AI(人工知能)ニュース

人工知能について専門学校で学ぶ事のメリットやその理由とは

人工知能について専門学校で学ぶ事のメリットやその理由とは

人工知能(AI)は学生でも作ることができる!と聞くと驚く方も多いですよね。私も先日大学の学園祭に行った際に出店に「人工知能(AI)」があって、大学生でも作れるのはすごいなあ、と感心してしまいました。そういえば知り合いにもちらほら人工知能(AI)を開発している現役エンジニアや、大学時代に情報工学でディープラーニングを学んだ、なんて方もいらっしゃいます。人工知能(AI)の作り方は、今や大学や専門学校でも学ぶことができるのです。

そんな中、最近は大学だけでなく「人工知能(AI)開発エンジニア育成に特化した専門学校」が続々と創設されているのです。この人工知能(AI)開発コースをうたっている専門学校では、プログラミングや開発にあたって必要な数学、C言語やHTMLやJavascript,Pythonなどの技術的な面を学ぶだけではありません。ITの基礎や資格に通じる内容も学習でき、とても実践的となっているのです。こんなに教育プログラムがしっかりしているなら、就職してからも役立つこと間違いありません。

そこで今回は「人工知能(AI)について専門学校で学ぶことのメリットと理由」についてお伝えいたします。

人工知能(AI)について、みっちり専門的に学ぶことが出来る!

勉強のイメージ
「人工知能(AI)について学びたい!」「実際に作ってみたい」と考えた時、進学先には大学と専門学校の2種類の選択肢が出てきますよね。ここでは、大学と専門学校の違いについてお伝えいたします。

大学は学術・理論的な学問を身につけつつ、幅広い教養を身につけることができます。そのため、「広く浅く」学びたい、または「最先端の研究をやってみたい」「理論的なところから人工知能(AI)を学びたい」という方は、ぜひ大学をおすすめします。

一方、専門学校では「狭く深く」人工知能(AI)について学ぶことができます。専門学校の講師は第一線で働いていることが多く、現場の声を聞きながら学ぶことができます。このため、人工知能(AI)のトレンドや時代の流れなどの情報をリアルタイムに聞くことができるので、変化に対応するのも簡単でしょう。

人工知能(AI)の開発を実践しつつ、エンジニアになりたい!と目標が明確になっている方にはぜひ専門学校がおすすめです。

資格を取得できる!

資格のイメージ

就職する際に「資格とっておいたほうがいいよ」って言われることはありますよね。ちなみに私も専門学校通っていた際は結構「資格取っておけ」と教えられれました。人工知能(AI)開発エンジニアの育成コースがある専門学校では、必要な資格を学校の勉強の延長をしながら取得することが可能なのです。このため、独学よりも時間をかけずに資格を取ることができることは間違いないでしょう。

また、この資格を獲得すると、就職の際に有利になります。人工知能(AI)開発コースのある専門学校では、在学中に「基本情報技術者」「応用情報技術者」を取得することも可能です。これらの資格はは、IT業界でエンジニアをやる際に必須となるでしょう。この他にも「Python3エンジニア認定基礎試験」を取得すれば、ある程度の知識レベルがあると判断できます。

在学中に学校の勉強だけでなく、資格までとっておけば企業選びの幅が広がること間違いありません。

就職先に困らない!

就職のイメージ

入社した際に、特に未経験の職種にだと「仕事内容も専門用語も覚えるのが大変!」となりますよね。私もWebの制作は専門学校時代に少しだけかじっただけなので、今でも大苦戦しています。でも、専門学校での教育は専門的かつ職業に密接しているので、より人工知能(AI)開発に必要なスキルを身につけることができます。このため、入社後からすぐ活躍できるでしょう。

また、専門学校は卒業生、インターンシップとして在学中から働くことができます。実際に卒業した後もインターン先の企業で働くことも可能です。専門学校は「前の卒業生がとても良い働きをしているので、ぜひ今年の卒業生もうちの企業にほしい」という形で企業側からオファーがやってきます。このような情報は、一般に出回る求人情報には掲載されていない場合がほとんどなので、よくある就職活動の手間を省きつつ、就職を決めることが出来るのです。

また、人工知能(AI)開発エンジニアの多くはIT系ベンチャー企業に就職することが多いですよね。このような企業はだいたい平均年齢が30歳代前半となり、若い戦力が重宝されるでしょう。そのため、入社した後も他の人が必死で仕事を覚えている中、専門学校で学んだあなたは戦力として誰よりも一歩先に活躍できるかもしれません。

 

以上、「人工知能(AI)について専門学校で学ぶことのメリットと理由」についてお伝えいたしました。

  • 人工知能(AI)について専門的に学ぶことができる
  • エンジニアになるための専門資格を取得することができる
  • 就職先に有利

など、人工知能(AI)を作りたい人にとって専門学校は良い環境であることがわかりましたよね。

これからの時代、人工知能(AI)を開発するエンジニアの需要はどんどん高まっていくでしょう。その際に人工知能(AI)開発に必要なスキルを専門学校で学びました!と言えれば、きっと職に困ることはありません。また、専門学校に入る人たちはだいたい「人工知能(AI)を開発したい!」と同じ夢を持っていることが多いですよね。そのため、学校にいる間だけでなく卒業後も同じような仕事をやっていくので、仲間と一緒に切磋琢磨できるかもしれません。ぜひ、人工知能(AI)開発の専門学校でしっかり学んで、学んだことを今後の仕事に活かせると最高ですよね。

参照元AIシステム科の紹介
何が違う?「大学」「短期大学」「専門学校」の違い
AI・ITの社会人講座、相次ぎ開講。大学は企業や生徒の囲い込み狙う

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました