AI(人工知能)ニュース

AIZINE編集部が考える「AIによって仕事がなくなる」論のまとめ

AIZINE編集部が考える「AIによって仕事がなくなる」論のまとめ

最近は「AI(人工知能)によって仕事がなくなる・なくならない」という話題が注目を浴びていますよね。実際に野村総研やオックスフォード大学の論文でも「AI(人工知能)によってこの先約半数の仕事がなくなる」というデータが出ています。となると、多くの人がやはり

困った人

自分の仕事はどうなるんだろう?なくなっちゃうのかな?

困った人

今までと働き方や仕事の内容が変わるのかな?どうやったら生き残れるかな?

と考えていることでしょう。

そんな中で「もしかして自分の仕事もAI(人工知能)に取られてしまうのでは?」という不安を抱える人も、「いや、AI(人工知能)が自分の仕事をやってくれるんでしょ?遊びたい放題だ〜♪」というお気楽な人もいるでしょう。(私はどちらかというと後者のほう・・・いや何でもないです)とはいえ、いずれにしても今後どうなるのかが気になっていることには違いないはず。

そんな中で我らがAIZINE編集部でも、AI(人工知能)によって起こる仕事への影響についていろんな人が考えた記事が多く書かれました。例えば

「そもそもAI(人工知能)によってなくなる・なくならない仕事ってなんだ?」
「AI(人工知能)によってなくならない仕事には、なにか理由・共通点があるのか?」
「いや、そもそもAI(人工知能)によって仕事がなくなるなんてウソなのでは?」

など。ぜひ、みなさんの知りたいことに合わせて、これからご紹介する記事を読んでみましょう。

ということで今回は、「AI(人工知能)によってなくなる・なくならない仕事とは何か」や「AI(人工知能)によって仕事がなくならないようにするためにはどうすればいいか」について考えた記事をまとめてみました。

  1. そもそもAI(人工知能)時代になくならない仕事とは
    1. AI(人工知能)によってなくなる仕事・なくならない仕事
    2. AI(人工知能)によってなくなる・なくならない仕事・今後増える仕事
    3. AI(人工知能)時代でも残っていく仕事とは!
    4. AI(人工知能)の時代でもなくならない仕事の特徴を知っておこう
    5. 対人や創造力のいる仕事はAI(人工知能)によってなくならない!
    6. AI(人工知能)によって仕事がなくなると、リストラも起こる・・・
    7. AI(人工知能)ではなく、人にしかできない仕事だってある!
  2. えっ、AI(人工知能)によって私の今の仕事がなくなるかもしれない!?
    1. 官僚や営業だって、AI(人工知能)にとって代わられるかも
    2. 自分の仕事は、AI(人工知能)によってなくなるかなくならないか、考えてみよう
  3. そもそも、なんでAI(人工知能)によってなくなる仕事・なくならない仕事が出てくるんだろう?
    1. AI(人工知能)によって仕事がなくなる理由を知っておこう
  4. いや、そもそもAI(人工知能)によって仕事はなくならない!なくなるなんて嘘だ!
    1. AI(人工知能)によって仕事がなくなる、というのは嘘!
    2. AI(人工知能)によって、すべての仕事がなくなるとは限らない
    3. 大丈夫、人間の仕事はなくならない
  5. じゃあ、AI(人工知能)によって仕事ってどんなふうに変わるのだろう?
    1. AI(人工知能)は仕事の種類だけでなく、「仕事の仕方」も変える!
    2. AI(人工知能)の時代に生き残るには、工夫が必要
    3. AI(人工知能)によって変わる社会の形
    4. AI(人工知能)は「頭を使う仕事増える」!?
    5. AI(人工知能)によって働き方が変わって、いままでよりも楽になるかも
  6. 実はAI(人工知能)によって仕事がなくなるどころか、新しく仕事が生まれることもある!
    1. AI(人工知能)によって仕事がなくなっても、新しい仕事につけるかも
    2. AI(人工知能)によってかっこいい肩書の職業ができるかも
  7. なんとしてもAI(人工知能)によって仕事を奪われないようにしたい!
    1. AI(人工知能)に仕事を奪われないために今からできること
    2. AI(人工知能)に従うなんて嫌だ!という人向けの、今からできる習慣
    3. AI(人工知能)の苦手なことと、これから私たちができること

そもそもAI(人工知能)時代になくならない仕事とは

クリエイティブのイメージ

AI(人工知能)によってなくなる仕事・なくならない仕事

まずは「AI(人工知能)でなくなる仕事・なくならない仕事ってなんなんだ?」と考える人も多くいますよね。この記事では、例えば「今までにない新しい価値を生む」クリエイティブな職や「相手の気持ちを理解する」職は、AI(人工知能)時代でもなくならない仕事とされています。

AI(人工知能)によってなくなる・なくならない仕事・今後増える仕事

また、この記事ではAI(人工知能)によってなくなる仕事・なくならない仕事・さらにAI(人工知能)によって今後増えるであろう仕事を上げています。なくなる仕事は「事務系」、なくならない仕事の特徴は「コミュニケーション」「新しいアイディアを出す」などが上げられています。

AI(人工知能)時代でも残っていく仕事とは!

この記事ではAI(人工知能)によってなくなる仕事について上げています。これから残る仕事というのは、「人に価値を与える仕事」なのだとか。となると、私もライター業で皆さんに価値を与えられれば生き残れるかもしれません。笑

AI(人工知能)の時代でもなくならない仕事の特徴を知っておこう

この記事でもAI(人工知能)によってなくならない仕事について取り上げていますが、その基準については「人を動かす力」「思想を作る力」「おもてなしを提供する」など、いろんな視点が紹介されています。

対人や創造力のいる仕事はAI(人工知能)によってなくならない!

この記事ではAI(人工知能)によってなくならない仕事は「子どもに関わる仕事」や「人間関係を重視する仕事」、「クリエイティブな仕事」など、やはり人間に関わる仕事はなくならないのではないか、と言っています。

AI(人工知能)によって仕事がなくなると、リストラも起こる・・・

はたまた、もしかしたらAI(人工知能)が発展すると「リストラ」によって人が減らされるかもしれません・・・。「自分は専門職だから大丈夫!」と安心する方、そう感じるのはまだ早いです。一方でリストラされない業種も紹介しているので、ぜひ読んでみましょう。

AI(人工知能)ではなく、人にしかできない仕事だってある!

この記事も人にしかできない仕事について取り上げています。ここで挙げられているものはダンサーやスポーツ選手、俳優などの「人だからこそ面白い仕事」でした・・・なるほど。

また、AI(人工知能)によってなくならない仕事ではこちらも紹介しております。この記事の中で取り上げられている「AIやRPAの設計者」というも、なかなか新しい視点ですよね。

えっ、AI(人工知能)によって私の今の仕事がなくなるかもしれない!?

びっくりするイメージ

官僚や営業だって、AI(人工知能)にとって代わられるかも

さて、これだけAI(人工知能)によってなくなる仕事・なくならない仕事を上げているのですが、実はこれらの職種にはある程度まとまった特徴があるんです。

この記事では、そのAI(人工知能)によってなくなる仕事の特徴を上げています。安泰だと思われる官僚や営業の仕事ももしかしたらなくなるかもしれません。もしこの特徴にあてはまったら、将来AI(人工知能)によって仕事がなくなるかもしれません・・・!

自分の仕事は、AI(人工知能)によってなくなるかなくならないか、考えてみよう

同じくこの記事はAI(人工知能)によってなくなる仕事・なくならない仕事の法則について話しています。ちなみにその法則というのは、「おもてなしを提供する」「人を動かす」「新しいものを生み出す」などのこと。ぜひ、この法則を自分のやっている職業に当てはめてみましょう。

そもそも、なんでAI(人工知能)によってなくなる仕事・なくならない仕事が出てくるんだろう?

疑問のイメージ

AI(人工知能)によって仕事がなくなる理由を知っておこう

ここまでAI(人工知能)によって仕事がなくなる論をしてきましたが、一旦立ち止まってみましょう。「そもそもなんでAI(人工知能)によって仕事がなくなるんだ?」と疑問を持つ方もいますよね。そんな疑問を持ったあなたには、この記事がおすすめです。

いや、そもそもAI(人工知能)によって仕事はなくならない!なくなるなんて嘘だ!

仕事のイメージ

AI(人工知能)によって仕事がなくなる、というのは嘘!

これだけたくさん「AI(人工知能)によって仕事がなくなる」といわれているけど、「いややっぱり信じられないわ」という人もいますよね。大丈夫です、これはあくまで未来の話なので、そもそも「AI(人工知能)に仕事を奪われるなんてありえない!」という意見もあるんです。その理由はこちら。

AI(人工知能)によって、すべての仕事がなくなるとは限らない

また、この記事は「AI(人工知能)ができることの限界」という視点から考えてみた記事がこちら。「運転手」「事務」はなくなる可能性があり、「営業」は当分なくならないのではないかという考えになっています。また、「プログラマー」は一部の仕事はAI(人工知能)でもできそうですが、まだAI(人工知能)ができない部分もあるとのことです。

大丈夫、人間の仕事はなくならない

また、これだけAI(人工知能)が優秀だわ、と言われていると「別に人間が仕事しなくてもよいのでは?」と考える人もいるはず。大丈夫です、人間の仕事がなくなることはないでしょう。その理由はこちらを見てみましょう。

じゃあ、AI(人工知能)によって仕事ってどんなふうに変わるのだろう?

人間とロボットのイメージ

AI(人工知能)は仕事の種類だけでなく、「仕事の仕方」も変える!

とはいえ、「じゃあ具体的にどういうふうに仕事が変わるんだろう?」「AI(人工知能)によって仕事がなくなっても、働き方を考えれば生き残れるかも!」と考える方もいますよね。そうなんです、AI(人工知能)によって「仕事の種類」ではなく、「仕事の進め方」に対して変化が起きることがあるかもしれません。ひとまず今の仕事を続けつつどうやったら効率よく仕事ができるようになるか考えている人は、こちらを見てみましょう。

AI(人工知能)の時代に生き残るには、工夫が必要

そしてAIZINE編集部のつっちーが書いたこの記事はそんなあなたに働き方を考えるヒントをくれます。「AI時代に新しい仕事が生まれる」「AIを管理していく仕事が求められる」だけでなく、AI(人工知能)時代で変わる企業の形なども紹介されています。でもその中で生き残るには、やっぱり「日々勉強」という結論でした。(なんだか真面目なつっちーらしい)

AI(人工知能)によって変わる社会の形

また、こちらは「タケル」が考えた「仕事のあり方」だけでなく「変わる社会の形」についても考えています。個人的には「人間はマニュアル不可能な仕事を担うことになる」という点が、興味深いなぁ、と感じました。

AI(人工知能)は「頭を使う仕事増える」!?

ちなみに、こちらは私が考えた「AIによって仕事の内容がどう変わるか」です。やっぱり「頭を使う仕事が増える」ということは今までよりも負荷がかかるということなんですよね・・・!!(涙)でも、効率化したり全体の流れをうまく作れるようになったら、今までよりも仕事をスムーズに終えることができる!はず!

AI(人工知能)によって働き方が変わって、いままでよりも楽になるかも

そして、今まで紹介したように意識が高くなく、「私はAI(人工知能)に仕事を取られてもいいから、とにかく一刻も早く仕事終わらせたい!」という人もいるかもしれません。大丈夫、そんなあなたでも「AI(人工知能)によって楽に、早く仕事を終わらせる方法」についてもご紹介しています。

実はAI(人工知能)によって仕事がなくなるどころか、新しく仕事が生まれることもある!

働くイメージ

AI(人工知能)によって仕事がなくなっても、新しい仕事につけるかも

AI(人工知能)が仕事を奪う!といっておきながらじつは「AI(人工知能)によって新しく生まれる仕事」もあるんです。つまりこれからこの仕事についておけば、将来が明るいかもしれません。

こちらの記事では、今まで「工場作業員」や「事務職」「運転手」の方々が新しくどんな仕事につくのかを予想しています。例えばAI(人工知能)を管理する仕事になったり、AI(人工知能)が行った仕事を確認する仕事など・・・。今まで「AI(人工知能)によって仕事がなくなったらクビになってしまうかも・・・」となっていた方も、きっと一安心できるでしょう。

AI(人工知能)によってかっこいい肩書の職業ができるかも

一方こちらで紹介されている仕事は、「ボイスデザイナー」「スマートホームデザイナー」などかっこいい感じの名前の仕事でした。あとやはり人と人との関わりだったり、道路や空を管理する仕事とかとか。なるほど。

なんとしてもAI(人工知能)によって仕事を奪われないようにしたい!

生き残るアイディアのイメージ

AI(人工知能)に仕事を奪われないために今からできること

これだけAI(人工知能)によって仕事がなくなる!と言われているので、「今のままの働き方じゃ生き残れない!」と感じる人もいますよね。そんなあなたには、ぜひAI(人工知能)に負けないような働き方を学びましょう。この記事では「AI(人工知能)が入ってもなくならない仕事」の特徴から、やっておくべきことについてお伝えしています。

AI(人工知能)に従うなんて嫌だ!という人向けの、今からできる習慣

「いやいや、私はAI(人工知能)にただ従うだけだなんて嫌だ!」というAI(人工知能)嫌いな方もいるかもしれません。そんなあなたには、「AI(人工知能)に逆らうためにはどうすればいいのか」という小さな習慣や行動についてお伝えしているので、ぜひご覧ください。

AI(人工知能)の苦手なことと、これから私たちができること

またこの記事では、「AI(人工知能)が苦手としていること」(学んだこと以外実行することができない、自分から問題を見つけたり、意味の理解ができない)から、これからの仕事に必要とされる力についてお伝えしています。つまりこれらの力を身につけることができれば、今後生き残れる力がつくに違いありません。

まとめ

ということで今回は、AIZINE内の「AI(人工知能)によってなくなる・なくならない仕事について」や「AI(人工知能)によって仕事がなくならないようにするために、どうすればいいか」の記事についてまとめてみました。ざっくりと取り上げてきた話題について振り返ってみましょう。

  1. AI(人工知能)によってなくなる仕事・なくならない仕事もある
  2. AI(人工知能)によってなくならない仕事には、特徴があった
  3. AI(人工知能)によってなくならない仕事が出るには、理由がある
  4. もしかしてAI(人工知能)によって仕事がなくなる、というのはウソかもしれない
  5. AI(人工知能)によって、仕事の種類が変わるだけじゃなく働き方も変わる
  6. AI(人工知能)によって仕事がなくなっても、新しい仕事が生み出される
  7. AI(人工知能)によって仕事がなくならないようにするために、新しいことを学ぶ必要がある

AI(人工知能)が発展していくことで、これから私たちの仕事にもどんどんAI(人工知能)が入ってくることは間違いありません。それをただむやみに「AI(人工知能)が自分のやっていた仕事を奪うかもしれない」と怖がるだけでなく、AI(人工知能)とどうやって付き合っていくかがポイントとなってきます。

AI(人工知能)による仕事の変化にうまくついていくことができれば、あなたもこれまでよりも収入がアップしたり、本当にやりたい仕事ができるようになるかもしれません。しっかり変化に備えておけば、AI(人工知能)も怖くないですよね!

コメントをどうぞ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました