AI(人工知能)で子供の学力大幅アップ!教育が変わる3つの理由

タブレットで勉強する女の子

AI(人工知能)の急速な進歩により、子供たちを取り巻く教育環境も日々大きく変化しています。日本の平均就学期間が12.5年と言われていますが、この期間の教育環境によって、その後の人生に大きな影響が出ることは明らかですよね。

子育て中の方にとっては、ご自身のお子さんがAI(人工知能)によってどんな影響を受けていくのかということも気になるのではないでしょうか。

そこで今回は、人生に大きく影響を及ぼす就学時期の教育環境にフォーカスし、AI(人工知能)によって子供たちの学力が大幅に上がっていく3つの理由についてお伝えします。

AI(人工知能)が理解度に合わせて最適な問題を選んでくれる

AI(人工知能)が子供に最適な問題を選んでくれる

ご自身の子供時代を振り返って、学習を進める中でわからないことがあった時、「何がわからないのかわからない、わからないけど聞けない」といった経験がありますよね!?すぐに聞いて解消できればその後の勉強もはかどりますが、一度つまづいてしまうと分からないままズルズルと負のスパイラル…といったこともきっとよくあるでしょう。

しかし、Qubena(キュビナ)のようなAI先生がいると、子供のつまづきはリアルタイムに解消できるようになりますよ!

Qubena(キュビナ)はタブレットを使ったAI教材アプリなのですが、学習データをAI(人工知能)が収集・解析することでその子供が理解していないところを集中的に、克服するのに最適な難易度の問題を出題してくれるそうです。

主に学習塾での教材や自宅学習の教材として使われていて、講師は授業をするのではなく、生徒たちの個別の回答状況をリアルタイムで確認しながら、つまづいている子のフォローやモチベーションを維持するような声掛けなど、人にしかできないコミュニケーションを中心にしているのだとか。

こういったAI教材が進化・普及していくことで、学校の授業だけではついていけない子も自分で復習して遅れを取り戻せるようになったり、小さなつまづきに対して周りが細かくフォローしてつまづきを解消できることで、わかる喜びが増えて、大きな自信になりそうですよね。

AIが子供たちの学習状況を分析し、必要なフォローができる

AI(人工知能)が子供の学習状況を分析

教材のお話をしましたが、AIの普及により子供たちの学習が進んだとしても、進路を決めたり日々学校生活を送るためには学校との連携も不可欠ですよね。そこで、学習状況を先生たちがより詳細に把握できるようなサポートツールの進化も見ていきましょう。

日本の公立学校ではほとんどの学校が、1クラス20人〜40人の集団で授業が行われていて、多い場合には数百人の生徒に教えることになります。そんな中で、一人一人の科目ごとの学習状況を把握して最適な指導をすることは不可能に近いのではないでしょうか。

そういった状況を解消するために、ベネッセのClassi(クラッシー)スタディサプリ for Teachersといった、先生向けのサポートサービスが登場しているのをご存知ですか?

これらは生徒ごとの学習習熟度や苦手な単元などを分析し、その状況に応じて必要な学習コンテンツを配信したり、先生の多様な業務をサポートするサービスで、 既にClassiは2100校(2018年1月時点)、スタディサプリ for Teachersは750校(2016年4月時点)で導入されているそうです!

これらのサービスは、今のところAI(人工知能)とは打ち出されていませんが、こういったところでもAIの活用が進めば、子供たち一人ひとりの状況をより細かく分析できるようになり、AIが必要なサポートを先生に提案してくれるなど、先生の経験や実力に頼らず一人一人に寄り添った細やかなフォローがしやすくなっていくことでしょう。

AIによる指導スキルの底上げ

AI(人工知能)によって先生のレベルも上がる

AI(人工知能)の普及による子供たちの学習環境の変化についてお伝えしてきましたが、AIは子供たちだけでなく、先生たちの指導力も大きく進歩させていくでしょう。

介護業界ではAI(人工知能)を使って「良い介護とは何か」を明らかにすることで、介護コミュニケーションを改善する研究が進んでいます。具体的には、ベテランと新人の介護の仕方を「見る・話す・触れる・立つ」といった要素に分解し、それらがどのように実践されれば介護のコミュニケーションが円滑になるかを研究しているそうです。

教育業界でも同じように、ベテラン先生による子供たちへの接し方とその反応をAIが分析する研究が進めば「良い教育とは何か」がより明確になり、先生たちの指導スキルが経験に関わらず加速するようになっていくはずです。

AI(人工知能)をうまく取り入れよう

さて、AI(人工知能)によって子供を取り巻く教育環境が大きく変わり、学力が上がっていく3つの理由をお伝えしました。学習効率はAIの普及で大きく向上し、子供たちの学力も大幅に上がることがイメージできたのではないでしょうか。

学力だけで人生すべてがうまくいく。なんてことはありませんが、勉強ができるようになることが成功体験となり、その後の人生で大きな自信につながることの影響は決して小さくはないはずです!ご家庭でもお子さんの教育にAIをうまく取り入れ、より良い人生の基盤を築いてあげたいですよね!

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

やまぴー
神戸のweb制作会社 hm solutionでディレクターをしています。

社会に出てから十数年、ブライダル、美容、育児、WEBマーケティングと異業種を渡り歩き、好奇心とご縁だけで生きてきました。そしてまた、好奇心とご縁だけでAIZINEの編集に参加させてもらっています。

様々な立場の経験を活かしながら、「一般人である私たちにとって、何がかわっていくの?」をテーマに、わかりやすい言葉でAIニュースをお届けできるよう心がけています☆