AI(人工知能)ニュース

あなたに最適なディープラーニングセミナーの選び方とは!

セミナーのイメージ

最近はAI(人工知能)に関連したニュースが多く流れるようになりましたが、これはディープラーニングによって技術が進歩したからです。こう聞くとこの技術を学んでみたいと考えるのは自然なことですが、独学で勉強するには限界がありますよね。そこでおすすめなのがディープラーニングのセミナーで勉強する方法。

この方法なら講師の方から教わるのでより分かりやすく学べます。しかし、いざディープラーニングのセミナーを受講しようとしても、自分がどのセミナーを受ければ良いのかは知識がなければ選べないでしょう。

そこで今回は、ディープラーニングとは何なのかや何を勉強すれば良いのかの説明と、具体的なディープラーニングのセミナーの選び方をお伝えしていきます。

皆さんそれぞれに適したディープラーニングセミナーを受講して、キャリアに生かしていきましょう。

ディープラーニングとは?何を学ぶべきなのか

エンジニアイメージ

まず、ディープラーニングが何なのか整理していきます。

基本的なことを説明するとディープラーニングはAI(人工知能)と機械学習に関係を持っている技術です。具体的にはAI(人工知能)分野の中に機械学習があり、機械学習の手法の1つがディープラーニングという関係性。

なお、機械学習とはコンピューターに学習をさせて、人間の指示がなくても判断できるようにする技術です。

ディープラーニングが生まれる前の機械学習では、人間が与えられたデータの中から○○を選び出せなど特徴を指示をする必要がありましたが、このディープラーニングが生まれて以降は、コンピューターが学習したデータから特徴をみつけ出すことができるようになりました。これによって、さまざまな分野で使われるようになったことを考えると実に感慨深いですよね。

また、なぜこのようなことが可能になったのかといえば、ディープラーニングが人間の神経組織であるニューロンを模して造られているから。こちらについては省略しますが、どうAI(人工知能)が変わったのかは以下の2つのネットワークの構造で説明します。

ディープラーニングのイメージ

  1. 入力層→中間層→出力層
  2. 入力層→中間層1→中間層2→中間層3→出力層

なお、これらは機械学習とディープラーニングのネットワークの構造を簡単に表したものです。

説明していくと上の1は、ディープラーニングを用いない機械学習の場合です。この場合は情報の処理などは単一の中間層で行って、出力を行います。
一方で、2のディープラーニングを用いた場合では、より手厚い複数の中間層で情報の処理などを行うようにしているのがわかるでしょう。

これによって、人間の手が入らなくても特徴を掴めるようにしています。これで簡単なディープラーニングの説明については終わりです。

次に、このディープラーニングを実際に開発する方法を学ぶために何が必要なのかを説明していきましょう。

上で説明したようにディープラーニングは機械学習の手法の1つ。そのため、機械学習を理解するなど以下の全てが最低限必要です。

  • 数学的知識
  • プログラミング言語の知識
  • 英語
  • 機械学習などの基本的知識

それではそれぞれについて説明していきましょう。

まず、数学的知識に関しては高校レベルの数学が必要です。

具体的には微分、積分、行列など。ただし、これは基礎として必要となるものであり、実際には大学レベルの線形代数や確立統計などの知識が必要です。

次に、機械学習は当然ながらプログラミングを行っていくものであるので、プログラミング言語の知識は必須でしょう。

こちらに関しては、AI(人工知能)で良く用いられるPythonという言語に加えて、機械学習の際のライブラリに使われているC言語、C++の知識や、データベースなどで用いられるSQL、R言語なども知っておくべきです。

なお、初心者でよくわからないのであれば、比較的初心者向けであるPythonから行うと良いでしょう。

そして英語ができれば確実に知識の幅と操作がしやすくなります。

基本的に機械学習やディープラーニングは英語を使って操作したり、ネットから閲覧できるレベルの高いセミナーや論文等は英語です。そのため、英語ができれば間違いなくプラスとなるでしょう。

最後に、機械学習の仕組みやアルゴリズム、データベース、データモデリングの基礎知識を押さえておくべきです。

実際ディープラーニングを行うときには教師ありのデータという、正解のデータの特徴を学習させたり、教師データなしで学習させて特徴をみつけ出せるようにしたりします。そのため、これらがどのようなものであるのかを把握する必要があるでしょう。

この他にも基本的な知識として学ぶことは多いですが、広く学んでおいて損はありません。機械学習、ディープラーニングに必要な知識については以上。ここまでの説明で、みなさんはディープラーニングがなんであるのか、自分にディープラーニングを行うための知識がどれくらいあるのか理解できたでしょう。

これらは、適したディープラーニングセミナーをみつけるための第一歩となるものです。知識として何が足りて、何が足りないのかを整理してから、次の具体的なディープラーニングセミナーの選び方をみていきましょう。

ディープラーニングのセミナーは知識量などをみて、適したものを選んでいく

セミナー会場のイメージ

それでは、具体的なディープラーニングセミナーの選び方をお伝えしていきます。基本的には上で解説したことを含めて次のように選んでいきましょう。

  • 足りない、または学びたい知識を得られるディープラーニングセミナーから選ぶ
  • 通いやすい場所からディープラーニングセミナーを選ぶ
  • 資格に関係するディープラーニングセミナーセミナーを選ぶ
  • IT関連企業が行うディープラーニングセミナーを選ぶ

まず、忘れてはならないのは、

基本的には今みなさんが持っているディープラーニングの知識や技術をレベルアップさせるために、ディープラーニングのセミナーを受講するということ。

そのため、上で理解したように何が足りていないのか、何を伸ばしていきたいのかという視点からディープラーニングセミナーを選ぶことが大切です。

例えば、まったくの初心者であればとりあえずPythonの初歩や機械学習の基礎が学べるものを選んだり、よりレベルアップしたいのであれば専門的な知識が学べるもの。この他、ディープラーニングを会社に導入するためにセミナーを受講したいのなら、それに特化したディープラーニングセミナーを受講するなどしていきましょう。

なお、あえてレベルの高いセミナーを受講したいという人もいるかもしれませんが、理解できなければセミナーの意味がありませんよね。そのため、身の丈に合ったディープラーニングセミナーを受講することが大切である、と頭に入れておきましょう。

次に、みなさんの通いやすい場所で受講できるディープラーニングセミナーを選んだほうが良いです。

もちろん、レベルの高いセミナーを受講する必要がある場合には、お住いの場所から遠い場所で開催されるものであっても出る価値はあるでしょう。しかし、初歩的なセミナーなどを受講したいのであれば、近くで開催されているものの方が費用対効果の面で十分であることもあるのでよく検討しましょう。

なお、ディープラーニングに関するセミナーは大学内の勉強会から企業の行うものまであります。

そのため、通っている大学、企業や法人が開催していないか聞いたり、ネットで調べてみると良いでしょう。

この他、ディープラーニングセミナーはオンラインで行えるものもあり、初歩的なセミナーであれば1,000円以内で受講も可能であるので考えてみてください。

また、資格に関係するディープラーニングセミナーを選ぶのも良いでしょう。

例えば、日本では日本ディープラーニング協会が定めている「E資格」というディープラーニングの資格があります。

将来こちらのような資格の取得を目指しているのであれば、認定講座を受講するのも良いでしょう。

さらに、IT関連企業が行うディープラーニングセミナーを選ぶのも良いです。

特に、実務で必要となったためにディープラーニングセミナーを受講するのであれば、それぞれの企業のセミナーを受けることで効率的に技術を伸ばせるので向いています。

人によってどのようなディープラーニングセミナーを受けるべきなのかは異なるでしょうが、あなたに合った最適なものを選ぶことが大切になります。

おわかりかもしれませんが、ディープラーニングをみなさん自身のものとするには、広範囲に渡った知識を納める必要があるものです。大変かもしれませんが、一歩一歩進んでいきましょう。

 

セミナーのイメージ

今回は、ディープラーニングについてとディープラーニングセミナーについてお伝えしました。

最後にディープラーニングセミナーに関してのまとめとして、アドバイス。ディープラーニングはセミナーで勉強すれば理解しやすいのは当たり前ですが、より効果的にするためにはみなさん自身で勉強することも重要です。そのため、あらかじめセミナーで受講する内容を本から勉強したり、ネットから初歩的なディープラーニングの知識を学ぶなどすれば、より深く理解することができます。

また、人によってはお金の余裕がないこともあるでしょうから、その際には図書館などを利用したり、無料のセミナーに参加すれば出費を抑えることにもつながるでしょう。

このようにして、毎日コツコツ勉強しながらディープラーニングセミナーを受講するのが良いです。そうすれば必ずディープラーニングはあなたの肉となり、骨となることでしょう。

コメントをどうぞ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました