AIが救う!深刻な人材不足の問題と未来への展望

人材不足の問題と未来のイメージ

経済の基盤となるのは労働力ですが、現在日本では人材不足が問題になっていますよね。外国人労働者の受入れの議論もされていますが、人工知能(AI)も人材不足の問題解決の糸口として考えられています。

様々な分野で活躍を見せ始めている人工知能(AI)ですが、果たして人工知能(AI)はヒトの労働力の代わりとなりえるのでしょうか?また人工知能(AI)によって人材不足が解決されたとして、ヒトの働き方はどのように変わるのでしょうか?

まずは人材不足の問題の原因や深刻さに触れ、人工知能(AI)の得意分野を踏まえながら、人工知能(AI)が人材不足の問題をどのように解決していくのか、またどのようにヒトと恊働していくのかをお伝えします。

深刻な人材不足の現状

人材不足のイメージ

まず、日本における人材不足の問題について見ていきましょう。実は人材不足の原因は複雑に絡んでおり、よく挙げられる少子高齢化による生産年齢人口減少の他に、労働に見合わない低賃金による離職率の高さや構造的な問題なども挙げられます。飲食店などのサービス業ではよく離職率の問題がメディアで取り上げられていますよね。

特に人材不足の中でも単純作業を行う人手が不足している「人手不足の問題」が深刻化しており、様々な業界で人手不足による倒産も起こっています。

帝国バンクの調査によると2017年度の「人手不足倒産」は114件にものぼり、4年連続で前年度を上回っているのです。

労働力となる生産年齢人口はこれから益々減っていき、人手不足倒産は増えて行く事が予想されるので、これは非常に深刻な事態。。。日本の未来に不安を感じてしまいますよね。

そこで、この人材不足を救うカギとなるのが人工知能(AI)です。では次に、どのように人工知能(AI)で人材不足を補っていけるのか、また将来的にどういった可能性があるのかを見ていきましょう。

人工知能(AI)の役割とヒトの役割

人工知能(AI)の役割イメージ

人工知能(AI)で人材不足を補うと言ってもヒトの役割をそのまま補うわけではありません。人工知能(AI)の得意な事は人工知能(AI)に任せ、ヒトが行う仕事の負担を減らす事によって人工知能(AI)で人材不足を補っていく形になるでしょう。

例えば、介護業界は人材不足に悩まされている業界の一つ。ここでも人工知能(AI)を取り入れる動きが広がっています。

パナソニックが開発したシステムでは、デイサービス利用者の最適な送迎ルートを人工知能(AI)が選定する事で、ベテラン職員でも1時間はかかっていたという送迎計画が10分程度に短縮されるそうです。
これによって職員の負担が減り、今まで使っていた時間を他の業務に回す事が出来ますよね。

また、人工知能(AI)はあくまでも機械なので心を込めた仕事はヒトでなければ行えません。ヘルプデスクなどの問い合わせ業務では人工知能(AI)が質問内容を理解し適切な内容を回答する一方で、複雑な問い合わせやクレームはヒトが心のサポートも含めて柔軟に対応する事になりそうです。

このように、人工知能(AI)に得意な分野を任せつつヒトが柔軟に対応する形として、人工知能(AI)が人材不足に対応していく事になるでしょう。

様々な可能性を秘めた人工知能(AI)とヒトが恊働する未来

人工知能(AI)とヒトのイメージ

単に人工知能(AI)で人材不足を補うだけでなく、人工知能(AI)を使う事でヒトが行うよりも好ましい結果が出る分野もあります。特に人工知能(AI)が優れた結果を出しているのがマーケティングの分野。

ランジェリーブランドのコサベラは人工知能(AI)アルバートをマーケティングに用いた事で従来の広告会社よりも好ましい結果が出ていると発表しました。

人工知能(AI)は膨大なデータを元に予測を立てるのが得意であり、今後の社会では予測する分野においては人工知能(AI)が完全にヒトに取って代わるなんて事もあるかもしれませんよね。

また最近はクリエイティブな分野も人工知能(AI)が進出し話題となりましたが、レシピ作りも人工知能(AI)が得意とする分野の一つ。ヒトとは違った見方が出来るので、従来の方法では考えつかない案を提案出来るのです。

例えばIBMの開発した人工知能(AI)ワトソンはチョコレートにマヨネーズを入れるという機械ならではの奇抜な材料を提案して驚かせました。
ヒトではなかなか思いつかないですよね。このようにヒトの代わりに人工知能(AI)を使う事で、人工知能(AI)ならではの付加価値もあるのです。

では、ヒトの役割はどうなってしまうのでしょうか。人工知能(AI)で予測を立てるとしてもデータを扱うのはヒト。どのようなデータを人工知能(AI)に機械学習させたいかはヒトの手にかかっています。

またクリエイティブな分野に進出しているとは言え、人工知能(AI)はすでに存在している膨大なデータから学習するため、完全にオリジナリティのある商品は作り出せませんよね。オリジナリティを出すためには結局ヒトの力が必要となってくるのです。

将来的に人工知能(AI)の技術が進み様々な分野で活躍をしたとしても、最終的にはヒトが人工知能(AI)をどう扱うかにかかってくるでしょう。

AIが人材不足を救った仕事のイメージ

人材不足を人工知能(AI)で補うといってもヒトの仕事を全て補うというわけではなく、人工知能(AI)とヒトがそれぞれ得意分野を分担して働く形になりそうですよね。

既に様々な分野で人材不足を補うため人工知能(AI)を取り入れる動きは始まっていますから、今後仕事で人工知能(AI)に触れる機会が増える人も多くなるでしょう。

しかし、どんなに人工知能(AI)の技術が発展しても最終的にはヒトの力。ヒトが主体となって人工知能(AI)を使いこなし、仕事を進めていく事になりそうです。

将来的には人工知能(AI)で人材不足を補いつつ、人工知能(AI)と恊働する事で人工知能(AI)の持ち味を生かし、従来の仕事よりもっと素晴らしい仕事が出来るようになるかもしれませんよね。

ABOUT THE AUTHOR

この記事をかいた人 /

そねあす
AIZINE編集部のそねあすです。記事の編集を担当しています!

もともとデザインやHTML、CSSと仲良くしていたつもりがあれよあれよと編集の世界に。AI(人工知能)は作れないけど興味深々なんでまずはSiriを使いこなしてみようと模索中です。

編集初心者が、自動運転やAI家電、AI(人工知能)を使った未来まで 日々変化していくAI(人工知能)のニュースをお届けします!