テクノロジー

IT社会がAIで更に加速!なぜここまで人工知能が注目されるのか

注目するイメージ

近年、めまぐるしい発展を見せるIT分野。世界中の情報がスマホひとつで簡単に手に入り、ネットショップからワンクリックで、どんなものでも家に届く。昔では、考えられなかったことがITの力で実現しています。もうすでに「IT社会」が実現していると言っても過言ではないでしょう。

そしていま、IT社会は、AI(人工知能)技術の活用によって、さらなる発展の兆しを見せています。IT分野のみならず、ありとあらゆる領域で、AI(人工知能)に注目が集まっています。

未来のテクノロジーというイメージがあるAI(人工知能)ですが、なぜ、ここまで注目を集めているのでしょうか。今回は、発展を続けるIT社会で、AI(人工知能)が注目されている理由についてお伝えします。

AI(人工知能)が人間の代わりに仕事をしてくれる

人間の代わりに仕事をするAIのイメージ

人間の代わりに仕事をしてくれるというAI(人工知能)の姿は、多くの人が抱いているイメージでしょう。実際に、株のトレーダーや銀行マンなどの仕事の一部がすでに代替されはじめています。

会社の経営者の視点で見れば、

AI(人工知能)は人手不足の解消や人件費削減に貢献してくれるテクノロジー
だと言えるでしょう。
そのため、IT業界のみならず、様々な業界からAI(人工知能)への注目が集まっているのです。

特に日本では、これから急激な人口減少が予想されていますよね。

深刻な人口減少によって失われる労働力を補うソリューションとして、IT、とりわけAI(人工知能)技術の活用が期待され、日本の企業がAI(人工知能)に興味を示すのは、そうした背景も影響しているのでしょう。

AI(人工知能)には生命がない

心がないAIのイメージ

AI(人工知能)が人間の代わりに仕事をするのは、まるで人間と同じような存在と錯覚しますよね。しかし、AI(人工知能)には、人間と確実に異なる点があります。

それは、生命がないということ。

確かに、人間と同じように振る舞い、同じように作業をこなすことができるかもしれませんが、

AI(人工知能)はそもそもコンピュータのプログラムであって、生物的な身体や精神を持った生命体ではありません。

「生命がない」というと少し冷淡な感じもしますが、実はこれもAI(人工知能)が注目を集めている理由の一つです。

例えば、人間のトラック運転手は、永遠に運転し続けるわけにはいきません。食事・睡眠・休息をとる必要があります。しかし、

AI(人工知能)による自動運転なら、電源さえ確保できれば、どこまでも継続して運転することができるでしょう。

災害発生時、2次災害の危険性があるため、救助隊が踏み込めないような災害現場でも、

AI(人工知能)搭載のロボットなら、危険をかえりみずに作業に入ることができます。

接客業で考えてみると、

AI(人工知能)店員が客にどんなに理不尽なクレームを言われたとしても、人間のような感情も持っていないため、感情的になったり、焦ったりすることもなく、冷静に統計上の最善の対応をしてくれます。

このように、一見ネガティブに思える「生命がない」というポイントも、裏を返せば、人間の身体や精神の限界を超えた活躍が期待できるということとになります。

AI(人工知能)が注目を集めているのは、人間の代わりにとどまらず、人間以上の働きをしてくれる可能性があるからです。この点は、IT社会でAI(人工知能)が活躍していく際の大きなメリットだと言えるでしょう。

AI(人工知能)は人間とは異なる視点や思考を持っている

思考のイメージ

AI(人工知能)には生命がないというお話をしてきましたが、人間とは異なる視点や思考を持っているという特徴もあります。

世界最強棋士ともよばれるプロ棋士を破ったことで有名なAI(人工知能)のアルファ碁。

ディープラーニングと呼ばれるAI(人工知能)技術が用いられているアルファ碁は、人間の棋士に囲碁を教わる一方で、自力で膨大な回数のシミュレーションを繰り返して、戦法を編み出していきました。
そのため、アルファ碁の繰り出す手は、人間の棋士には思いもよらない独特なものばかりで、それまでの囲碁の常識を大きく覆したのです。

アルファ碁のように、目的や結果は人間の場合と同じでも、そこに至るまでの過程は、AI(人工知能)独自の視点や思考に基づいているケースは多いでしょう。

すると、

人間の視点や思考では、考えつきもしなかったようなアイディアが生まれるかもしれません。
また、
AI(人工知能)と比較することで、逆に、それまで気づかれていなかった人間自身の物の見方が露わになる、なんてことも。

新しいアイディアの発想、人間自身の再発見といった意味でも、AI(人工知能)には大きな可能性があり、進歩が滞りがちな分野にも強いインパクトを与えてくれることが期待できます。そうした「刺激」としてのAI(人工知能)という側面も注目を集めているでしょう。

年々進歩を続けるIT業界はもちろんのこと、幅広い分野で新たな流れを生み出す救世主に、AI(人工知能)はなり得るのです。

 

AIと仕事をするイメージ

今回は、発展を続けるIT社会で、AI(人工知能)が注目されている理由についてお伝えしました。AI(人工知能)は、人間の代わりに仕事をするのみならず、人間の限界を超える活躍をしたり、人間には考えつかないような発想をしたりと、多くの可能性を秘めているテクノロジーとして、世界中で注目を集めています。

また、日本においては、深刻な人手不足問題を解決するツールとして、IT業界のみならず多種多様な業界でAI(人工知能)に期待が寄せられているのです。

現代でも、すでに高度に発展しているように思えるIT社会ですが、紹介してきたようなポイントを備えたAI(人工知能)が普及していけば、さらに思いもよらない未来がやってくることでしょう。今後もAI(人工知能)の進歩から目が離せませんよね。

参照元囲碁の最強人工知能 AlphaGo(アルファ碁)の仕組みとは?

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました