

AI(人工知能)の得意分野の1つが人間の言葉を聞き取り解析にかけることです。社内・社外を問わず会社に会議はつきものですが、日時や出席したメンバー、決定事項などを記録しておく議事録の作成は、手間と時間のかかる面倒な作業でした。AI(人工知能)を使えばなんと、会議と同時進行で議事録が完成します。

理由8. IoTとウェアラブル端末で社員の健康管理

会社に勤めていれば年1回の健康診断は必ず受診していますよね。ただ年1回の健康診断だけでは心もとないのも事実でしょう。企業の競争力の根本は一人ひとりの社員ですから、健康管理にもIoTを活用しない手はありません。ウェアラブル端末とIoTを組み合わせてリアルタイムで社員の健康状況をチェックできます。

理由9. AI(人工知能)は身辺調査いらずの完璧な「人材」

最初に説明した通りAI(人工知能)はずばぬけた能力を誇る優秀な「人材」です。IoTとタッグを組めば企業の競争力を何倍にも高めてくれるでしょう。「人格に問題はないか」といったビジネススキル以外の身辺調査もいりません。

 

今企業がAIやIoTに注目すべき9つの理由

いかがでしたか。今企業がAI(人工知能)やIoTに注目すべき理由がおわかりいただけたのではないでしょうか。

9つの理由をご紹介しましたが、他にもまだまだAI(人工知能)やIoTを企業が導入すべき理由、メリットはたくさんあります。AI(人工知能)が得意とする「データの徹底活用」とIoTのキーワードとも言うべき「スマート」「リアルタイム」。これらの特性同士をうまく掛け合わせてやることでAI(人工知能)やIoT活用のアドバンテージはますます広がり、競争力は飛躍的に向上していくことでしょう。

洗濯機の登場で手洗いによる洗濯は少なくとも日本では完全に廃れました。AI(人工知能)やIoTの登場は従来のシステムの多くを無効化する大きなウェーブです。この流れに乗ってAI(人工知能)やIoTを活用することは、未来を目指す企業にとって絶対に必要な選択だと言えるでしょう。

AI(人工知能)やIoTのある暮らしはかつてない便利さにあふれています。想像もできないくらいスマートな未来がもうそこまで来ているのですから本当に楽しみですよね。

参照元 就活面接、AIロボットが質問攻め
IoTは低価格でできる。中小企業で始まるIoTへの取り組み。
第21回 IoTで効率アップ!物流のコスト削減をスマートに
パン屋やラーメン屋でも導入事例 中小企業とAIの付き合い方
雑音の中でも…AIが複数の人の会話聞き分けて書き起こし リアルタイムで議事録作成OK NTTが開発
会議の議事録の書き方・例・書き方が学べるオススメの本
IoTとウェアラブル端末で変わる社員の健康管理

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

そねあす
AIZINE編集部のそねあすです。記事の編集を担当しています!

もともとデザインやHTML、CSSと仲良くしていたつもりがあれよあれよと編集の世界に。AI(人工知能)は作れないけど興味深々なんでまずはSiriを使いこなしてみようと模索中です。

編集初心者が、自動運転やAI家電、AI(人工知能)を使った未来まで 日々変化していくAI(人工知能)のニュースをお届けします!