テクノロジー

AIでのオペレーション自動化で最も影響を受けるビジネス分野

AIでのオペレーション自動化で最も影響を受けるビジネス分野

人工知能(AI)の話になると、「私たちの仕事を奪っていくのではないか?」というネガティブなイメージが付きまといますよね。たしかに人工知能(AI)の発展によって人間が行ってきた仕事が代替できるようになっており、一部の仕事のオペレーションを自動化する動きも出てきています。しかし、実際のビジネスにどのように影響を与えているのかを知っている人は多くないでしょう。

人工知能(AI)やロボット工学の技術が進化して十分な情報とその認知に基づいて自分から意思決定を行うようになってから、人工知能(AI)によってオペレーション(人間がコンピューターを操作して行う作業)を自動化する技術が向上しています。その結果、「事務作業」を始めとして、私たち人間が行う手作業の仕事が減少しているのです。その一方で私たちの仕事にもさまざまな変化が生まれているのです。

そこで今回は、人工知能(AI)によるオペレーションの自動化で最も影響を受けるビジネス分野について、お伝えします。

「RPA」によって、決まった仕事から楽になることができる!

効率化のイメージ

例えば仕事をしていると、「単純な作業なのに遅い」「ミスばっかりする」などの悩みはつきないですよね。この解決方法に人間の脳をコンピューター上で再現する人工知能(AI)の学習方法である、機械学習というアプローチを参考に開発されたソフトウェアを使おうとういう試みがあります。つまり、人間の代わりに決まった業務をロボットが代わりにおこなうという方法を作り、それが今多くの注目されているのです。

それを「RPA(Robotic Process Automation)」といい、単純な作業に割く時間を減らせることに加えて人間が起こしうる見間違い、聞き間違い、確認漏れなどの人的ミスも減らすことができます。簡単な作業のオペレーションは自動化で対処できるようになっているので、今後予想される少子高齢化に伴い、悩まされると考えられている人材不足の問題に助けにもつながるかもしれません。

RPAの導入事例は多数の業界で行われており、医療・金融・流通・通信・公共(中央省庁・自治体)・公益業界など幅広く利用されています。今後はさらに、単純作業を含むオペレーションは人間の手を離れてロボットの自動化によって運用される機会は増えていくでしょう。

それでは次は、実際の現場でどのように人工知能(AI)を含むテクノロジーによってオペレーションの自動化が行われていくのかを紹介していきましょう。

オペレーションの自動化の実用例

伝票入力、請求書発行などのオフィス業務

事務作業のイメージ

「伝票入力ってめんどうだし大変だなあ」と感じている方は多いですよね。しかし、経理業務や伝票入力のような定型的な作業手順をロボットに1度覚えさせれば、あとはロボットが一連のオペレーションを自動化して処理できます。

処理する流れは、請求書(紙・PDFデータ)をスキャナーで読み取り、読み取った情報を自動で会計システムに入力します。その後入力データの検証・総勘定元帳などへの転記を行い、最後に請求書の受理メールを取引先へ自動で送信して完了です。このような定期的な作業手順は、コンピューターに反復作業として記憶させます。

これらの経理業務は、毎日とても多くのルーチン作業に追われていると、人間の手で行えば多くの人数と時間を割くものですが、人工知能(AI)ならば短時間で大量のオフィス業務をこなすことができるので、人間の負担は大きく減らせます。

データ収集・分析業務

分析のイメージ

よく仕事で「調べ物ってめんどくさい・・・」って感じる方もいますよね。実はこのような調べ物やデータ分析においてのオペレーションも、自動化の進化しています。

人工知能(AI)がWeb上の文書や画像などを周期的に取得し、自動でデータを集めながらテキストや文章の解析を行うことで任意の切り口から情報を自動的に整理し、内容を次々とデータベース化できます。また、製薬会社などで行われている膨大な化学分析業務などにも工数削減や、データ品質向上と不正や改ざんの防止などにも利用できるため、RPAで実際に運用している会社もあります。

つまり、人間がWeb上で調査活動を行わずに人工知能(AI)が学習し、リサーチにおける情報収集を自動で収集できるプログラムも生まれているのです。

価値のある情報自体を人工知能(AI)が選別し、人間の手を必要としないオペレーションとして自動化の処理できるなんて数年前には想像もつきませんでしたよね。今ではこのようなことも可能な時代になっているのです。

システム管理業務

システム管理のイメージ

システムやサーバーのトラブルはランダムで発生し、24時間動き続けているものもありますよね。そのため、これまでは営業時間外に起こるトラブルに対応するエンジニアはとても大変な思いをしていたはず。そこで、RPAがトラブルが起きた時の応急措置として初動対応することにより、休日や夜間対応といった負担から解放されます。

システムを管理する業務のオペレーションからの解放は、エンジニアを含むシステム管理者たちが不規則な生活から解放されることにつながり、人間の心身の健康面にも良い影響を与えることになるので、自動化して仕事を安心して任せられる技術が普及していくと良いですよね。

まとめ

ここまで、人工知能(AI)などのテクノロジーにおけるオペレーションの自動化によって最も影響を受けるビジネス分野について、お伝えしてきました。

お伝えしてきたことをまとめると、今まで行ってきた事務作業系の仕事は、反復可能な作業や膨大なデータを収集するのに必要だった人間の手を離れて、人工知能(AI)などのテクノロジーによるオペレーションの自動化で処理できるようになりました。

つまり、最も影響を受けるビジネスは「簡単な反復作業やデータ収集に関連する仕事」です。そして「簡単な反復作業」が取って代わられる動きは、今後より広がっていきさまざまなビジネスに影響を与えるようになっていきます。基本的に現代のビジネスにはコンピューター業務は必須であり、コンピューターを扱う以上は人工知能(AI)に関わらないことは今後更に少なくなっていくことは間違いありません。

一方で人工知能(AI)やRPAなどのプログラムをベースとしたものに、事務作業などの単純な反復作業やデータ収集を任せられることで、人間がより付加価値の高い業務に集中する事ができるようになりました。今後人間の手を不要とするオペレーションの自動化が増えることによって、新たに生まれるビジネスも生まれてくる可能性は充分あるに違いありません。

ビジネスの変化に人工知能(AI)は付いて回ることは間違いないので、ビジネスの情報を求める人は、人工知能(AI)の情報も合わせて今後とも最新の情報をキャッチしていきましょう。

コメントをどうぞ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました