DX(デジタルトランスフォーメーション)

今後は情報戦略が命!「CIO」の役割を人物の事例も含めて徹底調査

今後は情報戦略が命!「CIO」の役割を人物の事例も含めて徹底調査

経営して仕事を円滑に行っていくためには、個々が仕事の役割を把握しておく必要があります。役割を知っておかないと、自分がどのような作業をすればいいのか分からず仕事が遅れたりすれ違った行動を取ったりして非効率になってしまうことがあるためです。

しかし、役割を認識して仕事をするならどの作業を行えばいいのか理解できるのはもちろん、自分の能力やスキルを存分に発揮することも可能なので、経営者は従業員の能力を把握して役職を割り当てることがポイント。

仕事の役割は細かく分かれていますが、CIOと言われる役職で作業してもらうことも検討できます。ただ「CIOとはどのような役割なの」「どんな人を選べばいいの?」と悩んでしまうこともあるでしょう。

そこでCIOの内容について徹底紹介していきます。

CIOの役割・仕事内容

CIOのイメージ

「CIOってどのような役割で仕事をする人なの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。

CIOの役割は主に経営戦略とIT戦略を統合すること。CIOはITツールの見直しと活用を行ってコスト削減とIT資産の管理や最適化、また情報技術を用いて業務プロセスの構築などを行うことが仕事です。
そのため、CIOになるためには情報処理や情報科学、ソフトエンジニアリングなどIT技術に関する知識ややり方を知っておくのはもちろん、経営としてのマネジメント能力も必要になってくるので、かなり高度な専門性が求められます。

ITの知識または経営の知識、どちらか一方でも不足しているなら役割は果たせないので、専任するときは慎重に行うことが大事でしょう。

CIOと他の職種との違い

他の役職のイメージ

CIOはIT戦略と経営戦略の両方を担っているので「他の業種と何が違うの?」と戸惑ってしまうこともありますよね。CIOの役職と被ってしまいそうなのは情報システム責任者とCTO、CDOです。

まず、情報システム責任者の役割は情報システムツールを使用して業務効率やコスト削減、情報漏洩を防ぐためのセキュリティリスクの回避をします。しかし、CIOは業務の拡大や新規ビジネスのドメインの開拓、外部ベンダーマネジメントなど、ITの中でも売上や利益につながる業務を行う必要があるのです。

情報責任者は売上や利益までは責任を負っておらず、業務の効率化のみなので、この点がCIOと違いがある部分です。

しかしCTOは最高責任者と言われている役職であり、企業の技術開発にいて責任を担っています。CTOは企業の情報システムを管理して、経営戦略に合致した技術や研究開発方針の提案、プロジェクトの管理などを行うことが主な仕事です。

このようにCTOは企業の戦略を考えることが主な仕事なので、CIOの仕事と比較するとITスキルの専門知識はそこまで必要ではありません。

CDOは最高デジタル責任者と言われる役職であり、企業のデジタル部門を管理します。CDOはデジタルサービスを活用してサービスの構築や戦略立案などを行うのに対して、CIOは情報システム関連の保守や運用にも関わるので、CDOとCIOでは行う仕事のジャンルに違いが生じます。

このようにCIOはいろいろな役職と混合されることがありますが、作業内容を細かく見ていくなら、他の役職とは違うことが分かるでしょう。

代表的なCIOの人物

企業のイメージ

CIOは企業の役職として選任されてきていますが、日本では少なくどのような代表的な人がCIOをしているのか分からない人もいますよね。そこでCIOの代表的な人物を2人紹介しましょう。

1人目は元メルカリ執行役員のCIO長谷川秀樹。

この人はアクセンチュア株式会社で国内外の小売業業務改革やコスト削減、マーケティング支援などの従事していました。そのため、習得したITスキルと知識を生かして東急ハンズでは情報システム部門や物流部門、通信事業の責任者として改革をしていき、東急ハンズアプリでは次世代の買い物を体験できるように変革を行ったのです。

そしてCIOとしてもホワイトカラーの生産性の向上や小売業、流通業のデジタルトランスフォーメーションなど、先見の目と習得した技術と経験を駆使してCIOとして企業の実績経営の向上に貢献しています。

続いて2人目は非常勤CIOの坂本俊輔。

この人は事業ビジョンに基づくシステム企画や構想策定、業務改革、システム導入などのプロジェクトマネジメントを専門としており、2019年にはCIOシェアリング協会を設立しました。今でも非常勤CIOとして活躍しています。

このように企業にはCIOの役職で活躍している人がおられます。

CIOを目指す人におすすめしたい書籍

書籍のイメージ

CIOは企業にとって注目されている役職です。もし本気でCIOを目指すのであれば、本を見て勉強することができます。

プロフェッショナルCIOの教科書

おすすめできる本にはいろいろありますが、1つ目は「プロフェッショナルCIOの教科書」です。

この本はCIOに必要な知識と知恵を得られるオリエンテーションガイドブックであり、CIOに関しての基礎を学習することができます。

CIOについて詳しく理解しておらず、0から学習したい人は、この本でノウハウや手法を理解できます。読みやすく書かれているので初心者の方におすすめです。

CIO(最高情報責任者)」の新しい役割

2つ目におすすめできるのは「CIO(最高情報責任者)」の新しい役割」です。

イオンやJR東日本、三菱東京UFJ銀行といった日本を代表するCIOのベストプラクティスを紹介しており、CIOの人材の育成についても書かれています。
また、CIOになるためのスキルの習得やCIOの役割についても細かく書かれており、ITスキルや経営において基礎的な知識を持っている人であればこの本を読むことでさらに理解を深めることが期待できるでしょう。

図解CIOハンドブック改訂5版

3つ目は「図解CIOハンドブック改訂5版」。これは情報システムやデジタルによる競争力の強化、グローバル化、セキュリテ対策など、デジタル化に必須の業務知識を図解を用いて紹介しています。

図解を用いて説明してくれているので、デジタルに関してよく分からない人も簡単にポイントを掴んで理解することが可能です。

CIOは専門的な知識が必要ですが、学習することでその役割を発揮できる可能性もあるので、書籍の購入も考えてみましょう。

今後、CIOはどんどん重要になる

CIOのイメージ

CIOは日本ではまだあまり浸透していない役職ですが、アメリカなどでは採用されており、企業の経営が上昇した結果を出しているところもあります。

CIOはIT戦略と経営戦略の2つの知識が必要となっているので、簡単になれる役職ではなく責任もありますが、CIOで成果を出すことができれば企業の成長は進んでいくでしょう。
今の時代はITスキルをどう駆使して業績につなげていくのかが重要なポイント。今後もITスキルは進化していき、経営に盛り込んでいく必要は確実にあるので、CIOの必要性も比例して高まっていきます。

CIOについては今から真剣に考えておくことが大事です。

 

情報のイメージ

今回はCIOについてお話ししました。

CIOは経営戦略とIT戦略の両方を担っているのでCIOになることは簡単ではありません。しかし、デジタル化が進みITツールなどは将来的に各企業は自社に合った物を導入していく必要性があるので、IT戦略の重要性も増していくことでしょう。

また、今の日本の企業もアメリカに比べると少ないですが、CIOという役職を用意して成果を期待している企業も出ているので、CIOの役職は軽視することができない役割です。

CIOになることは簡単ではなく、書籍などで知識やスキルを習得するだけでなく、企業の経験も合わせて必要となりますが、目指す価値はあります。今ITのスキルや知識を持っている人は経営の論理も学び始めても遅くはありません。

CIOになることを目して得た知識やスキルは将来的に役に立つことは間違いないので、ぜひ仕事の1つとして考えてみましょう。

【お知らせ】

当メディア(AIZINE)を運営しているAI(人工知能)/DX(デジタルトランスフォーメーション)開発会社お多福ラボでは「福をふりまく」をミッションに、スピード、提案内容、価格、全てにおいて期待を上回り、徹底的な顧客志向で小規模から大規模ソリューションまで幅広く対応しています。

御社の悩みを強みに変える仕組みづくりのお手伝いを致しますので、ぜひご相談ください。

お多福ラボコーポレートサイトへのバナー

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました