あなたの顔は何点?AIが顔を数値化する驚きのシステムを紹介

あなたの顔は何点?AIが顔を数値化する驚きのシステムを紹介イメージ

人間は顔じゃない!って世の中言いながら、男前や美人な人を見ると「絶対人生得してるよねぇ」って感じることって多いですよね。じゃぁ一体自分よりどれくらい得をしているのだろうって考えてみると、顔の良し悪しは目に見えて測れるものではないのでなかなかわかりません。それに、男前や美人の定義は人の好みがあるので余計に難しいものですよね。

でも、すでに実用化されている顔認証の技術にAI(人工知能)を搭載することで、人間の顔を数値化することが可能になったんです。そう、これで今まであやふあやだった「美人具合」をAI(人工知能)が数値化してくれるんです。これならごまかしは効きません!

もちろんこの技術、顔の良し悪しを測定するために開発されている技術ではなく、表情から年齢や性別、感情まで解析し様々な分野で活かすために研究が進められています。

さて今回は、このAI(人工知能)が顔を数値化するすごく気になる技術が、いったいどのようにして、どのようなところで使われていくのかを一緒に見ていきましょう。

東京大学が研究!!女性の顔の魅力を数値化するシステム

東京大学が研究!!女性の顔の魅力を数値化するシステムイメージ
まずは、東京大学が研究を進めている「魅力工学」と言われる分野からのご紹介です。この「魅力工学」とはAI(人工知能)を使って、映像や写真を見て人が「心に刺さる」「映える」と感じる「魅力」を数値化する研究を行っていて、その中の一つとしてAI(人工知能)に「顔の魅力度」を予測させ数値化する研究を行っています。

どのような方法でAI(人工知能)に人の顔を数値化させているかというと、まずはさまざまな人にたくさんの顔写真をみてもらい5段階評価をつけてもらいます。その評価したデータをAI(人工知能)に学習させることで、より人の感覚に近い予測が出来るようになっているそうで、実際に人の評価と比べてみても大差のない結果がでているそうです。

そうなんです、このAI(人工知能)に顔を測定してもらえば、世の中の人が自分の顔を見て魅力を感じるかどうかを数字で見ることができるんです。でも女性なら実際に試してみたい思いはあっても、測定結果を聞くのはすごく勇気がいりそうですよね。じゃそんな「聞くのに勇気がいる」ようなものを、なぜ開発をしているのでしょうか。

実はこのシステム、判定した数値を活用して「魅力度を最大化にするお化粧方法」を提案してくれます。それでAI(人工知能)が薦めてくれた化粧方法を取り入れることで、より人に魅力的に感じてもらうことができる「顔」を作ることができるようになります。

ただしこの技術、まだ女性の顔の魅力度しか測定をすることができません。その理由として男性の顔の魅力は女性と違い人によって様々な評価の尺度があるため、現段階では数値化の精度を高めるのが難しいからだそうです。なんか、女性の顔の魅力は単純なの?とちょっと「うん?」って思ってしまう説明ですが、まっお化粧をするのは女性の方が圧倒的に多いので、別に女性限定でも問題はなさそうですよね。

このAI(人工知能)が顔を測定するシステムまだ実用化はされていいませんが、近い将来百貨店の化粧品カウンターに導入されているかも。その時はぜひAI(人工知能)に顔の魅力度を測定してもらってみてください。

でも「あなたの魅力度を最大化する化粧品です」と薦められたら、全部買ってしまいそうですよね。

AIがズバッと判定!お世辞ぬきの見た目年齢を測定

AIがズバッと判定!お世辞ぬきの見た目年齢を測定イメージ
魅力度の数値化は、まだ研究段階のため実用化されていませんが、もうちょっと軽い感じでAI(人工知能)による顔の数値化を体験できるアプリがあります。その名も超精密AI!顔年齢測定カメラ」、名前の通り見た目年齢を測定してくれるスマートフォン用のアプリです。

女性であれば、ある程度の年齢になってくると実年齢よりも見た目年齢が重要になってきます。鏡をみながら「自分はいくつに見えているんだろう・・・」って思うこと、女性なら誰でも経験ありますよね。知人や友人に「いくつに見える?」って聞いても、遠慮やお世辞で本当の見た目年齢ってなかなか知ることはできません。

しかし、このアプリを使えば今まではベールに(オブラートに?)包まれていた見た目年齢を、ズバッとごまかしなく測定してくれます。使い方は簡単、アプリをインストールして、写真をとって「判定開始」のボタンをクリックすればOK。人と違いAI(人工知能)が実際の顔写真から見た目年齢を測定してくれるので、お世辞も遠慮もない結果を突き返してくれます。

さて、見た目年齢が気になるお年頃の私もそうそうにためしてみました。使い方は本当に簡単でアプリをスマートフォンにインストールして、写真をとって「何歳に見えるか?判定開始」と書かれたボタンをクリックするだけ。すぐに判定を開始してくれます。

ドキドキしながら判定結果を待っていると。。。表示されました。なんと2◯歳(実年齢マイナス10歳以上)という結果に!ちょっとこれは言いすぎやろうぉと思いながらもニヤニヤ、かなりうれしい結果です。すっかり気を良くしてエーアイジンのオーサー仲間にこのアプリをシェアしてしまいました。

このように判定された数値にはちょっと疑問?を感じてしまうアプリでしたが、AI(人工知能)が搭載されているので学習を続け、もっとリアルな結果が返ってくるようになるのでしょうね。でも現状の結果でも女子会で盛り上がること間違いなし。ちょっとうれしい思いをしたい方は、ぜひ試してみてください。(すべての方がマイナス年齢になるかは保証できかねますが・・・)

AI(人工知能)と顔認証が実現した、ドアノブ不要の未来型ドア

AI(人工知能)と顔認証が実現した、ドアノブ不要の未来型ドア
今回のお題の「AI(人工知能)が顔を数値化」する仕組みから少し離れてしまうのですが、同じAI(人工知能)と顔認証の技術が融合して画期的な未来型ドアが実用化されようとしています。未来型ドアといえば、超有名な「どこでもドア」を連想してしまいますが、この未来型ドアはちょっと違います。

YKK APが2020年の販売開始を目標に開発を進めている「UPDATE GATE」という一般住宅用のドアです。もうすでに実用化されている「顔認証で鍵いらずなドア」にAI(人工知能)が融合されることで、今までの「ドア」という概念を覆す技術が搭載されており、思わず食いついてしまいました。

このドアの何がすごいのかと言うと、ドアには当たり前のようについている「ドアノブ」がないんです。

なぜドアノブがいらないのかというと、家族であれば顔認証システムで自動開閉するので鍵もドアノブも必要ありません。室内からあけるときはドアを軽くタッチするだけで開閉することができます。またスマートフォンと連携することで、外出先でも来訪者の確認やドアの自動開閉ができます。これなら「あっ鍵しめたかしら?」と外出先で心配になってもすぐに確認ができますね。ここかなり魅力です。

さて、このドアのどのようなところが今まで持っていた「ドア」という概念を覆したのかというと、ドアなのにさまざまな家電と連動することができるところです。そう、まさにスマートスピーカーならぬスマートドアなんです。

ドアに搭載されたAI(人工知能)が家族の顔だけでなく毎日の行動を学習し、交通情報や天気、花粉、イベント・スケジュール等を表示し、ゴミの日や予定のリマインドをしてくれます。出かける前にかならず目にする「ドア」なので見落とす心配もありませんよね。

また、扉の室内側はパネルデザインが採用されていて、スクリーンのように動画や写真を表示して楽しむことができ、遅くに仕事から帰ってくるお父さんへのメッセージや一人で留守番をしている子どもへの伝言なども表示することができます。これは今までにないドアの活用法ですよね。

2020年に販売開始のため、まだ価格は発表されていませんが、ぜひこんなドアのある近未来な家に住んでみたいものです。

未来型ドアイメージ
さて今回は、AI(人工知能)が顔の魅力度を数値化する技術をご紹介しましたが、この技術いったいどのように測定されるのかすごく興味がある研究です。点数で評価されるのは少し抵抗はありますが、より魅力的に見せる方法をアドバイスしてくれるならぜひ試してみたいものですよね。

ただ、魅力度の数値化の技術はもう少し先になってしまいそうなので、それまでは「超精密AI!顔年齢測定カメラ」でAI(人工知能)による見た目年齢の数値化をぜひ試してみてください。

AI(人工知能)による顔を識別する技術は様々な研究がすすめられ、多くの製品に活用されています。従来の顔認証技術だけでは出来なかったことも、AI(人工知能)を搭載することで可能になり、「未来型ドア」のように今までの概念を覆すような製品も開発されています。

このように、AI(人工知能)の技術は2020年の東京オリンピックに向けて、急ピッチで開発されていくようですので、これからもワクワクするような製品がたくさん発表されていくことでしょう。

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

てるりん
社会人として働き始めて早20数年、当初はスマホどころかポケベルの時代、それがアレヨアレヨと世の中すっかりデジタル化。 世の中の変化のスピードの速さに、段々とついて行けなくなったことを実感してる今日この頃です。 そんな私がひょんなことから、「AIZINE(エーアイジン)」を通じてAI(人工知能)の情報を発信することに。 これを機会に、映画の中の出来事だったAI(人工知能)についていろいろと調べて、私のように時代の流れに取り残されそうな方々でも楽しく読んでいただけるような情報を発信していきます。