テクノロジー

今、人工知能関連の株が熱い!その現状と今後を予想してみた

AIのイメージ

AI(人工知能)の研究や開発が進んでいて、それが様々な分野で活用が進んでいるということをニュースなどで目にしたことはあることはありますよね。AI(人工知能)の注目はこれからより一層高まりさらに多くの場面でその活用が期待されています。

2045年にはAI(人工知能)が人間を超えるという技術的特異点(シンギュラリティ)を迎えると言われているように、その成長は急激に加速。今や情報産業だけではなく、あらゆる場面でAI(人工知能)の活用が期待されているため、世界中の企業や組織がこの技術に注目しているのです。

そしてAI(人工知能)の成長や普及に伴い、AI(人工知能)関連の株も非常に人気が高まってきています。

そこで今回は、AI(人工知能)に関する株の現状とその今後について予想してみましょう。それではさっそく中身を見ていきます。

全体売買に占める半分以上がAI(人工知能)取引

人工知能株のイメージ

2019年7月の時点で、東京市場の全体売買に占めるAI(人工知能)取引の割合が約半分または7割ほどであるとも言われ、非常に高い比率を占めていることがわかりますよね。

その背景には自動運転車やドローンといった新技術を使った成長市場、その他金融や情報通信、医療分野、バイオテクノロジーなどのとても幅広い業界において、これからのAI(人工知能)活用が期待されているということがあります。

AI(人工知能)は、使うことによって本当に幅広い分野で飛躍的な進化をもたらすことができ、少子高齢化が加速的に進んでいる日本においては、このAI(人工知能)技術が、生産性に革命をもたらしてくれると言われ、期待をされているのです。

一方で、AI(人工知能)関連としてAI(人工知能)を投資判断に活用するサービスなどが存在していますが、それらのサービスについてはなかなか難しい課題が、、、。

AI(人工知能)は、過去の膨大なデータをもとにこれから起こり得る結果を予測しますが、投資の場においては相場の環境の大きな変化が非常に激しいため、近年ではまだマイナスになってしまう場合も多く、これらのAI(人工知能)に関連したものについては慎重な動きがあるようです。
しかしそうは言っても、AI(人工知能)による株式投資にはたくさんのメリットがあり、これからさらに技術が進んでいくにつれ、課題も少しずつ小さくなっていくことが予想もできます。そしてAI(人工知能)投資の分野についてもさらに注目されていくことになるでしょう。

投資におけるAI(人工知能)の活用としては運用の部分から始まっていますが、現状ではすでに情報を集めて分析するアナリストや、銘柄の売買を行うトレーダーの代替となり始めています。東進センターに関する戦略とリスク管理をどこまでAI(人工知能)が行うことができるのかという点については注目です。

また、感情に左右されることがないAI(人工知能)や、データを基にして判断するAI(人工知能)の力について非常に注目が高まっているので、現状では不安が拭いきれない点もあります。そしてこうしたAI(人工知能)関連の株も非常に注目されていることがわかるでしょう。

このように、現在の市場では非常に幅広い範囲でAI(人工知能)に関連する株に対して高い注目が集まっているのです。その活用方法の広さと確かな力によって、現時点ですでに高い人気を得ています。

では、これからは一体どうなっていくのでしょうか。気になりますよね。

これからはAI(人工知能)を扱う人材に対する企業に注目が集まる

人材のイメージ

今、様々な分野でAI(人工知能)が活用されているため、AI(人工知能)関連の株は非常に現在人気が高まっているとお伝えしましたが、中でも注目されているのが、そのAI(人工知能)時代を扱うための企業の株です。

現在の市場では非常に幅広い範囲でAI(人工知能)に関連する株に対して高い注目が集まっていることがわかりますし、今や日本の至るところで働き方改革や構造改革などが行われています。
そういった動きの中でNECなのでは人員削減を行う一方で、優れた人材に対しては新入社員の時点でも非常に高額な練習を提示する制度を導入することを検討。AI(人工知能)その他先端的なITに関する技術を持っている優れたIT人材を囲い込む経営戦略が行われており、同様にソニーやNTTドコモなどでも、賃金水準を引き上げることによる優れたスキルを有した人材確保が行われているのです。

今、IT系の人材というものは非常に不足しており、近年ではシステム構築や運用などを行うシステムインテグレーターや大手のIT開発部門だけではなく、一般企業でも採用の拡大が広まっています。

そのため需要に対応したIT系人材をどうやって確保するかということについて、たくさんの企業が頭を悩ませているでしょう。ですからIT系人材の不足というものはこれからさらに顕著になっていくことが予想されています。

その中でも特に、需要が急激に高まっているビッグデータやAI(人工知能)に精通した先端的なIT系人材の不足は非常に深刻になると予想されていて、この部分をテーマに株式市場でも、新しいAI(人工知能)周辺の株銘柄に注目する動きが高まっています。

ここ最近で非常に変化が著しいと注目されているのが人材サービス関連の株。
製造業向けの人材派遣を手がけるアウトソーシングが6年間で40倍になっていたり、求人サイトを運営するディップは5年半で72倍になっていたりするなど、非常に変化が激しいということは分かりますよね。

こうした人材サービス関連の形の変化とこれからの人材関連の株の変化というものには非常に注目しておく必要があることでしょう。以下のようなAI(人工知能)関連株には注目してみるといいかもしれません。

ネット支援ビジネスのメンバーズ

このメンバーズは、企業のWebサイトのデザイン制作やデジタルクリエイター人材の派遣などネット支援ビジネスを幅広く手がけています。

これまで見てきたようにこれからAI(人工知能)人材の確保というものが非常に重要となって行こうとしているのか、このメンバーズでは先駆けて先端的IT人材の育成に注力。また、子会社のメンバーズデータアドベンチャーはデータサイエンス領域に特化した人材派遣ビジネスを展開する会社出して注目が集まっています。

組み込みソフトの受託開発と技術者派遣の二つを収益の柱にするソーバル

ソーバルは、組み込みソフトの受託開発と技術者派遣の二つを収益の柱としており、AI(人工知能)やIoT分野の経営に重心を置いて、企業のIT投資を活発にしています。

大企業をお客として開拓したり、連携を強化したりすることによって、業務内容の拡大に積極的に活動。

ITインフラの構築やWebマーケティングを手がける企業セラク

セラクはITインフラの構築やWebマーケティングを手がける企業でクラウド分野に力を注いだり、IT系人材を社内で育成し派遣したりするというビジネスに取り組んでいます。加えてITエンジニアの人材流動が活発になっていることを踏まえ、IT人材紹介ビジネスもスタートしました。

IT技術者の養成を行うプログラムを開講したり、ビッグデータを活用した新しいサービス開発にも手をつけたりするなど幅広い分野で成長が期待できます。

開発技術者を派遣するエスユーエス

エスユーエスは大手メーカーやシステムインテグレーター向けに開発技術者を派遣しています。

AI(人工知能)やIoT関連の求人に対する需要は非常に高くなっており、同社が開発したAI(人工知能)マッチング採用管理ツールは非常に高い人気を得ています。

このように、AI(人工知能)の技術にはこれからさらに注目が集まっていく中で、AI(人工知能)に関連する企業と株には、これからさらに注目が集まることでしょう。

 

株価のイメージ

今回は人気のあるAI(人工知能)に関する株の現状と今後について見てきました。

現在でも地上の多くの割合をAI(人工知能)の株取引が活発に行われていますが、これからさらにAI(人工知能)関連の株に注目が集まっていくことになるでしょう。

IT人材の不足というものは非常に著しく、その中でも特にAI(人工知能)やビッグデータなどの先端的な技術に精通した高度なIT人材の確保や、その育成というものが求められる中、これらの事業を手がける企業にはすでに大きな注目が集まってきています。

あらゆる産業分野でAI(人工知能)が活用され、それを活用するための人材を扱う分野についてこれからはさらに関心が寄せられていくことになりそうですよね。

株について見てみることで、今現在どういったことが求められているのか、そしてこれからどういったことが期待されているのかを知る手がかりになります。

それにあらゆるところで活用が進んでいるAI(人工知能)技術ですが、これからさらにその活用の場を広げながら、たくさんの分野で活用されていくことでしょう。それに伴いAI(人工知能)関連の株はこれからまた熱くなっていきそうです。

AI(人工知能)関連の事業を行っている企業の動向についてもこれからたくさん情報を仕入れていきましょう。

=== お知らせ ===

当サイト(AIZINE)を運営している大阪の人工知能の開発会社お多福ラボでは、AI(人工知能)の勉強会を開催していますので興味のある方はぜひお越しください。

お多福ラボセミナーのバナー

テクノロジー

コメントをどうぞ

AIZINE(エーアイジン)

コメントをどうぞ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました